美容情報

顔の赤みは敏感肌のサイン?原因や予防法、乾燥肌との違いを解説!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

顔の赤みは敏感肌のサイン?原因や予防法、乾燥肌との違いを解説!

こんにちは。化粧品ブランド Kohanaの代表責任者である森屋です。

突然ですが、以下のようなお悩みを持たれたことはありませんか?

・ある日ふと鏡を見たら、顔に赤みが出ていた
・顔に少し触れただけで、かゆくなったりチクチクしたりする
・洗顔やクレンジングを行っただけで、顔がヒリヒリする

これらに該当する場合、もしかすると敏感肌の可能性が高いかもしれません。

ただ、敏感肌と言われてもいまいちピンときませんよね。

「敏感肌とは?」、「原因はなに?」、「どう予防すればいいの?」など、疑問も多いでしょう。

そこで今回は、こういった疑問が解決できるようまとめさせていただきました。

敏感肌とは?

敏感肌ですが、実を言うと明確な定義はありません。

一般的には、洗顔やクレンジング、化粧品を塗ったときなどにチクチクしたりヒリヒリしたりと、軽い刺激で肌に異変を感じたときの状態を指すことが多いです。

肌が敏感になっていることから、敏感肌と呼ばれています。

敏感肌で起きる症状は、主に以下の通り。

・肌が乾燥しやすい
・顔の赤みが出やすい
・湿疹やかぶれが起きやすい
・洗顔やクレンジングをやっただけで、顔がかゆくなったりヒリヒリ(チクチク)したりする。
・ニキビや吹き出物がよくできる

また、顔に限らず、手や足や背中など全身に症状が現れることもあります。

似ているけど違う!乾燥肌との違いは?

敏感肌は乾燥症状が現れることもあり、乾燥肌と同様に語られることがあります。

しかし、敏感肌と乾燥肌とでは少し異なってきます。

先ほども解説しましたが、敏感肌は主に何かしらの刺激により、肌にダメージを受けた状態のことを指します。

一方で乾燥肌は、名前の通り肌が乾燥している状態の肌質です。

敏感肌の症状に「肌が乾燥しやすい」と書きましたが、乾燥が起きるという面では両方とも同じに捉えていただいて問題ありません。

もっと分かりやすくまとめますと・・・

・敏感肌=肌が刺激を受けることで、乾燥を含む肌トラブルが起きやすい状態

・乾燥肌=乾燥に関係する症状のみ

こうして見ると、敏感肌のほうが範囲は広いですね。

そのため、中には乾燥肌を敏感肌の一種と捉える人もいるようです。

敏感肌の原因とは?

敏感肌の原因は、肌を守っているバリア機能が失われてしまうからです。

順を追って説明しますと、まず皮膚には「表皮・真皮・皮下組織」と3つの層に分かれております。

皮膚の構造

一番上にあるのが表皮で、さらに表皮の中に角質層と呼ばれる部分が存在します。

そして、この角質層こそ肌を守っている部分です。

角質層は0.02mmと凄く薄いですが、肌の水分が逃げるのを防いだり外的刺激を遮断したりする効果があります。

これによって、通常健康な肌を保つことができます。

ところが、何らかの理由で0.02mmのバリア機能が失われてしまうと、水分の保持ができなくなり、さらには外的刺激の侵入も許してしまいます。

結果、乾燥や刺激など、敏感肌の症状が起きてしまうのです。

バリア機能が失われる原因

では、どうして肌のバリア機能は失われてしまうのか?

主な原因は以下の通りです。

・不規則な生活習慣(短い睡眠時間や喫煙、暴飲暴食、多量の飲酒、ストレスなど)
・間違ったスキンケア
・ほこりやダニ、汗、紫外線などによる外的要因

上記に該当する人は、敏感肌になりやすくなるので要注意です。

敏感肌とはおさらば!正しい予防法を解説

次は敏感肌の予防法を解説していきます。

自分の肌に合ったスキンケアアイテムを選ぶ

健康な肌を保つためには、毎日のスキンケアが必要不可欠です。

スキンケアを行うことで肌を綺麗にでき、バリア機能の向上に繋がります。

しかし、闇雲に行えばよいというわけではなく、自分の肌に合った成分が含まれているスキンケアアイテムを使う必要があります。

どんなアイテムが合うかは個人差にもよりますが、敏感肌には保湿効果の高いセラミドやアミノ酸がおすすめとされています。

UVケアをしっかりと行う

紫外線は肌の内部にまでダメージを与えてしまい、乾燥やシミなどの原因にも繋がります。

これを防止するためには、日頃からしっかりとUVケアを行い、紫外線の影響を受けないようにしなければなりません。

晴れている日は言うまでもありませんが、曇りや雨の日でも紫外線は出ていますので、対策を怠らないようにしましょう。

1つずつ!不規則な生活を改善

不規則な生活が原因となる異常、生活習慣を正していくしかありません。

ただ、一度に全部を正すのは楽ではないですし、無理やり変えようとしても逆にストレスが溜まって悪影響となります。

そのため、一度にではなく改善できる部分から少しずつ改善していきましょう。

例えば、暴飲暴食をされているなら、まずはそれをやめるという感じですね。

暴飲暴食をやめることに成功したら、次は喫煙頻度を控える・・・といった感じに、段階的に進めていくとよいでしょう。

高品質なスキンケアを求めるなら「Kohana オールインワンジェルクリーム」!

スキンケアアイテムを選ぶとき、化粧水や乳液など色々揃えないといけません。

1つ1つ自分に合ったものを選ばないといけないので、非常に手間がかかります。

しかし、弊社が提供する「Kohana オールインワンジェルクリーム」なら話は別です。

Kohana オールインワンジェルクリームは、オールインワンタイプなので、これ1本で「化粧水・美容液・乳液・クリーム・マスク・化粧下地」の役割を持っております。

さらに、弊社商品は高濃度の高級美容保湿成分35種類をふんだんに配合。

「高濃度」なので、成分がしっかりと肌に浸透していきます。

また、敏感肌に有効な保湿効果も高く含まれているため、敏感肌対策に期待できるでしょう。

色々なスキンケアアイテムを使ったけど敏感肌の改善が見込めないという人は、弊社商品の利用を検討してみてください。

※商品についてもっと詳しく知りたい方は、下記ページをご覧いただけたらと思います。

製品案内ページ

関連記事

  1. 乾燥?テカリ?厄介な混合肌の原因と対処法を解説!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 肌のテカリは脂性肌の可能性大!日常生活に潜む6つの原因とは?│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 普通肌になりたい人必見!スキンケアのやり方や肌質の改善法は?│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌のカサカサが酷い方へ!乾燥肌の原因と解消法を伝授いたします│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. シミや黒ずみ、老化の原因に?日焼けの対策・予防法を解説します│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. ブルーベリーで美肌に?ビルベリー葉エキスの美容効果5選!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 入浴で美肌効果あり?3つのメリットと効果的な入浴法5選を紹介!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌がザラザラする原因とは?綺麗で滑らかな肌にするための対処法も解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. シートマスクとは?その役割から効果、使用時の注意点まで解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

製品案内

オンラインショップ

オフィシャルショップ

PAGE TOP