美容情報

失敗しない!あなたに合う乳液の選び方は?種類別の解説もします!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

失敗しない!あなたに合う乳液の選び方は?種類別の解説もします!

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

乳液の選び方でお悩みの方も多いのではないでしょうか。

乳液といえば、化粧水や美容液に並んでスキンケアの必須アイテムです。

また、化粧水や美容液の成分を肌に閉じ込めるという非常に重要な役割を持っております。

しかし、いくら凄い役割を持っていても、自分の肌に合わないものを選んでしまうと効果が出るどころか、悪影響を与える危険があります。

そうならないためにも、乳液の正しい選び方を知っておきたいですよね。

今回は、あなたに合う乳液の選び方をまとめさせていただきました。

乳液の選び方は?3つのポイントを解説!

乳液を選ぶ際には、値段や口コミだけで判断するのではなく、正しいポイントを抑えた上で選ぶ必要があります。

中でも、今からお話する3つのポイントは重要なので覚えておきましょう。

保湿力が高いものを選ぶ

1つ目のポイントは、保湿力が高いものを選ぶ事です。

では、どうやって保湿力の高さを調べれば良いのか。

一般的に、保湿力があると言われているのは下記成分です。

・BG(1,3-ブチレングリコール、ブチレングリコール)
・DPG(ジプロピレングリコール)
・グリセリン

ただ、保湿成分は配合される組み合わせによって保湿力が変化するため、必ずしも上記成分が良いとは限りません。

ですので、成分との組み合わせも意識する必要がございます。

保湿力が高い組み合わせは、以下のパターンです。

・グリセリンとBG
・グリセリンとヒアルロン酸ナトリウム
・濃グリセリンとトレハロース

成分を見る際は、保湿力そのものが高い成分および保湿力が高くなる組み合わせを意識して選ぶと良いでしょう。

べたつきは許容できる?使用感を意識しよう

乳液を選ぶときは使用感を意識する事も大事です。

使ってみたものの、べたつきが強くて自分に合わないというケースも考えられます。

そうなると、乳液そのものに不快感を持ってしまい、継続するのが苦痛となってきます。

ただ、保湿力が高いものほど、どうしてもべたつきが強くなる傾向にあります。

べたつきを気にされる方は、多少保湿力が弱いものを選ぶか、グリセリンよりもべたつきの少ないBGが多く配合されている乳液を選ぶと良いでしょう。

自分に合った種類のものを選ぶ

乳液には色々と種類が存在し、1つずつ効果が異なってきます。

自分の肌の状態や生活状況を見直した上で、あなたに合う種類の乳液を選んで頂けたらと思います。

※乳液の種類については、後ほど詳しく解説いたします。

乳液の種類

先ほども解説しましたが、乳液はいくつかの種類がございます。

一般的には、以下の4種類に分けられます。

・保湿乳液
・UV乳液
・ティント乳液
・皮脂抑制タイプ

種類ごとに役割は異なってきますので、きちんと把握しておきましょう。

では、1つずつ解説していきます。

保湿乳液

保湿乳液は、肌を保湿するために使われるタイプの乳液です。

一般的な乳液は、このタイプだと思って頂けたらと思います。

肌からの水分蒸発を防ぐ事が目的なので、化粧水や美容液を使用した後に使うのがメジャーなやり方です。

また、水分蒸発を防ぐという事で朝晩のスキンケアはもちろん、日中の乾燥が気になった時などに使用するのもアリでしょう。

UV乳液

UV乳液は、一般的な乳液にUVケアの効果が付随された乳液の事です。

肌を保湿するがてら、日焼けによるシミやそばかすの防止にも役立ちます。

ただ、UV乳液には1つだけ欠点があります。

それは、夜(寝る前)のスキンケアには、おすすめできないという事です。

なぜなら、紫外線をカットする成分は肌に負担がかかってしまうから。

通常日焼け止めの成分はクレンジングで落としますが、UV乳液を使用してしまうと、クレンジングで落とした意味がなくなってしまいます。

そのため、基本は日中限定の乳液です。

朝のスキンケアはUV乳液、夜のスキンケアは保湿乳液と分けると良いでしょう。

ティント乳液

ティント乳液は、保湿乳液と化粧下地が一緒になったタイプの事です。

UV乳液は日焼け防止が一緒にできるのに対し、こちらは化粧下地が一緒にできてしまいます。

ですので、化粧水・美容液で肌を整えた後にティント乳液を使用すれば、そのままファンデーションを乗せてメイクを始められます。

また、中にはUVカット効果を備えたタイプもありますので、日焼け防止と両立する事も可能です。

その代わり、UVカットが付いているものは、夜のスキンケアにはおすすめできないので注意してください。

皮脂抑制タイプ

皮脂抑制タイプは、ビタミンC誘導体など皮脂の分泌を整える効果を持つ成分が含まれている乳液です。

肌のテカリや毛穴の黒ずみ、ニキビなど、オイリー肌が原因でお悩みの方におすすめです。

また、UV乳液やティント乳液と違って夜のスキンケアに使用する事もできます。

これ一本で全てのスキンケアが可能に?「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」!

まだどんな乳液を利用するか決まっていない方。

そういった方は、弊社が提供する「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」の利用を検討してみてください。

Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリームは、高濃度の高級美容保湿成分35種類を贅沢に配合!

また、オールインワンタイプになりますので、これ1本だけで「化粧水・美容液・乳液・クリーム・マスク・化粧下地」の役割を果たせてしまいます。

一本でほとんどのスキンケアができてしまうため、時間の短縮や出費の節約とコスパ抜群です。

高級成分が含まれたKohana(コハナ) オールインワンジェルクリームで、スキンケアを楽に済ませてみませんか?

※商品について詳しく知りたい方は、下記ページからご確認頂けます。

製品案内ページ

関連記事

  1. スクラブ洗顔とは?知っておきたいメリット・デメリット、注意点まとめ|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 肌黒から卒業!肌を白くする方法5選!簡単にできる方法あります│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 菌で美肌に?育菌して綺麗な肌を手に入れよう!やり方もレクチャー│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 10代でもできる!?ほうれい線の原因とは?対処方法も解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. シンエイクとは?表情ジワの悩みが解消?効果や副作用を詳しく解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 肌のテカリは脂性肌の可能性大!日常生活に潜む6つの原因とは?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 実は多い毛穴トラブルの種類!原因と対策法を知って毛穴レスへ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 美顔器とはどんなもの?種類の紹介からメリット、デメリットまで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. メイクを落とさずに寝る人は要注意!その理由とスキンケア方法まとめ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. インナードライとはどんな状態?乾燥肌や脂性肌との違い、対策方法まとめ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 人間の肌に潜むニキビダニとは?肌の健康と肌荒れを起こす謎に迫る│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP