美容情報

目の下のクマが酷い・治らない人必見!種類別の原因と対処法まとめ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

目の下のクマが酷い・治らない人必見!種類別の原因と対処法まとめ!

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

目の下のクマが酷い、あるいは中々治らずにお悩みの人は多いのではないでしょうか。

というのも、目の下のクマは「茶クマ・青クマ・黒クマ」と3種類あります。

同じクマでも種類ごとに原因が異なってきます。

そのため、種類ごとの特徴を抑えた上で対策を行わないと、中々改善は見込めません。

そこで今回は、茶クマ・青クマ・黒クマとそれぞれの原因と対処法をまとめました。

目の負担に要注意!茶クマ

茶クマは、目をこすったり紫外線を長時間浴びたりするなど、目に負担を与えることで炎症を起こし色素沈着として残ったものです。

3種類のクマの中では消えにくいことでも有名なので、長期的な視野で改善に努める必要があります。

解決法①:保湿でターンオーバーの周期を安定させる

色素沈着を早く消すには、ターンオーバーの周期を安定させ、肌に溜まったメラニンを排出する必要があります。

そのためには保湿を行い、肌のバリア機能を上げることが大事です。

ターンオーバーについては、下記の記事にもまとめています。よろしければ一度ご覧になってみてください。

皮膚の回復をサポート!ターンオーバーの驚くべき効果と早くする方法とは?

解決法②:メラニン対策に!ビタミンCを摂取する

ビタミンCには、メラニンの生成を遅延させる効果があります。

ビタミンCは食べ物やスキンケア用品で摂取できますので、茶クマが気になる人はビタミンCを摂取してみるとよいでしょう。

解決法③:紫外線対策をしっかりと行う

紫外線は、メラニンの生成を促進させてしまいます。

大量に浴びすぎると、茶クマが目立ってしまう恐れがあるので要注意です。

外出する際はUVケアなどを行い、紫外線のダメージを抑えるようにしましょう。

解決法④:肌への刺激はNG!洗顔は優しく丁寧に

洗顔をするときに、ゴシゴシと強く洗うのはNGです。

目の下はとても繊細な部分で、少し強い刺激を加えるだけでもダメージとなります。

洗顔以外でも、そのクマが気になるが故に目の下を指でこすってしまう人はいます。

しかし、目の下は特に繊細なので、クマが気になっても絶対にこすらないようにしましょう。

洗顔時も同様、泡でこするように優しく洗うことを心がけてください。

血行不良?青クマ

青クマは寝不足や疲れなどで血流の滞り、目の下が青白く見えることから、そのように呼ばれています。

主に血行不良でできますので、それに応じた対策を行う必要があります。

解決法①:首や肩のマッサージを行う

マッサージは固まっている筋肉の凝りをほぐし、血行不良を解消する効果があります。

首を回したり肩を揉んだりするなど、簡単なマッサージで良いので、時間があるときに行いましょう。

また、マッサージはあくまでも青クマに有効です。

茶クマの場合、肌への刺激となって悪化させてしまう可能性があるので、やらないようにしましょう。

解決法②:体を温める

体を温めることで皮膚の血管が広くなり、血行が促進されます。

入浴時間を長めにとる、ホットタオルで顔を温めるなど、自分に合ったやり方で肌を温めてあげましょう。

解決法③:ウォーキングをする

ウォーキングは全身の筋肉を動かすので、血行促進に効果があります。

10分~20分と短めでいいので、青クマに悩まれている人はなるべく毎日ウォーキングをしましょう。

解決法④:ビタミンKを摂取する

ビタミンKは、血行を促進させる成分で有名です。

ビタミンCが茶クマに効果あるように、青クマにはビタミンKがおすすめです。

たるみやシワと連動?黒クマ

黒クマは加齢などによる筋肉の低下で、たるみやシワが生じ、それに伴って現れる影が黒く目立っている状態のことです。

茶クマや青クマのように、皮膚の色が変わるのではありません。

そのため、黒クマを消すには、たるみやシワを改善していく必要があります。

解決法①:表情筋を鍛える!顔のストレッチ

表情筋とは、目や口、鼻など顔を動かすときに使う筋肉のことです。

表情筋が衰えてしまうと、皮膚を支える力が弱まり、重力に押し負けてしまいます。

そのため、顔のストレッチを行うなど、表情筋を鍛えてあげましょう。

解決法②:抗酸化作用で老化を遅延!ビタミンEを摂取する

ビタミンEには、抗酸化作用が含まれていて黒クマ対策におすすめです。

抗酸化作用とは、老化を促進させる活性酸素の働きを抑えることです。

人は生きていく以上、必ず歳を重ねて老化も進んでいきます。

ですが、老化対策に有効な成分を摂取することで、老化のスピードを抑えられます。

解決法③:コラーゲンやエラスチンを摂取

人間の肌には、コラーゲンやエラスチンと呼ばれる成分があります。

これらは肌の潤いやハリを保つ効果があり、たるみやシワ対策に有効です。

食事やスキンケア用品などを通じ、2つの成分を積極的に摂取するとよいでしょう。

※コラーゲンについては、下記記事にまとめてあります。

美容の救世主!水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンの効果とは?

目の下のクマ対策に!「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」

弊社の提供する「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」は、高い保湿力を始め、コラーゲンや抗酸化作用などがふんだんに配合されています。

茶クマや黒クマと、厄介なクマを改善する上でアプローチしてくれます。

そのため、目の下のクマが酷い人や現在使用しているスキンケアアイテムが合わない人は、弊社商品の利用を検討してみてください。

※弊社商品をより詳しく知りたい人は、下記記事にまとめていますので、よろしければご覧になってみてください。

製品案内ページ

目の下のクマは大人だけではなく、子どもでもできます。

「若いから」と油断はできないので、きちんと予防に努めましょう。

関連記事

  1. 鮫の肝油で肌が綺麗に?保湿成分スクワランに迫る!効果から危険性まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 肌荒れはどうして起きる?発生のメカニズムから原因まで徹底解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 菌で美肌に?育菌して綺麗な肌を手に入れよう!やり方もレクチャー│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌のバリア機能とは?概要から低下する原因、対策法まとめ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. シミや黒ずみ、老化の原因に?日焼けの対策・予防法を解説します│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 肌の水分量が大事な理由と保持するための方法は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 酵素洗顔とは?肌にもたらすメリットから正しいやり方、使用頻度まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 実は知らない人が多い?スキンケアの正しい順番とやり方をマスター!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 美肌を導く生活習慣とは?8つの項目をマスターしよう!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌の水分量が大事な理由と保持するための方法は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 抗酸化作用の効果で若さをキープ!含む成分と摂取できる食材は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
PAGE TOP