美容情報

知らない人多数?正しい洗顔の方法をマスターしよう!NGな例も解説│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

知らない人多数?正しい洗顔の方法をマスターしよう!NGな例も解説

こんにちは。化粧品ブランド Kohanaの代表責任者である森屋です。

肌は非常にデリケートで、ちょっとした刺激を与えるだけでも大きなダメージに繋がる恐れがあります。

それは洗顔にも言えることで、間違った洗顔は逆に顔を傷付けてしまいます。

洗顔しているにも関わらず、肌荒れの改善が見込めない人は、もしかすると洗顔のやり方が関係しているかもしれません。

そこで本記事では、正しい洗顔の方法および間違えた洗顔のやり方をまとめました。

本記事をご覧になり、肌に優しい洗顔方法をマスターしましょう。

正しい洗顔の方法を徹底解説

早速ですが、まずは正しい洗顔の方法から解説していきます。

①手を綺麗に洗い、ぬるま湯で顔を水洗いする

いきなり顔をすすぐのではなく、必ず石鹸で手を洗いましょう。

手に付いている雑菌が顔に移るのを防止するためです。

手を綺麗にしたら、ぬるま湯で水洗いをします。

先に水洗いしておくことで、洗顔料が泡立ちやすくなって汚れが落ちやすくなります。

また、ぬるま湯の温度は、32℃~34℃を推奨します。

温度が低いと皮脂が落ちず、温度が高すぎても必要な皮脂を落としてしまうからです。

※温度に関しては、後ほど詳しく解説します。

②洗顔料を泡立てる

洗顔料は、しっかりと泡立てましょう。

目安としては、レモン1個分のサイズです。

また、泡立ての際は、洗顔ネットを使用すると楽に行えます。

③泡を転がすように洗顔料を付ける

洗顔料が十分に泡立ちましたら、顔に付けていきます。

この時、手のひらで顔に触れるのではなく、泡を転がすように触れましょう。

なぜなら、手で顔に触れてしまうと、摩擦が生じて肌に負担がかかるからです。

そのため、洗顔料を付けるときは泡で洗うことを意識してください。

④Tゾーンから順番に洗顔する

まずは、皮脂の多いTゾーン(額~鼻の範囲)から洗顔していきます。

Tゾーンを洗顔したら、そのまま頬、顎と顔全体を洗顔しましょう。

⑤ぬるま湯で1分ほどすすぐ

洗顔料が顔全体に行き渡りましたら、ぬるま湯で1分ほどすすぎましょう。

こめかみや顎、髪の毛の生え際部分は洗顔料が残りやすいので、しっかりとすすいでくださいね。

⑥清潔なタオルで水分を拭き取る

すすぎが完了しましたら、清潔なタオル(フワフワしているものがベスト)で水分を拭き取りましょう。

水分を拭き取る際は、ゴシゴシするのではなく、タオルでそっと顔を押さえつけて吸収するようなイメージで行ってください。

⑦保湿を行う

洗顔後、必ず保湿を行いましょう。

肌の水分を逃がさないためです。

また、洗顔完了から時間が経てば経つほど肌は乾燥するので、保湿は洗顔後すぐに行ってください。

これはダメ!間違えた洗顔の方法

正しいの反対は間違えと言いますが、洗顔においても同じことが言えます。

間違えた洗顔は逆に肌を傷付ける恐れがあるので、今から解説する7つの項目に該当する人は要注意です。

すすぎの時間が長すぎる、短すぎる

洗顔方法でも解説した通り、すすぎの時間は1分を目安に行ってください。

すすぎの時間が長すぎると、必要な皮脂まで落としたり肌に負担を与えたりします。

逆に20秒~30秒と時間が短すぎても、洗顔料を十分に落とし切れていないことがあります。

そのため、1分程度のすすぎがベストなのです。

冷水・熱湯で洗っている

暑い時期は冷水、寒い時期は熱湯で洗顔したくなりがちです。

しかし、冷水で洗うのも熱湯で洗うのもよくありません。

まず冷水は、肌にかけると急激な冷えによって肌に負担がかかります。

また、低温だと皮脂は中々落ちません。

続いて熱湯は、肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

これらの要因から、冷水や熱湯で洗顔するのはNGです。

洗顔の方法でも解説した通り、洗顔時は32℃~34℃のぬるま湯で洗いましょう。

ゴシゴシ洗っている

顔を洗うとき、力を入れてゴシゴシしてはいませんか?

ゴシゴシやると汚れが落ちそうなイメージはありますが、実際は逆効果です。

力を入れすぎると、肌への負担が大きくなり、毛穴が広がったり肌荒れに繋がったりします。

洗顔を行う際は、洗顔料をしっかりと泡立て、泡で転がすように洗いましょう。

泡立てせずに洗顔している

先ほどの内容に続きますが、泡立てずに洗顔するのはよくありません。

泡立てしていないと、手と肌が直接触れて摩擦が生じやすくなります。

たとえゴシゴシしなくても、洗顔時は必ず泡立てから行いましょう。

ただし、オールインワンジェルタイプなど、泡立てられないものは除きます。

泡立て時の水が少ない

泡立ては大事ですが、水を使わずに泡立ててしまう人は要注意です。

水分が含まれていないと、泡であっても肌への摩擦が生じやすく、負担となる可能性があります。

特に泡立てネットは、水を使わずに泡立てることができるので、水分を含ませずに泡立ててしまう人もいます。

泡立てネットを使用する際は、先にネットをすすぎ水分をしっかりと含ませた上で泡立てましょう。

1日に何回も洗顔を行っている

肌のテカリが気になると、ついつい1日に何回も洗顔をしたくなりがちです。

しかし、洗顔は原則、朝と晩の2回に済ませておきましょう。

必要以上に洗顔を行うと、肌に必要な皮脂まで落ちて、逆に肌が乾燥しやすくなります。

また、肌が乾燥すると、肌の細胞が乾燥を阻止しようと皮脂を過剰に分泌します。

この影響で、肌は余計にテカってしまいます。

つまり、洗顔のやり過ぎは、乾燥肌とテカリ両方のリスクがあるというわけです。

どうしてもテカリが気になる人は、タオルやハンカチ、濡れティッシュなどで軽く吹きとるぐらいに留めておきましょう。

タオルで乱暴に顔を拭いている

タオルで拭き取るときも同様、優しく行いましょう。

乱暴に拭くと、肌に負担がかかります。

タオルで拭きとる際は、拭くというより、そっと抑えて水分を吸収するようなイメージで行いましょう。

まとめ

洗顔は肌荒れを防止する方法であり、悪化させる原因でもあります。

そのため、間違えた方法で行っていた人は、これを機に改善しましょう。

また、洗顔方法を改善できても、不規則な生活やストレスなどの要因で肌荒れが起きることもあります。

洗顔方法はもちろん、私生活の要因とも照らし合わせながら肌荒れの改善に努めていきましょう。

最近の記事

  1. 顔の湿疹はなぜ起こる?原因から予防・対処法まで解説します│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 肌荒れ対策になる?運動の美容効果3選!おすすめの運動法も紹介!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. シミや黒ずみ、老化の原因に?日焼けの対策・予防法を解説します│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. ブルーベリーで美肌に?ビルベリー葉エキスの美容効果5選!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 入浴で美肌効果あり?3つのメリットと効果的な入浴法5選を紹介!│Kohana オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

製品案内

オンラインショップ

オフィシャルショップ

PAGE TOP