美容情報

お肌の天敵!シミの原因と予防法を解説!そばかすや肝斑との違いも│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

お肌の天敵!シミの原因と予防法を解説!そばかすや肝斑との違いも

こんにちは。化粧品ブランド Kohanaの代表責任者である森屋です。

シミというのは、ふと気付いたときにできています。

心当たりがないと「何で?」となってしまいますよね。

ですが、シミができるのには意外と多くの原因が潜んでいます。

そこで今回は、シミの原因および予防法をまとめました。

また、そばかすや肝斑との違いにも触れていきます。

シミのことを知り、今後の対策に繋いでいきましょう!

お肌の天敵!シミの原因と予防法を解説!

シミの原因は、メラニンという成分の過剰生成によるものです。

肌にはメラノサイトと呼ばれる部位があるのですが、その部分が何かしらの理由で刺激を受けると、メラニンが過剰に生成されます。

つまり、メラニンの過剰生成がシミに直結するわけです。

ここでは、そのメラニンを過剰生成させる原因と予防法をまとめました。

紫外線

紫外線はメラノサイトを刺激します。

少量の紫外線なら吸収できますが、多量の紫外線だと吸収し切れなくなってメラニンの生成を促してしまいます。

その結果、シミとして残ってしまうのです。

そのため、外出時など日光を浴びる時間が長くなりそうなときは、必ずUVケアを行いましょう。

若い人はもちろん、年齢を重ねると肌のバリア機能が低下してくるので、特に高齢の方は要注意です。

活性酸素の促進

活性酸素とは、酸素を取り込んだ際に体内で発生する物質のことです。

活性酸素は細胞などを攻撃し、酸化させてしまう効果があります。

攻撃の対象にはメラノサイトも含まれており、活性酸素がメラノサイトを刺激することで、メラニンを過剰に生成してしまいます。

通常活性酸素は、身体に備わっている抗酸化の機能で抑制できます。

しかし、加齢やストレスなどの理由で余分に発生させてしまうと、抑制できなくなるので要注意です。

詳しくは下記の記事にまとめていますので、一度ご覧になってみてください。

老化を促進させる活性酸素とは?仕組みと対処法を簡単に解説します!

ストレス

イライラを感じるなどの精神的ストレスは、メラノサイトを刺激し、メラニンの生成を促進させます。

ストレスは生きていく以上、避けては通れませんが、自分なりに合った方法でなるべく発散するようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れ

ストレスや体調不良でホルモンバランスが乱れてしまうと、メラノサイトが刺激されてしまい、シミに繋がる場合があります。

特に女性は、妊娠や月経などでホルモンバランスが崩れやすいです。

ホルモンバランスを整えるためには、「バランスの取れた食事を摂る」、「しっかりと睡眠をとる」など、正しい生活を送ることを心がけましょう。

肌への刺激

「顔をゴシゴシ洗っている」、「虫に刺された」など、外的な刺激でもメラノサイトに影響をおよぼす可能性があります。

顔の肌はデリケートなので、極力刺激を与えないように気を付けましょう。

例えば、顔を洗うときは手で擦るのではなく、泡で広げていくようにする。顔を拭き取るときは、ふわふわのタオルで優しく抑えて水分を吸収するといった感じですね。

カフェインの多量摂取

カフェインとは、アルカロイドの1種でコーヒーを中心に含まれています。

そんなカフェインですが、メラニンの生成を促す性質があります。

カフェインの多量摂取はシミに繋がる可能性があるので、コーヒーなどを普段から頻繁に飲んでいる人は要注意です。

生活習慣

悪い生活習慣は身体の免疫力を低下させてしまい、メラノサイトにも悪影響をおよぼします。

「睡眠時間が少ない」、「脂ものやスナック菓子をよく食べている」という人は、一度生活習慣を見直しましょう。

生活習慣を見直すことで、ホルモンバランスの対策にも繋がります。

そばかすや肝斑との違いは?実は多いシミの種類4選!

シミといえば、そばかすや肝斑もセットで解説されていることがあります。

これらは混同にされがちですが、実は全て同じシミです。

シミという言い方は総称に過ぎず、細かく分けると4種類存在します。

種類ごとに原因が多少異なりますので、今後の対策に向けて覚えておきましょう。

雀卵斑(じゃくらんはん)

雀卵斑は、頬の辺りに小さな斑点が見られるシミです。

いわゆる「そばかす」に当たります。

遺伝性で現れたり思春期に現れたりと、若い人に出やすいです。

紫外線を浴びすぎると余計に悪化する危険があります。

肝斑(かんぱん)

肝斑は、頬や鼻の下など左右対称にできるのが特徴です。

30~40代の女性を中心にできやすく、ホルモンバランスが崩れることで発生します。

日光黒子(老人性色素斑)

日光黒子は、年齢を重ねるごとにできやすくなるシミです。別名、老人性色素斑とも言います。

紫外線によるダメージが蓄積されてきたことで、できてしまいます。

そのため、若い頃に日焼けしていた人は要注意です。

また、これまで日焼け対策を怠っていた人は、今後しっかりと行うようにしましょう。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着は、ニキビや火傷などで肌の炎症が起きた後の後遺症としてできるシミです。

肌の炎症に左右されるため、年齢を問わずに出てきます。

通常は時間の経過で薄くなっていきますが、炎症が酷かったりターンオーバーが乱れていたりすると、消えるまでに時間がかかります。

シミの対策に「Kohana オールインワンジェルクリーム」!

色々な化粧品を試したけど「自分に合わない」という人は、弊社の提供する「Kohana オールインワンジェルクリーム」の利用を検討してみてください。

Kohana オールインワンジェルクリームは、オールインワンタイプの化粧品のため、これ1本でスキンケアが可能です。

また、近年話題のヒト脂肪細胞順化培養液も配合されています。

ヒト脂肪細胞順化培養液には美白や傷跡、炎症の解消などの効果があります。

例えば、紫外線やニキビなどで肌にダメージを受けても、ヒト脂肪細胞順化培養液によって回復を早められます。

さらに、ヒト脂肪細胞順化培養液とは別に、シミの原因である活性酸素を除去する効果も備わっています。

活性酸素はシミ以外にも老化の原因となるので、これを使うことで老化対策にも期待できるでしょう。

このように、シミに有効な成分が多々含まれているので、ご興味のある方は弊社製品の利用を検討してみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 肌荒れはどうして起きる?発生のメカニズムから原因まで徹底解説!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 10代でもできる!?ほうれい線の原因とは?対処方法も解説します!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 目の下のクマが酷い・治らない人必見!種類別の原因と対処法まとめ!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. シミや黒ずみ、老化の原因に?日焼けの対策・予防法を解説します│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. ブルーベリーで美肌に?ビルベリー葉エキスの美容効果5選!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 入浴で美肌効果あり?3つのメリットと効果的な入浴法5選を紹介!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌がザラザラする原因とは?綺麗で滑らかな肌にするための対処法も解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. シートマスクとは?その役割から効果、使用時の注意点まで解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

製品案内

オンラインショップ

オフィシャルショップ

PAGE TOP