美容情報

美肌キープの鍵になる肌免疫とは?免疫力を高める方法と下がる要因│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美肌キープの鍵になる肌免疫とは?免疫力を高める方法と下がる要因

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohanaの代表責任者である森屋です。

健康な肌をキープする上で欠かせない要素の1つに免疫機能が挙げられます。

免疫という言葉、一度は耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか?

ただ、具体的にどんなものかと聞かれると回答に悩んでしまう人もいるでしょう。

そこで本記事では、肌の免疫について解説いたします。

免疫を理解し、今後の美容に活用していきましょう。

肌の免疫と役割とは?

免疫とは、体に害を成すものから守ってくれるための機能です。

空気中には目に見えないウイルスや細菌が無数に潜んでいます。

これらが体内に侵入すると、肌が刺激を受けて肌荒れの原因となります。

しかし、免疫力が高ければ高いほど、外部からの侵入に対して強くなり、肌のトラブルを防ぐことができます。

例えば、警報機がある家とない家をイメージしていただくと分かりやすいでしょう。

警報機がある家なら警報機が作動するので、泥棒もすぐに逃げ出して、家の物が盗まれずに済みます。

しかし、警報機がない家は何も作動しないので、泥棒の侵入を許してしまい、家の物が盗まれてしまいます。

このように、警報機の有無で家を守れるか守れないかの命運が分かれるわけです。

これと同じで免疫は、肌を守るために必要な機能であることを頭に入れておきましょう。

肌の場合、免疫を守るランゲルハンス細胞というものがあり、この細胞が少ないほど肌の免疫力が弱まります。

要注意!肌の免疫が下がる要因

肌を守るために不可欠な免疫力ですが、ふとした要因で低下することがあります。

本段落では、4つの原因をまとめました。

加齢

人間誰しも年齢を重ねていきます。

しかし、歳を重ねると同時に細胞の数が減少し、肌のバリア機能が低下します。

ランゲルハンス細胞も例外ではありません。

加齢は避けて通れないので、以下に抑えていくかがポイントです。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、肌の細胞が生まれ変わる周期のことです。

一般成人で約1ヶ月とされています。

ターンオーバーが正常に行われることで、古い細胞が排出され、健康で新しい細胞が生まれるという仕組みです。

しかし、不規則な生活習慣を送ったり、日頃から肌に強い刺激を与えたりすると、ターンオーバーのサイクルが乱れます。

すると、傷付いた細胞や機能が低下した細胞が残ったままとなり、ランゲルハンス細胞が正常に機能しなくなります。

結果、免疫力の低下に繋がってしまうのです。

肌への強い刺激

ランゲルハンス細胞は、炎症や乾燥など、肌に刺激が生じた際に鎮静化する役割があります。

しかし、鎮静の役割を果たすと同時に力尽きて死滅しまいます。

ランゲルハンス細胞が死滅すると、免疫を守る働きが弱り、肌トラブルが起きやすくなるのです。

紫外線

紫外線を過剰に浴びると、肌の炎症が起きます。

先ほど解説しましたが、炎症はランゲルハンス細胞を死滅させる要因なので、紫外線にも要注意です。

肌の免疫力を高める、下げないための方法

続いて、肌の免疫力を高める・下げない方法を解説いたします。

スキンケアを見直す

間違えた洗顔や肌に合わない化粧品の使用は、免疫力を高めるどころか低下させてしまいます。

例えば、洗顔を行うとき、ゴシゴシ洗ってはいませんか?

肌はとても繊細でゴシゴシ洗うだけで、刺激となってしまいます。

そのため、洗顔時は泡で転がすように優しく行う必要があります。

他にも化粧品を使っていて違和感を抱いた際は、新しい商品に切り替えてみるといいでしょう。

こんな感じで定期的にスキンケアを見直すことが大事です。

食事を見直す

食べ物に含まれている成分をバランスよく摂取することで、ターンオーバーが安定しやすくなり、免疫力を上げることにも繋がります。

肉や油ものばかりはもちろん、魚や野菜だけに偏ってしまうのもよくありません。

肉魚野菜と全てのバランスが整えられる食事を心がけましょう。

抗酸化作用を摂取する

抗酸化作用とは、加齢の原因となる活性酸素を除去・抑制する作用のことです。

免疫低下の理由の1つに加齢が挙げられるため、抗酸化作用を摂取することで免疫力を上げることに繋がります。

抗酸化作用は、ビタミンCやビタミンEなどから摂取できます。

ビタミンCは緑黄色野菜や果物、ビタミンEはナッツや魚介類、豆類などに多く含まれています。

また、これらの成分は化粧品にも含まれていることがあるので、化粧品を探すときは成分表を確認してみるといいでしょう。

ストレス解消を心がける

ストレスを感じると、自律神経である「交感神経」が働きます。

交感神経は体が活発的に動いているときに働く神経なのですが、長時間活発の状態が続くと体がリラックスできずに疲労を感じ、免疫力の低下が起きます。

そのため、ストレスを感じた際は、趣味に没頭したり軽い運動を行ったりと、なるべく発散することを心がけましょう。

例えば、近所を軽くウォーキングするだけでもリラックスできますよ。

良質な睡眠を心がける

睡眠は体をリラックスさせることができ、免疫力をアップできます。

よく長時間寝たほうがいいと言いますが、大事なのは良質な睡眠をとることです。

良質な睡眠をとるためには、就寝前に「スマホをいじらない」、「カフェインを摂取しない」など、生活習慣に気を配る必要があります。

肌の免疫力を高めていきたい人へ!Kohana オールインワンジェルクリーム

本記事でお話した肌の免疫ですが、弊社が提供する製品「Kohana オールインワンジェルクリーム」でも対策できます。

Kohana オールインワンジェルクリームには、35種類の高級美容成分が含まれており、乾燥肌対策の保湿成分や老化対策の抗酸化作用が備わっています。

いずれも免疫力と関係があるので、肌の免疫を高めていきたい人は、弊社製品も視野に入れてみてください。

また、弊社製品について「もっと詳しく知りたい」という場合は、下記ページに詳細が記載されていますので、気になる人はご覧いただければ幸いです。

製品案内ページ

関連記事

  1. エイジングケアとは?概要から始める年齢、6つのやり方を解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. シミや黒ずみ、老化の原因に?日焼けの対策・予防法を解説します│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 肌のバリア機能とは?概要から低下する原因、対策法まとめ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 日焼け止めの正しい選び方は?SPFとPAの違い、7つの種類まで徹底解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 皮膚の回復をサポート!ターンオーバーの驚くべき効果と早くする方法とは?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. メラニンとはなに?過剰分泌には要注意!減らす方法も解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 腸内環境と肌荒れの関係性は?美肌に繋がる腸の保ち方に迫ります!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 日焼け止めの正しい選び方は?SPFとPAの違い、7つの種類まで徹底解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 若返り説は本当?海藻が肌にもたらす驚くべき美容効果に迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 美容クリームとは? 乳液との違いや正しい使い方を教えます!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. ニキビ以上に厄介なニキビ跡とは?種類から対処法まで解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

製品案内

オンラインショップ

オフィシャルショップ

PAGE TOP