美容情報

肌がザラザラする原因とは?綺麗で滑らかな肌にするための対処法も解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

肌がザラザラする原因とは?綺麗で滑らかな肌にするための対処法も解説

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohanaの代表責任者である森屋です。

ふと肌を触ったときに、ザラザラしていることにお悩みの人も多いのではないでしょうか。

肌のザラザラは肌触りが悪いだけではなく、透明感がなくなって見た目も悪くなります。

そのため、気分が落ち込んでしまいますよね。

こうしたことにならないためにも、肌がザラザラする原因を突き止める必要があります。

そこで本記事では、肌のザラザラが起きる仕組みから、原因と対処法までまとめました。

肌がザラザラする仕組み

肌がザラザラする仕組みは、ズバリ肌の乾燥や肌の表面に溜まった角質が関係してきます。

と言っても、これだけだと分かりづらいでしょうから、まずは人間の肌の仕組みを見ていきましょう。

人間の肌の仕組みから分かる肌がザラザラする仕組み

人間の肌には、角質層といって肌のバリア機能を整える部分があります。

バリア機能のおかげで肌の水分が蒸発されるのを防止したり、NMF(天然保湿因子)によって水分を取り込んだりできます。

ところが、肌に過剰な刺激を与えたり不規則な生活習慣を送ったりすると、ターンオーバーが乱れる原因となります。

ターンオーバーとは、肌が生まれ変わる周期のことです。

人間の肌にある細胞はいつまでも同じものが残っているものではなく、時間が経つと共に古い角質として排出されます。

そして、細胞が生まれて新しい角質が形成される仕組みです。

しかし、ターンオーバーが乱れると、本来排出されるはずの古い角質が排出しきれなくなります。

これにより、角質が肌の表面や毛穴を塞いで角栓として残ります。

また、バリア機能も低下し、乾燥肌になりやすいです。

「古い角質が排出しきれなかったことや角栓によるごわつき」、「乾燥肌によるカサカサ」などの要因が重なり、肌がザラザラと感じてしまいます。

肌がザラザラする5つの原因

肌がザラザラする原因は、ターンオーバーの乱れが関係していると分かりました。

では、ターンオーバーが乱れてしまう原因は何なのでしょうか?

本段落では、より具体的な原因に迫っていきます。

皮脂の過剰分泌

ザラザラの元である角栓は、元は皮脂が始まりです。

そのため、皮脂が過剰分泌するということは角栓を増やし、肌のザラザラを助長させてしまいます。

皮脂の過剰分泌は、主に以下の理由で起きると考えられます。

・肌が乾燥している:肌の乾燥を防止しようと、肌が自然に皮脂を大量に分泌してしまう。乾燥は皮脂の分泌にも要注意。

・1日に何度も洗顔を行っている:洗顔で無理やり皮脂を落とすと、肌も皮脂を復活させようと過剰に分泌してします。洗顔は1日2回まで。

・油ものを大量に摂取している:言葉の通り油を摂取するほど、皮脂も分泌されやすくなる。油ものばかり食べている人は要注意。

紫外線を浴びすぎている

紫外線は、シミの元となるメラニンを生成することでも有名ですが、ターンオーバーにも影響してきます。

紫外線は天気を問わず出ていますが、特に日差しの強い日は要注意です。

季節の変わり目による乱れ

季節の変わり目は、気候の変化に肌が着いていけずにターンオーバーが乱れやすいです。

角質がバラバラに剥がれてしまい、肌がザラザラと感じてしまいます。

栄養バランスが不足している

栄養バランスが不足していると、ターンオーバーにも影響を及ぼします。

ターンオーバーの速度が遅くなったり、十分に行われなかったりなど、角質が肌に残ってザラザラを感じやすくなります。

間違えたスキンケアを行っている

肌荒れ対策に不可欠ともいえるスキンケアですが、間違えたやり方は逆効果となりかねません。

肌は非常にデリケートなので、あんまり力を入れすぎると、逆に刺激となって肌にダメージを与えてしまいます。

肌がダメージを受けることで、バリア機能の低下に繋がり、ターンオーバーが乱れやすくなります。

後は皮脂の過剰分泌でも触れましたが、洗顔のやりすぎも逆に皮脂を分泌させてしまうので注意しましょう。

肌のザラザラを予防するには?4つの対処法

このように、ターンオーバーが乱れる要因は多く潜んでいます。

これらの要因を把握しながら対処していく必要があります。

本段落では、4つの方法をまとめました。

UVケアをきちんと行う

紫外線のダメージを抑えるためには、UVケアが不可欠です。

外出する日はもちろんですが、家の中でも日当たりの強い場所に居ることの多い人は、UVケアをきちんと行っておきましょう。

生活習慣を改善する

「揚げ物や糖類を大量摂取している」、「睡眠時間が短い」、「ストレスが溜まっている」など、生活習慣が悪い人は、少しずつ改善していきましょう。

例えば、食生活なら野菜や魚も積極的に摂り入れる、ストレスが溜まっている場合は休みの日に思い切り発散するなどして解消していく必要があります。

ただ、一度に全部改善しようとすると大変なので、自分に出来ることから少しずつ取り組んでいきましょう。

正しい洗顔を行う

スキンケアの効果を得るためには、正しい洗顔を行って初めて成り立ちます。

洗顔時は「泡で転がすように洗う」、「清潔なタオルで水分を拭き取る」、「保湿を行う」など、優しく丁寧に行うことが重要です。

詳しいやり方は下記ページにまとめていますので、よろしければ一度ご覧になってみてください。

知らない人多数?正しい洗顔の方法をマスターしよう!NGな例も解説

お風呂にきちんと浸かる

「入るのが面倒」、「暑いから湯船には浸かりたくない」などの理由から、シャワーのみで済ませてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、お風呂に浸かることも肌のザラザラを対策する上で重要となります。

なぜなら、湯船に浸かることで体全体が温まり、血流や代謝が良くなるからです。

これにより、ターンオーバーの促進化に期待できます。

また、体が温まると汗も流れるので、老廃物が排出されます。

毛穴に詰まった角栓を排出できて一石二鳥です。

まとめ

本記事では、肌のザラザラをテーマに原因や対処法を解説いたしました。

肌のトラブルというのは、根本的にターンオーバーが大きく関係してきます。

そのため、本記事でお話した内容は、肌のザラザラ以外でも活用できる内容です。

肌のザラザラはもちろん、その他肌のトラブルでお悩みの人は、本記事を参考に改善していきましょう。

関連記事

  1. 入浴で美肌効果あり?3つのメリットと効果的な入浴法5選を紹介!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. シートマスクとは?その役割から効果、使用時の注意点まで解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 老化を促進させる活性酸素とは?仕組みと対処法を簡単に解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 透明感のある肌とは?美しい肌をキープする6つのテクニック!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 肌荒れ対策になる?運動の美容効果3選!おすすめの運動法も紹介!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 皮膚の回復をサポート!ターンオーバーの驚くべき効果と早くする方法とは?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 腸内環境と肌荒れの関係性は?美肌に繋がる腸の保ち方に迫ります!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 日焼け止めの正しい選び方は?SPFとPAの違い、7つの種類まで徹底解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 若返り説は本当?海藻が肌にもたらす驚くべき美容効果に迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 美容クリームとは? 乳液との違いや正しい使い方を教えます!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. ニキビ以上に厄介なニキビ跡とは?種類から対処法まで解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

製品案内

オンラインショップ

オフィシャルショップ

PAGE TOP