美容情報

知らないうちにダメージになっているかも?ブルーライトによる肌への影響や対策方法を解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

知らないうちにダメージになっているかも?ブルーライトによる肌への影響や対策方法を解説

目次

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

目に悪影響を及ぼすといわれているブルーライトですが、実は肌へも悪影響を及ぼすということをご存知でしょうか?

スマホやPCを使うことの多い現代の私たちの生活では、ブルーライトを避けては通れません。

そこで本記事では、ブルーライトによる肌への影響や対策方法について解説いたします。

ブルーライトによる肌へのダメージが気になる方は、ぜひご参照ください。

そもそもブルーライトって?ブルーライトの性質と肌への影響を解説

そもそもブルーライトとは、紫外線のA波・B波によく似た性質を持つ可視光線の1つです。

紫外線の次に強い光で、肌のより深い真皮層にまで到達します。

放っておくと肌への深刻なダメージとなるため、注意が必要です。

ブルーライトによる肌への影響には、以下の2つが挙げられます。

・シワや肌のたるみ
・シミや肌のくすみ

それぞれ詳しく解説いたします。

高齢化への切符?シワや肌のたるみ

1つ目の影響は、シワや肌のたるみです。

肌の真皮層にまで到達するブルーライトは、コラーゲンやヒアルロン酸を作る細胞にダメージを与えます。

ダメージを受けたことによってコラーゲンやヒアルロン酸の生成がうまく行われなくなると、肌の弾力が失われてしまいます。

肌弾力が失われて肌のハリがなくなると、肌はたるんでしまいます。

また、肌の内側に適切な水分を保持できなくなるため、シワの原因にもなります。

肌が暗く見える?シミや肌のくすみ

2つ目の影響は、シミや肌のくすみです。

ブルーライトは紫外線のA波とよく似た性質を持っているため、光老化を招きます。

浴び続けると紫外線と同様にメラニン色素を発生させ、シミの原因になります。

しかも、ブルーライトの光は紫外線のB波のように肌表面に強く作用します。

メラニンの蓄積は角質が厚くなり、肌がくすむ原因にもなるので気を付けましょう。

ブルーライトによる肌へのダメージを防ぐ対策方法を紹介

悪影響といわれがちなブルーライトですが、実は集中力を高めたり、体を目覚めさせたりしてくれる効果もあります。

寝る直前のスマホやPCの使用が睡眠の質を下げるといわれるのは、そのためです。

ブルーライトは私たちの生活に欠かせないスマホやPCから発生していることもあり、「使わない」という選択は不可能に等しいです。

ここからは、ブルーライトによる肌へのダメージを防ぐ対策方法を3つ紹介します。

ブルーライトとうまく付き合い、肌へのダメージを防ぎましょう。

対策①ブルーライトカットフィルムを貼る

ブルーライトカットの眼鏡は目の疲れを軽減できますが、眼鏡だけで肌を守ることはできません。

スマホやPCにブルーライトカットのフィルムを貼ると、ブルーライトによる肌へのダメージを軽減させる対策になります。

ディスプレイの輝度を調整したり、ブルーライト軽減アプリを使ったりするのも、ブルーライトへの対策として有効です。

暗くしすぎると目の負担になってしまうので、適度に調節するようにしましょう。

対策②PA値を重視した日焼け止めを塗る

ブルーライトカットの日焼け止めも良いですが、通常の日焼け止めでもブルーライト対策になります。

ブルーライトは紫外線のA波によく似た性質を持っているため、PA値を重視した日焼け止めを塗りましょう。

PA値は、シワや肌たるみの原因を防ぐ効果を指す指標です。

日中以外では、角質ケアを中心にスキンケアを入念にしましょう。

日焼けをしたときと同様、美肌を守るのに保湿は必須です。

対策③抗酸化作用のある食材を摂る

ブルーライトによって発生する活性酸素は肌老化を早めてしまいます。

抗酸化作用のある食材は、肌老化を防ぐ対策にぴったりです。

例えば、以下のような食材があります。

ビタミンA:レバー、にんじん、ほうれん草、ピーマン、にんじん、西洋かぼちゃ

ビタミンC:パプリカ、ブロッコリー、いちご、レモン、アセロラ、キウイフルーツ、カブ

ビタミンE:卵、大豆、鰻、にじます、玉ねぎ、モロヘイヤ、アーモンド、ひまわり油、オリーブオイル

これらは美肌を保つ成分でもあるため、積極的に摂取しましょう。

「ビタミンACE」と覚えておくと便利ですよ!

ブルーライト対策もできる?Kohana(コハナ)オールインワンジェルクリーム

スマホやPCから放出されるブルーライトは、現代の私たちの生活で避けては通れないものになりつつあります。

そんなブルーライトによる肌へのダメージを防ぐには、ブルーライトとうまく付き合うことが大切です。

弊社の製品「Kohana(コハナ)オールインワンジェルクリーム」は、活性酸素にアプローチできる4種類の抗酸化作用成分を配合しています。

ブルーライトによる肌老化を防ぐ効果が期待できるので、導入を検討してみてください。

なお、製品の詳細は下記ページにまとめていますので、興味のある方は引き続きご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. グレープフルーツが美容に効果あり!苦手な人も果皮油で摂取できる?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 肌荒れの救世主?グリチルリチン酸2Kを徹底解説!効果から副作用まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 肌黒から卒業!肌を白くする方法5選!簡単にできる方法あります│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 夏の肌荒れに迫る!夏老け肌の原因と対処法をマスターして若い肌を保とう!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 肌荒れとストレスの関係性を解く!自分に合ったストレスの向き合い方とは?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 化粧品でよく見るソルビトールとは?効果や副作用に迫ります!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 知らないうちにダメージになっているかも?ブルーライトによる肌への影響や対策方法を解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. エアコンは肌荒れに影響している?エアコンで肌荒れする原因や対策方法を解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 炭水化物で肌荒れが起きる?その理由と予防のための摂取方法を解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. ホットタオルの驚くべき美容効果とは?注意点と誰でも簡単に作れる方法を解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 毛穴の黒ずみ対策に超便利!毛穴パックのメリットとデメリットに迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP