美容情報

美容で大人気?肌の救世主「グリシン」の効果に詳しく迫ります│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容で大人気?肌の救世主「グリシン」の効果に詳しく迫ります

こんにちは。化粧品ブランド Kohanaの代表責任者である森屋です。

化粧品によく含まれている成分の1つに、グリシンが挙げられます。

一度は耳にされたことがある人もいるでしょう。

ただ、「どんな成分か?」と聞かれたら少し頭を悩ませてしまいますよね。

そこで本記事では、グリシンの概要から効果、摂取する方法まで分かりやすくまとめました。

グリシンとはどんな成分?

グリシンとは、たんぱく質を構成することで有名なアミノ酸の一種です。

アミノ酸の中の非必須アミノ酸に当たります。

非必須アミノ酸とは、体内で合成できるアミノ酸のことです。

たんぱく質を構成するアミノ酸には、上述した非必須アミノ酸と必須アミノ酸があります。

必須アミノ酸は、体内で合成できないアミノ酸のことです。

それはさておきグリシンですが、肌に効果があることで知られています。

詳しくは、後ほど解説します。

美容で大人気?肌の救世主「グリシン」の効果とは?

グリシンが肌にもたらす効果は、主に3つあります。

1つずつまとめましたので見てまいりましょう。

NMF(天然保湿因子)の生成を促す

NMF(天然保湿因子)とは、角質細胞内で作られる天然の保湿剤です。

保湿はご存知の人も多いかもしれませんが、肌に潤いを与えバリア機能を持たせる役割を言います。

保湿で肌を強化することで、外部からの刺激を遮断し、肌のトラブルが起きるのを防ぎます。

つまり、スキンケアで不可欠な成分というわけです。

グリシンは、スキンケアに必須ともいえる保湿のサポートを行ってくれます。

※保湿に関しては、下記記事にも詳しくまとめています。よろしければ一度ご覧になってみてください。

保湿をしないとどうなる?その重要性と正しいやり方を解説します!

血行促進

グリシンは、血行促進の効果があることでも知られています。

血行が悪いと肌に老廃物が溜まってしまい、目の下のクマなど、肌荒れが起きます。

また、冷え症やむくみなどの原因でも有名です。

血行が悪くなるのは、主にターンオーバーの乱れが関係しています。

ターンオーバーとは、約28日の周期で肌が生まれ変わることです。

しかし、悪い生活習慣を送っていたり紫外線を浴びすぎたりすると、肌がダメージを受けてターンオーバーが乱れます。

そこで、ターンオーバーの改善にグリシンが役立つわけです。

※ターンオーバーは下記ページに詳しくまとめていますので、よろしければ一度ご覧になってみてください。

皮膚の回復をサポート!ターンオーバーの驚くべき効果と早くする方法とは?

老化を防止!抗酸化物質グルタチオンの材料

グリシンは、抗酸化物質の1つに当たるグルタチオンの材料の1つです。

抗酸化物質は、老化の元となる活性酸素を除去する役割を持っています。

つまり、老化防止に必須というわけです。

グリシンは保湿だけではなく、若々しさをキープする上でも活躍してくれます。

肌以外にも?グリシンがもたらす効果

肌に様々な恩恵をもたらしてくれるグリシンですが、実は肌以外にも効果があります。

本段落では、肌以外にもたらす3つの効果をまとめました。

睡眠の質の向上

グリシンには、深部体温を下げる効果があります。

深部体温とは、体の中心部の温度のことで睡眠の質にも大きく関係しています。

なぜなら、人は深部体温が下がることで眠りに付くとされているからです。

そのため、グリシンを摂取して深部体温を下げれば、ぐっすりと眠れるでしょう。

良質な睡眠は肌の調子を整えますので、結果的に美容効果ももたらしてくれます。

※深部体温の低下参照元※:AJINOMOTO

静菌作用

グリシンには、静菌作用が含まれています。

静菌作用とは、菌の増殖を抑えることです。

主に色々な食品で使われており、食中毒などの対策で重宝されます。

統合失調性(陰性症状)の減少に期待

グリシンは、統合失調性の陰性症状を減少させることでも期待されています。

実際、統合失調性の患者にグリシンを投与したところ、陰性症状が減少したという結果が出ました。

資料元:National library of medicine

まだ不明確な部分はありますが、もっと研究が進めば、統合失調性の改善に大きな希望を持てるでしょう。

グリシンを摂取する方法は?苦手な人でも大丈夫!

グリシンは、化粧品や食料から摂取するのが一般的です。

食料ですと、以下の物に多く含まれています。

・豚ひき肉
・エビ
・ホタテ
・イカ
・カニ
・ウニ
・カジキマグロ

特に魚介類に多く含まれているので、グリシンを取り入れたい人は、魚介類を意識した献立を考えてはいかがでしょうか。

魚介類が苦手な人は、サプリメントから摂取するのもよいでしょう。

また、余談ですがエビやウニなどから感じられる甘みは、グリシンの持つ甘み成分によるものです。

グリシンと一緒に摂取したい成分10選!

最初のほうで「グリシンは非必須アミノ酸の1種」と解説しましたが、非必須アミノ酸を形成する成分は他にも10種類あります。

以下、グリシンを除く非必須アミノ酸の合成に必要な成分です。

成分名 含まれている食品
アスパラギン アスパラガス、牛肉、鶏肉、卵、豆類、乳製品、魚介類
アスパラギン酸 アスパラガス、アボカド、かつお、まぐろ、鶏肉、豚肉
アラニン 豚肉ゼラチン、豚レバー、鶏レバー、鶏の胸肉、いわしの丸干し、かつお
アルギニン 大豆、卵、マグロ、うなぎ、ニンニク、牛肉
グルタミン 大豆、卵、小麦粉、チーズ、肉類、魚介類
グルタミン酸 味噌、醤油、昆布、野菜、チーズ
システイン 肉類(主にレバー)、魚介類、卵、ニンニク、たまねぎ、ブロッコリー、芽キャベツ
セリン 大豆、大豆から加工された食品、豆類
チロシン チーズ、納豆、乳製品、バナナ、たらこ、アボカド、ちりめんじゃこ
プロリン 豚肉ゼラチン、小麦粉、大豆、きな粉、かつお

いずれも体に健康的な成分なので、グリシンとセットで摂取してみてはいかがでしょうか?

グリシンを配合!「Kohana オールインワンジェルクリーム」

グリシンは肌だけではなく、睡眠の質の向上や静菌作用など、色々な効果が揃っています。

エビやホタテ、豚ひき肉など、身近なものに含まれているので、摂取しやすいのもポイントです。

そのため、本記事をきっかけに、今後積極的にグリシンを摂取してみてください。

そんなグリシンですが、弊社が提供する「Kohana オールインワンジェルクリーム」にも含まれています。

グリシンには、保湿や抗酸化物質などが備わっていました。

しかし、弊社製品にはグリシン以外にも、保湿効果や抗酸化作用を持つ成分が配合されています。

例えば、保湿ならプロパンジオールやグリセリン、抗酸化作用ならホホバオイルやグレープフルーツ果皮油が挙げられます。

詳しくは下記ページにまとめていますので、弊社製品に興味のある人は一度ご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 肌荒れ対策で注目!アルギニンが肌にもたらす3つの効果とは?│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 保湿効果で注目?美容成分グリセリンがもたらす効能を解説!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 化粧品でよく見るソルビトールとは?効果や副作用に迫ります!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. シンエイクとは?表情ジワの悩みが解消?効果や副作用を詳しく解説!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. シワの特効薬!シンコル(パルミトイルトリペプチド-5)の効果とは?│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. シミや黒ずみ、老化の原因に?日焼けの対策・予防法を解説します│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. ブルーベリーで美肌に?ビルベリー葉エキスの美容効果5選!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 入浴で美肌効果あり?3つのメリットと効果的な入浴法5選を紹介!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌がザラザラする原因とは?綺麗で滑らかな肌にするための対処法も解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. シートマスクとは?その役割から効果、使用時の注意点まで解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

製品案内

オンラインショップ

オフィシャルショップ

PAGE TOP