美容情報

シミや黒ずみ、老化の原因に?日焼けの対策・予防法を解説します│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

シミや黒ずみ、老化の原因に?日焼けの対策・予防法を解説します

こんにちは。化粧品ブランド Kohanaの代表責任者である森屋です。

紫外線といえば、真っ先に日焼けを連想される人もいるのではないでしょうか。

日焼けすると、その部分の色が目だったりヒリヒリしたりしますよね。

それだけで済めば大したことないのかもしれませんが、日焼けは肌に悪影響を与えることでも知られています。

本記事では、日焼けと肌の関係性、日焼け対策・予防法を解説していきます。

2種類の紫外線と日焼けの関係

日焼けの原因となる紫外線ですが、UVAとUVBで2種類あるのをご存知でしょうか?

紫外線の種類によって、肌にもたらす影響は異なります。

1つずつまとめましたので見てまいりましょう。

UVA(紫外線A波)

UVAは波長が長く、肌の内部にまでダメージを与える紫外線です。

肌内部にあるコラーゲンやエラスチンを変質させたり、活性酸素を活発化させたりしてしまい、肌の弾力やハリを弱めてしまいます。

その結果、肌のたるみやしわに繋がってしまうのです。

また、UVAは炎症や赤みなど、肌の表面にはあまり影響が出ません。

知らない内に浴びてしまうことが多く、老化の原因になることがあります。

UVAは全紫外線の約95%を占めており、割合が高いです。

さらに、雲や窓を通り抜けてしまうため、天候が悪い日や家の中でも日焼け対策を怠ってはいけません。

UVB(紫外線B波)

UVBは波長が短く、肌の表面に症状が出るのが特徴です。

肌が炎症を起こすことで、火傷したような赤みが出ます。

よく「肌が焼けた」と言う人もいますが、それはUVBの影響だと思っていただければ正解です。

加えてメラニンの生成を促すため、シミや黒ずみ、そばかすの原因にもなります。

UVBの割合は、約5%とUVAに比べて圧倒的に少ないです。

しかし、強力なエネルギーを持つため、低い割合でも肌に強く作用します。

UVA UVB Kohana オールインワンジェルクリーム

日焼けの対策・予防法は?

このように、日焼けは様々な肌荒れを引き起こします。

では、実際「どのように日焼け対策をしていくのか?」ですよね。

本記事では、5つの方法をご紹介いたします。

UVケアを行う

基本中の基本ではありますが、UVケアは必ず行いましょう。

晴れの日や外出する日はもちろんですが、曇りや雨の日でも量が少ないだけで、紫外線は出ています。

また、「今日は家の中にいるから」と安心する人もいますが、先ほども話した通りUVAは窓を通り抜けます。

そのため、屋内とはいえ日当たりのいい場所に長時間いる場合は、日焼け対策を忘れないようにしましょう。

日焼け止めの種類

日焼け止めには、主に4種類ございます。

・クリームタイプ:保湿力が高く、肌の乾燥に効果。
・ミルクタイプ:水分と油分をバランスよく含み、肌馴染みがいい。
・ジェルタイプ:水分を多く含み、伸びがいい。べたつきがなく、サラッとした使い心地なのが特徴。
・スプレータイプ:吹きかけるだけで簡単に塗布できる。吹きかけた後はしっかりと伸ばそう。

種類ごとに質感が異なるので、ご自身の肌質に合ったものを選ぶといいでしょう。

また、日焼け止めのパッケージを見ると、「PA」や「SPF」と書かれています。

PAはUVA、SPFはUVBを表しており、PAなら+の数が多いほど、SPFは数値が高いほど効果が持続します。

日焼けグッズを駆使する

日焼け止め以外にも、紫外線を防止できるグッズはあります。

紫外線を避けたい方は、以下のグッズを駆使されてはいかがでしょうか?

・日傘:上半身の広い範囲を紫外線から守ることができる。持ち運びしやすい折りたたみタイプがおすすめ。
・アームカバー:腕を守るもの。顔以外でも日焼け対策したい方におすすめ。
・サングラス:その名の通り、目元を守ることができる。
・帽子:基本的に頭を守るものだが、ツバが広いものなら顔も守れる。

普段から洗顔や保湿をきちんと行う

洗顔や保湿は、肌のバリア機能を高めるのに不可欠です。

日頃から洗顔や保湿をしっかりと行っておくことで、紫外線を浴びてもバリア機能によって守られます。

逆に肌のバリア機能が弱いと、少し紫外線を浴びただけで日焼けを起こしてしまいます。

ですから、洗顔や保湿は欠かさず行いましょう。

美白ケアを行う

美白成分として挙げられるのが、ビタミンCです。

先ほど「洗顔をきちんと行いましょう」と解説しましたが、その際にビタミンCが含まれているものを摂取すれば、いっそう日焼け予防に期待できます。

ビタミンCの含まれている化粧水や乳液を使ってスキンケアされてはいかがでしょうか。

日焼け対策に有効な食べ物を摂取する

美白成分のビタミンCですが、普段の食事から摂取することもできます。

ビタミンCが豊富に含まれる食べ物は、以下の通りです。

・赤ピーマン
・黄ピーマン
・オレンジピーマン
・ブロッコリー
・ほうれん草
・ゆず
・キウイフルーツ
・菜の花
・アセロラ

上記は一例に過ぎませんが、いずれも手軽に手に入るものばかりなので、今後積極的に摂取されてはいかがでしょうか。

日焼けをしてしまったときの対処法

ここまで日焼け予防を前提に解説してきましたが、仮に日焼けしてしまった場合は、どう対処すればいいのでしょうか?

日焼けしてしまった場合、なるべく早めに対処する必要があります。

本段落では、3つの対処法をまとめました。

顔を冷やす

日焼けしている状態は、軽い火傷をしているようなものです。

火傷を抑えるためには、冷たいタオルや保冷剤、氷などを用いてクールダウンする必要があります。

スキンケアや手入れの前に、冷やすことを優先に行ってあげてください。

また、保冷剤や氷を使用する際は、肌の刺激を抑えるために、タオルに包んで当てましょう。

保湿する

日焼けすると、肌のバリア機能が低下していきます。

肌のバリア機能の低下は、言い方を変えれば肌の潤いが失われていることを意味します。

バリア機能が低下すると、乾燥肌を始めとする肌荒れが起きやすいです。

バリア機能の低下を抑えるためには、保湿でたっぷりと水分を与えて肌に潤いを与える必要があります。

美白ケアを行う

予防法でも解説しましたが、日焼けしてしまった場合でも同じです。

美白成分には、シミの元となるメラニンの生成を抑える効果があります。

そのため、日焼けの症状が悪化する前に、美白ケアを行って対処しましょう。

まとめ

紫外線は、骨を丈夫にしたり血行を良くしたりと一概にデメリットばかりとも限りません。

しかし、過剰な摂取は肌のトラブルを引き起こしてしまうため、普段の対策は必要です。

紫外線から肌を守るためにも、本記事でお話した対処・予防法を参考にしていただければと思います。

また、余談ですが弊社の製品「Kohana オールインワンジェルクリーム」にもメラニンの生成を抑える働きが備わっています。

加えて、弊社製品はその名の通り、オールインワンタイプのスキンケアアイテムです。

製品1本で「エイジングケア・美白・シワ・たるみ・保湿・ツヤ・透明感」の7つにアプローチできます。

普段忙しい人でも手軽にスキンケアを行えます!

製品の詳細は下記ページに詳しくまとめてありますので、ご興味のある人は一度ご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 入浴で美肌効果あり?3つのメリットと効果的な入浴法5選を紹介!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. シートマスクとは?その役割から効果、使用時の注意点まで解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. エイジングケアとは?概要から始める年齢、6つのやり方を解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 睡眠と美容の関係性は?良質な睡眠をとって美肌を手に入れよう│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 保湿をしないとどうなる?その重要性と正しいやり方を解説します!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 鼻がいちごに?厄介ないちご鼻の原因と簡単にできる対処法を解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. シミや黒ずみ、老化の原因に?日焼けの対策・予防法を解説します│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. ブルーベリーで美肌に?ビルベリー葉エキスの美容効果5選!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 入浴で美肌効果あり?3つのメリットと効果的な入浴法5選を紹介!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌がザラザラする原因とは?綺麗で滑らかな肌にするための対処法も解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. シートマスクとは?その役割から効果、使用時の注意点まで解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

製品案内

オンラインショップ

オフィシャルショップ

PAGE TOP