美容情報

美容クリームとは? 乳液との違いや正しい使い方を教えます!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容クリームとは? 乳液との違いや正しい使い方を教えます!

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohanaの代表責任者である森屋です。

スキンケアに必要なアイテムの1つに、美容クリームが挙げられます。

また、クリームと聞いたら、乳液を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?

「クリームと乳液の違いは何なの?」と思う人もいるでしょう。

そこで本記事では、クリームの概要や乳液との違い、正しい使い方など、詳しくまとめました。

美容クリームとは?

美容クリームとは、化粧水で与えた潤いに蓋をして水分の蒸発を防ぐ役割と、油分の膜で肌を包んで保護する役割を持つアイテムです。

スキンケアでよくいう保湿の役割に当たります。

油分を与えることで潤いを長時間キープでき、肌の乾燥を防いでくれます。

また、蓋をするという意味でも、スキンケアの中で最後に行われます。

クリームと乳液の違いは?

乳液も基本的な役割はクリームと同じです。

ただ、全く同じというわけではありません。

クリームと乳液の違い、それは水分と油分の比率です。

クリームは油分が多めに含まれており、乳液は水分が多めに含まれています。

イメージとしては、クリームは潤いを保つのが専門で、乳液は水分を与えるのが専門といったところでしょうか。

したがって、クリームと乳液は混合にされがちですが、2つは違うアイテムであることを頭に入れておきましょう。

美容クリームの種類

美容クリームは、顔の部位や使用するタイミングに合わせて作られているものが多いです。

そのため、細かく種類が分けられます。

本段落では、5つの種類をまとめました。

ナリシングクリーム

ナリシングクリームは、一般的によく使用されるタイプのクリームです

油分を多く含んでおり、しっかりと肌を保湿することができます。※量はメーカーごとに異なります。

製品によっては美容成分を含んでいることもあるため、保湿と同時に美容成分も摂取できます。

朝のスキンケアと夜のスキンケア両方で活用できるのもポイントです。

ナイトクリーム

寝ているときでも素肌を晒してしまうため、乾燥のリスクがあります。

こうした夜間の乾燥リスクを抑えるために、開発されたのがナイトクリームです。

ナイトクリームはナリシングクリームよりも油分が多く、いっそう肌の水分蒸発を防止してくれます。

美白クリーム

美白クリームは、ナリシングクリームに美白効果を加えたクリームのことです。

シミやそばかす、くすみなど、メラニンの過剰生成による色素の発生を抑えたり、薄くしてくれたりします。

美白成分はハイドロキノンやビタミンC誘導体など、メジャーなものが含まれています。

バニシングクリーム

バニシングクリームは、髭剃り時における皮膚の保護や化粧下地など、肌荒れ防止を目的に使われるクリームです。

ナリシングクリームに比べて油分は少なく、さっぱりとした使用感があります。

また、オイルフリーの製品もあるので、肌のテカリを抑えたい人でも使いやすいです。

アイクリーム

アイクリームは、目の小じわやたるみなど、目元のケアにフォーカスしたクリームです。

目元は皮膚が薄いこともあり、刺激は弱めに作られています。

また、上述した通り小じわやたるみをケアできることで、老化予防アイテムとしても活躍が見込めます。

美容クリームの使い方

美容クリームの効果を得るためには、正しく使用する必要があります。

美容クリームを使うときのポイントをまとめましたので見てまいりましょう。

少し温めてから使う

美容クリームは温めることで、クリームが柔らかくなって肌に馴染みやすくなります。

ですので、クリームの塗布時は少し温めてから使用するといいでしょう。

温め方はとても簡単で、両手でクリームを閉じ込めるように合わせるだけです。

数十秒程度で温まりますので、今後のスキンケアで実践してみてください。

ハンドプレスで塗布する

ハンドプレスでじっくりとクリームを押し込んであげましょう。

両手全体で顔を包み込むことで、成分が浸透します。

各部位10秒を目安に行ってみましょう。

注意点として、強く押さないことです。

強く押すと、摩擦になって肌がダメージを受ける恐れがあります。

量は適正に!

クリームは油分が多いため、塗りすぎると肌がテカってしまう可能性があります。

乾燥が気になるからと塗りすぎず、商品に記載された適正量を守るようにしましょう。

顔の部分ごとに調整する

顔の部分ごとで乾燥の度合いは変わってきます。

先ほど「適正量を守るように!」と説明しましたが、例えばTゾーンの乾燥が酷い場合は、Tゾーンだけ少し多めに塗ってもいいでしょう。

顔の部位ごとの乾燥度合いを調べ、調整してみてください。

正しい手順で塗布する

概要でも軽く触れましたが、美容クリームはスキンケアの中でも最後に塗布します。

スキンケアの最初や途中で塗ると、十分な効果が発揮されません。

料理で例えるなら、料理の仕上げに行う味付けを途中でやってしまうイメージです。

味付けのタイミングを間違えると、味が薄くなったり濃くなったりと本来の味から大幅に変わる可能性があります。

それと同じで、クリームも正しい手順で塗布しなければなりません。

スキンケアは以下の手順で行いましょう!

①クレンジング

②導入美容液

③化粧水

④美容液

⑤乳液 ※クリームを使用する場合は乳液から先に塗る

⑥美容クリーム

美容クリームに限らず、スキンケアを行う上で大事なことなので、覚えておいてもらえると幸いです。

これ1本ですぐにできる?Kohana オールインワンジェルクリーム

クリームはスキンケアの1つに過ぎず、クレンジングや化粧水などもきちんと行う必要があります。

とはいっても、毎日1つ1つやるのも大変ですよね。

そこで、便利なのが弊社の製品「Kohana オールインワンジェルクリーム」です。

Kohana オールインワンジェルクリームは、その名の通りオールインワンタイプの化粧品となります。

これ1本使うだけで、「化粧水・美容液・乳液・クリーム・マスク・化粧下地」と6つの役割を果たしてくれます。

本記事でお話した美容クリームはもちろん、乳液やマスクなどの効果も備わっているのがポイントです。

また、弊社製品は高濃度の高級美容成分を35種類配合しております。

成分の中には高い保湿力や抗酸化作用、再生力など、色々なものが含まれています。

乾燥肌対策を始め、様々な肌荒れにお悩みの方は、弊社製品の利用を検討してみてください。

詳しくは下記ページにまとめていますので、よろしければ一度ご覧いただければと思います。

製品案内ページ

関連記事

  1. 本当に肌に良い化粧水の選び方とは?業界歴10年目がレクチャーします!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 高い化粧品と安い化粧品の違いは?あなたに合った選び方も解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 失敗しない!あなたに合う乳液の選び方は?種類別の解説もします!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 初心者でも分かる?化粧下地の正しい選び方を簡潔に解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 肌に優しい?無添加化粧品のメリットとおすすめの化粧品を紹介!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. オールインワン化粧品は効果なし?メリット・デメリットから分かる真相│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 腸内環境と肌荒れの関係性は?美肌に繋がる腸の保ち方に迫ります!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 日焼け止めの正しい選び方は?SPFとPAの違い、7つの種類まで徹底解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 若返り説は本当?海藻が肌にもたらす驚くべき美容効果に迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 美容クリームとは? 乳液との違いや正しい使い方を教えます!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. ニキビ以上に厄介なニキビ跡とは?種類から対処法まで解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

製品案内

オンラインショップ

オフィシャルショップ

PAGE TOP