美容情報

メラニンとはなに?過剰分泌には要注意!減らす方法も解説 │Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

メラニンとはなに?過剰分泌には要注意!減らす方法も解説 

こんにちは。化粧品ブランド Kohanaの代表責任者である森屋です。

シミの原因などを調べていると、よくメラニンという言葉を見かけるのではないでしょうか。

シミの原因ということは分かっていても、メラニンの仕組みや抑える方法など、分からない部分は多いですよね。

そこで本記事では、メラニンの概要から対策方法までじっくり解説していきます。

特にシミでお悩みの方は必見です!

メラニンとは?

メラニンとは、肌や髪の毛、瞳の色を構成する色素のことです。

皮膚の表皮の基底層にある、メラノサイトという細胞から作られます。※メラノサイトは別名、メラニンの工場とも言われています。

そんなメラノサイトから、メラニンが作られるほど、髪の毛や肌の色に影響してきます。

冒頭でお話したシミに関しても、メラニンが多く分泌されたことで目立っているからのです。

そのため、メラニンはシミの原因と言われています。

2種類のメラニン

メラニンは髪の色や肌の色を構成しますが、全員が全員同じ髪や肌色とは限りません。

欧州の国では金髪や肌の白い人が多いですし、アフリカ系の国だと肌の黒い人が多いです。

この違いは何なのでしょうか?

これには、メラニンの種類が関係します。というのも、メラニンには「ユーメラニン」と「フェオメラニン」の2種類が存在します。

ユーメラニン

ユーメラニンとは、黒色を構成する色素のことです。

別名、真性メラニンや黒色メラニンとも言います。

髪や肌が黒い人は、ユーメラニンの働きが強く、黒人の方に多く含まれています。

また、紫外線を受けることで、老化や生活習慣病の原因となる活性酸素を減らす働きがあります。

フェオメラニン

フェオメラニンとは、白色や金色を構成する色素のことです。

別名、黄色メラニンや肌色メラニンとも言います。

白色の肌、金髪・銀髪といった明るい色を構成するのが特徴です。

そのため、白人の方に多く含まれています。

また、フェオメラニンは活性酸素を作る働きがあります。

ユーメラニンとは反対に増やしてしまうので、老化を促進させたり生活習慣病のリスクが上がったりします。

2つのメラニンは対となっている

このように、2つのメラニンは対となっています。

人の体には、人種を問わず2種類のメラニンが複合されていますが、人によって比率が異なります。

黒人の方はユーメラニンの比率が多く、白人の方はフェオメラニンの比率が多いです。

ハッキリとした理由は分かっていませんが、国や地域ごとに肌の色が異なるのは、メラニンの比率が関係していると思ってください。

ちなみに、日本人を含むアジア系の人は、両方のメラニンがバランスよく含まれています。

髪は黒くて肌が黄色い人が多いのは、バランスを保てている証拠と言えるでしょう。

メラニンの働きと過剰分泌

シミの原因と聞くと、メラニンに対して悪いイメージを抱く人も多いでしょう。

しかし、メラニンは元々良い成分として知られています。

なぜなら、メラニンには、紫外線を吸収して肌の細胞を守る役割があるからです。

日焼けで肌が濃くなるのは、メラニンが細胞を守ってくれている証拠とも言えます。

メラニンは必要不可欠な成分といっても過言ではありません。

ところが、紫外線を浴びすぎたり肌に刺激を与えたりすると、メラニンが過剰分泌されてしまいます。

肌に溜まったメラニンは、通常ターンオーバーによって排出されますが、溜まりすぎるとスムーズに排出されません。

その結果、シミとして肌に残ってしまうのです。

過剰分泌を阻止!メラニンを減らす4つの方法

メラニンの過剰分泌を抑えるということは、シミの予防にも繋がります。

本段落でまとめたメラニンを減らす4つの方法を理解し、今後の対策に努めていきましょう。

紫外線対策を行う

紫外線を大量に浴びると、メラニンが過剰分泌されてしまいます。

お出かけの際は日焼け止めを塗るなど、紫外線対策をしっかりと行いましょう。

洗顔は優しく行う

洗顔を行う際、ゴシゴシ洗っている人は要注意です。

顔は他の部位に比べて繊細で、僅かな刺激でも肌にダメージが行き渡ります。

同時にメラニンが過剰分泌されてしまいます。

洗顔を行う際は、刺激を与えずそっと洗いましょう。

イメージとしては、泡で洗うような感じです。

ターンオーバーの周期を安定させる

先ほどもお話しましたが、肌の中で溜まったメラニンというのは、通常であればターンオーバーで体外に排出されます。

しかし、何かしらの理由でターンオーバーの周期が乱れると、メラニンも排出されにくくなります。

そのため、ターンオーバーの周期が安定するように努めなければなりません。

ターンオーバーが乱れる原因は、主に以下の通りです。

・老化:細胞や栄養要素が減少するため
・不規則な生活:体の栄養要素を減らしてしまうため
・肌の乾燥:ターンオーバーが早く行われすぎて、角質細胞が未成熟のまま押し上げられてしまうため
・紫外線を大量に浴びる:乾燥肌の理由と同様、ターンオーバーを早めて角質細胞が未成熟のまま押し上げられるため

ターンオーバーを安定させるには、上記の原因改善に努める必要があります。

詳しくは下記記事にまとめていますので、よろしければ一度ご覧になってみてください。

皮膚の回復をサポート!ターンオーバーの驚くべき効果と早くする方法とは?

ビタミン(ACE)を摂取する

メラニンは、食べ物に含まれている成分から対策することもできます。

代表例として挙げられるのが、ビタミンA、C、Eです。

ビタミンには抗酸化作用が備わっており、紫外線による活性酸素の活性化を抑えられます。

活性酸素の活性化はメラニンの過剰分泌を促すので、結果としてメラニン対策にも繋がるのです。

ビタミンは野菜類を始め、ウナギや大豆、ナッツ類、植物油などから摂取できます。

Kohana オールインワンジェルクリームがメラニン対策をサポートします!

今回は、メラニンについてまとめました。

メラニンは細胞を守る上で重要な役割を果たしますが、過剰分泌されるとシミとして残ります。

そのため、過剰分泌が起きないように注意しなければなりません。

シミのない顔を目指すためにも、本記事でお話した内容がお役に立てば幸いです。

また、弊社の製品「Kohana オールインワンジェルクリーム」も、メラニン対策をサポートできます。

Kohana オールインワンジェルクリームは、メラニンが増える原因であるターンオーバーの乱れに対応できる成分が含まれています。

一例をご紹介しますと、活性酸素にアプローチするホホバ種子油やダイズ種子エキス、肌の乾燥に有効な保湿成分などです。

後はEGFといって、細胞の成長を促す成分も配合されており、ターンオーバーの促進に期待できます。

EGFは元々人間の体内に備わっていますが、加齢に伴い減少します。

そのため、自発的に摂取して補わなければいけません。弊社製品は、そんなEGFの不足をサポートできます。

詳しくは下記製品ページにまとめていますので、気になる人は一度ご覧いただければと思います。

製品案内ページ

なかなかシミが改善されない人は、弊社製品の利用を検討してみてください。

関連記事

  1. 透明感のある肌とは?美しい肌をキープする6つのテクニック!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 睡眠と美容の関係性は?良質な睡眠をとって美肌を手に入れよう│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 失敗しない!自分に合うアンチエイジング化粧品の正しい選び方とは?│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 老化を促進させる活性酸素とは?仕組みと対処法を簡単に解説します!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. シミや黒ずみ、老化の原因に?日焼けの対策・予防法を解説します│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 入浴で美肌効果あり?3つのメリットと効果的な入浴法5選を紹介!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. シミや黒ずみ、老化の原因に?日焼けの対策・予防法を解説します│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. ブルーベリーで美肌に?ビルベリー葉エキスの美容効果5選!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 入浴で美肌効果あり?3つのメリットと効果的な入浴法5選を紹介!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌がザラザラする原因とは?綺麗で滑らかな肌にするための対処法も解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. シートマスクとは?その役割から効果、使用時の注意点まで解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

製品案内

オンラインショップ

オフィシャルショップ

PAGE TOP