美容情報

老化を促進させる活性酸素とは?仕組みと対処法を簡単に解説します!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

老化を促進させる活性酸素とは?仕組みと対処法を簡単に解説します!

こんにちは。化粧品ブランド Kohanaの代表責任者である森屋です。

肌の老化を促進させる要因の1つに、活性酸素が関係しているのをご存知でしょうか。

活性と聞くと響きは良いかも知れませんが、実際は美肌の天敵でもあります。

対策を怠ってしまうと、肌の老化に大きな影響を及ぼしてしまいます。

では、どうして活性酸素が老化を促進させてしまうのか?

また、どのように対策を行えばよいのか?

今回は、活性酸素の仕組みおよび対処法を簡単にまとめました。

老化を促進?活性酸素の仕組みを簡単に解説

活性酸素とは、体内で発生して細胞などを攻撃し、酸化させてしまう物質です。

酸化とは物質で言う鉄が錆びたり、食べ物の色が変色したりする事を言います。

人間の体も同様、活性酸素による酸化で肌の健康を保つ成分が劣化し、老化へと繋がってしまいます。

また、老化以外にも、がんや生活習慣病などの原因にもなります。

「体の酸化=体の劣化=病気に繋がりやすくなる」という風に覚えておくと良いでしょう。

活性酸素が発生する仕組みとは

私達人間は、生きていく上で必ず酸素を取り入れていかなければなりません。

しかし、酸素を取り込んだ際に、その内の一部が活性酸素へと変化し通常の酸素より活発に活動します。

明確な数字は出せませんが、人を含む哺乳類の場合、取り込んだ酸素の数%程度が活性酸素になると言われています。

活性酸素の種類

活性酸素の中にも種類があります。

一般的に言われるのは、以下の4種類。

・スーパーオキシドアニオンラジカル(通称スーパーオキシド)
・ヒドロキシルラジカル
・過酸化水素
・一重項酸素

1つ1つ細かい違いはありますが、いずれも老化を促進させる事に変わりはありません。

活性酸素が発生しやすくなる原因

先ほど解説した通り酸素を取り込む以上、必ず活性酸素と向き合っていかなければなりません。

本来活性酸素は、体に備わっている抗酸化の機能により抑制できます。※抗酸化とは、言葉の通り酸化を抑える働きの事ですね。

ところが、普段の生活習慣や身体的な理由で、余分に活性酸素を発生させてしまう恐れがあります。

その結果、抗酸化機能を持ってしても活性酸素を抑制し切れなくなり、肌や健康に悪影響を与えてしまうのです。

そうならないためにも、日々の生活に気を付けなければなりません。

ここでは、活性酸素が発生しやすくなる原因をまとめました。

加齢

人は年齢を重ねるごとに、体の中に備わっている免疫機能が少しずつ低下していきます。

それは抗酸化も例外ではありません。

抗酸化の力が弱まってしまう事で活性酸素の働きが活発化し、体に悪影響を及ぼします。

歳を重ねるほど、シワが目立ったり病気にかかりやすくなったりするのは、そのためですね。

ストレス

人はストレスを感じると防御反応で、筋肉が収縮し緊張状態となります。

この時、緊張状態として身体が熱くなったり胃が重くなったりします。

例えば、皆さんもイライラした時とかに身体が熱くなる事とかありますよね。

イメージとしては、そんな感じです。

ただ、こうした事はずっと起きている訳ではなく、時間が経つと自然に収まっていきます。

イライラだってずっと続く訳ではないですよね。

ところが、緊張状態から元の状態に戻る際に、酵素が分泌され、その過程で大量の活性酸素が発生してしまいます。

要はストレスというよりは、ストレスが収まるときの反動で発生してしまうという感じですね。

また、ここで言うストレスは疲労を感じるなど、身体的なものも含みます。

アルコール

アルコールは異物と判断されてしまい、肝臓で解毒を行おうとします。

そして、その際に活性酸素が発生してしまいます。

少量の摂取なら大丈夫ですが、多量の摂取は要注意です。

紫外線

紫外線は、体内にある活性酸素の動きを活発化させてしまい、酸化が促進します。

この結果、肌の乾燥やシミ、ソバカス、しわの発生に繋がります。

偏った食事

加工食品やカップ麺などといった加工食品、お菓子、ジュースなどの清涼飲料水には添加物が含まれています。

添加物は別の言い方をすると化学物質に当たり、こういった成分は活性酸素が発生しやすいです。

また、インスタント食品やポテチのようなスナック菓子など、脂質が多く含まれている食べ物も活性酸素が発生します。

脂質は基本的に腸内で分解されますが、分解しきれなかった分は肝臓で解毒が行われます。

肝臓で解毒を行う際、多くの活性酸素が発生してしまうのです。

化学物質

化学物質については食事のところでも解説しましたが、他にも該当するものはあります。

排気ガスや農薬、医薬品、タバコなども活性酸素を発生させやすいので要注意です。

老化対策!抗酸化作用が含まれている食べ物

活性酸素の発生を抑えるためには、先ほど解説した原因に該当する項目を見直して解消していく他ありません。

ですが、それ以外にも、抗酸化作用が含まれている食べ物を摂取していく事で、なお効果があります。

抗酸化作用が含まれている食べ物は、以下の通りです。

ピーマン、パプリカ、ブロッコリー、かぼちゃ、ほうれん草、ニンジン、ミカン、ナス、スイカ、ぶどう、オレンジ、ブルーベリー、イチゴ、プルーン、リンゴ、緑茶、紅茶、鮭など

これらは主にビタミンを含んでいる食べ物でもあります。

また、スーパーで手軽に手に入りますので、体の健康のためにも積極的に摂取していきましょう。

活性酸素を効率的に除去するなら「Kohana オールインワンジェルクリーム」!

普段の生活習慣や食事に加え、もう1つ意識してほしいのがスキンケアです。

皆さん普段どういったスキンケアアイテムを選ばれていますか?

値段や口コミだけで選んではいませんか?

いくら念入りにスキンケアを行っても、活性酸素に対応した成分が含まれていなければ意味がありません。

もし、現在使用されている美容アイテムで思った効果が得られない場合、弊社が提供する「Kohana オールインワンジェルクリーム」の利用を検討してみてください。

Kohana オールインワンジェルクリームは、「ホホバ種子油」、「グレープフルーツ果皮油」、「ダイズ種子エキス」、「酢酸トコフェロール」と抗酸化作用を持つ成分をふんだんに配合。

活性酸素4種類全てにアプローチしています。

店舗とかで売られている安物の化粧品は、活性酸素に対応はしていても、4種類全てにはアプローチできていない事が多いです。

しかし、弊社商品は全ての種類に対応できるようになっているため、アンチエイジングにも期待できます。

また、活性酸素の除去以外にも、シンエイクやシンコルなどアンチエイジングに有効な成分が多数含まれています。

詳しくは下記ページに書いてありますので、ご興味のある方は一度ご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 高い化粧品と安い化粧品の違いは?あなたに合った選び方も解説します!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. エイジングケアとは?概要から始める年齢、6つのやり方を解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. メラニンとはなに?過剰分泌には要注意!減らす方法も解説 │Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 入浴で美肌効果あり?3つのメリットと効果的な入浴法5選を紹介!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 失敗しない!自分に合うアンチエイジング化粧品の正しい選び方とは?│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 肌黒から卒業!肌を白くする方法5選!簡単にできる方法あります│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. シミや黒ずみ、老化の原因に?日焼けの対策・予防法を解説します│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. ブルーベリーで美肌に?ビルベリー葉エキスの美容効果5選!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 入浴で美肌効果あり?3つのメリットと効果的な入浴法5選を紹介!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌がザラザラする原因とは?綺麗で滑らかな肌にするための対処法も解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. シートマスクとは?その役割から効果、使用時の注意点まで解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

製品案内

オンラインショップ

オフィシャルショップ

PAGE TOP