美容情報

菌で美肌に?育菌して綺麗な肌を手に入れよう!やり方もレクチャー│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

菌で美肌に?育菌して綺麗な肌を手に入れよう!やり方もレクチャー

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

菌と聞くと悪いイメージを抱きがちですが、中には肌にいい菌があるのもご存知でしょうか?

どういった菌が肌にいいのか気になりますよね。

そこで本記事では、菌の種類を解説し、肌にいい菌を増やす(保つ)ための育菌方法を解説いたします。

菌をコントロールし、美肌を目指していきましょう。

菌の種類

菌は大きく分けて、善玉菌・日和見菌・悪玉菌の3種類あります。

それぞれまとめましたので、見てまいりましょう。

善玉菌

善玉菌とは、肌に悪影響を及ぼす悪玉菌の繁殖を抑える役割を持つ、体や肌にいい菌のことです。別名「美肌菌」とも言います。

健康な肌ともいえる弱酸性の状態を保ったり、潤いをもたらす成分を排出してくれたりと、肌のバリア機能を保護します。

おかげで乾燥肌やニキビなど、肌荒れを防止することができます。

また、善玉菌の中にも種類があり、代表例として挙げられるのが表皮ブドウ球菌です。

表皮ブドウ球菌は、毛穴や皮脂腺に存在しており、ニキビやテカリの原因となる皮脂を餌にしております。

同時にグリセリンや脂肪酸など、保湿成分や弱酸性を排出してくれます。

日和見菌

日和見菌とは、肌にいい菌でもあり悪い菌でもあります。

肌が健康なときは善玉菌の働きをし、肌の調子が悪いときは悪玉菌の働きをします。

そのため、中立のような立場を持つ菌と言えるでしょう。

日和見菌の代表例として挙げられるのは、アクネ菌です。

アクネ菌といえば、ニキビでもお馴染みなので、悪いイメージで強い人も多いのではないでしょうか。

しかし、アクネ菌には保湿機能が備わっており、実は肌に必要な成分でもあります。

ただ、ストレスや不規則な生活習慣などの理由で皮脂が増えると、リパーゼという酵素によって毛穴が塞がれてニキビの発生を促進させます。

そのため、中立的な日和見菌とされているのです。

悪玉菌

ここまでの解説や名前から分かる通り、悪玉菌は肌に悪影響を及ぼす菌のことです。

菌と聞いて悪いイメージを抱く原因は、悪玉菌の影響が大きいのではないでしょうか。

数が少ないときは特に何も起こりませんが、大量に繁殖すると肌のトラブルに繋がります。

悪玉菌の代表例として挙げられるのは、黄色ブドウ球菌です。

黄色ブドウ球菌は、傷が痛む原因とも言われており、様々な肌トラブルを促進させてしまいます。

育菌開始!肌にいい菌を育てる・保つための方法

美肌を保つためには、ズバリ善玉菌を増やす必要があります。

しかし、善玉菌を増やすにはどうすればいいのかですよね。

本記事では、菌を増やす育菌の方法を7つ解説いたします。

乾燥は絶対にNG!保湿を行う!

善玉菌にとって肌の乾燥は弱点といっても過言ではありません。

なぜなら、美肌菌が生息できる条件は肌が潤っている必要があるからです。

そのため、肌が乾燥すると美肌菌は徐々に減少し、今度逆に悪玉菌の活動が活発化します。

乾燥を防止するためには、保湿をしっかりと行って肌に潤いを与える必要があります。

紫外線対策を行う

紫外線を過剰に浴びると、肌のバリア機能が弱まると同時に潤いも失われていきます。

これは善玉菌が失われることも意味し、悪化すると肌が炎症したり乾燥したりします。

先ほども解説しましたが、肌の乾燥は善玉菌にとって弱点です。

そのため、紫外線対策はきちんと行いましょう。

善玉菌を食べ物から摂取する

善玉菌を増やしたいのなら、食べ物から摂取しましょう。

方法は主に2パターンあり、1つ目は生きた善玉菌を摂ることです。

ヨーグルトや乳酸菌飲料、納豆などに多く含まれております。

ただ、常時住みつくわけではなく、すぐ排出されてしまうので、日頃から摂取するのが大事です。

2つ目は善玉菌の元となるプレバイオティクスという成分を摂ることです。

プレバイオティクスは、野菜や果物類、豆類に多く含まれています。

普段野菜や果物をあまり食べていない人は、これを機に摂取を心がけてはいかがでしょうか。

回数を守る!過剰な洗顔は避ける

肌のべたつきやテカリが気になると、つい1日に何回も洗顔をしたくなりますよね。

しかし、過剰な洗顔は肌に必要な皮脂まで落として乾燥肌を引き起こしやすくなります。

洗顔は、基本的に朝と夜の1日2回を心がけましょう。

バランスのいい食生活を送る

肉や油ものが好きだからと、そっち系の食事に偏ってはいませんか?

同じ食事ばかりだと腸内環境が乱れてしまい、悪玉菌が増殖してしまいます。

好きなものを食べることは構いませんが、他の食材も摂り入れて体のバランスを図る必要があります。

先ほども挙げましたが、野菜や果物、ヨーグルト、豆類は善玉菌を増やす働きがあるので、この辺の食材も摂り入れてみるといいでしょう。

アルコールの摂取を控える

アルコールの摂りすぎは、悪玉菌を増やす原因と言われています。

お酒は大人の楽しみの1つでもありますが、肌荒れが気になる人は少し我慢してみましょう。

禁酒は難しいでしょうから、まずは量を減らすところから始めてはいかがでしょうか?

ストレスを発散することを心がける

ストレスは自律神経を乱すと同時に、腸内の悪玉菌を増やしてしまいます。

ストレスは人間が生きていく以上、必ず避けては通れません。

そのため、ストレスが溜まってしまうのが仕方のないことです。

しかし、溜めたままにはせず、適度に発散することを心がけましょう。

ストレスを発散することで自律神経の乱れを防止し、悪玉菌が増えるのを防げます。

育菌をサポート!Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム

本記事をご覧いただいたことで、菌に対するイメージが変わった人も多いのではないでしょうか。

また、本記事でお話した育菌の方法は、結果的に様々な肌トラブルを防止することに繋がります。

健康な肌を保つためにも、育菌を実践してみてください。

それと余談ではありますが、弊社が提供する製品「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」もサポートしてくれます。

Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリームは、高級美容成分35種類をふんだんに配合しております。

その中には保湿に優れた成分も多数配合されているため、善玉菌の弱点ともいえる乾燥肌対策に一役買ってくれるでしょう。

加えて、弊社製品には他にもアンチエイジングや再生力に優れた成分も含まれております。

詳しくは下記ページにまとめていますので、弊社製品に興味のある人は一度ご覧になってみてください。

製品案内ページ

弊社製品が良いきっかけになれば幸いです。

関連記事

  1. 肌荒れはどうして起きる?発生のメカニズムから原因まで徹底解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 美顔器とはどんなもの?種類の紹介からメリット、デメリットまで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 肌のカサカサが酷い方へ!乾燥肌の原因と解消法を伝授いたします│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. ブルーベリーで美肌に?ビルベリー葉エキスの美容効果5選!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. ピーリングとは?メリットとデメリットを理解して正しく行おう!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. エイジングケアとは?概要から始める年齢、6つのやり方を解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 実は多い毛穴トラブルの種類!原因と対策法を知って毛穴レスへ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 美顔器とはどんなもの?種類の紹介からメリット、デメリットまで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. メイクを落とさずに寝る人は要注意!その理由とスキンケア方法まとめ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. インナードライとはどんな状態?乾燥肌や脂性肌との違い、対策方法まとめ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 人間の肌に潜むニキビダニとは?肌の健康と肌荒れを起こす謎に迫る│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP