美容情報

石油由来成分の化粧品とは?使われるようになった歴史から危険性の有無まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

石油由来成分の化粧品とは?使われるようになった歴史から危険性の有無まで

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

化粧品を探している時に、石油由来成分という言葉を目にすることも多いのではないでしょうか?

石油と聞くと、何となく体に良くないイメージがありますよね。

ただ、実際のところはどうなのでしょうか?

本記事では石油由来成分についてじっくり解説いたします。

石油由来成分の化粧品とは?

石油由来成分の化粧品とは、石油を原料に作られた成分が含まれた化粧品の事です。

つまり、ガソリンや軽油などと同様に使われている石油と同じなんですね。

これを聞くと、やはり石油由来成分は体に悪いイメージが根付いてしまうでしょう。

そんな石油がなぜ化粧品に使われるようになったのでしょうか?

石油由来成分の化粧品が使われるようになった理由は?

時は遡ること18世紀後半。

当時、世界では産業革命が起き、様々なモノが大量に生産されていました。

モノが生産される際、良い素材として選ばれたのが石油です。

石油は素材の中でも、特に安くて手に入れられやすい事から、重宝されました。

産業革命が起きた当初は、主に車の燃料で使われていましたが、後に合成界面活性剤を開発します。※合成界面活性剤とは、石油などを原料に作られた界面活性剤です。

これを機に、洗剤やシャンプー、そして化粧品が石油から作られるようになりました。

安価で手に入る石油であれば、製造会社からしても低コストで済むため、消費者に安く提供することができます。

こうした背景から、石油由来成分の化粧品が作られるようになったのです。

危険?石油由来成分の化粧品は利用しない方がいい?

石油由来成分の経緯をご理解いただけたところで、問題は「石油由来化粧品は利用しても大丈夫なのか?」ですよね。

結論を申しますと、石油由来成分の化粧品を使用したからと必ずしも肌荒れが起きるとは限りません。

なぜなら、化粧品は開発から市場に出回るまで複雑な工程を経ているからです。

厳しい品質検査に合格し、ようやく商品として販売できます。

極端な話、危険と判断された化粧品は販売すらできません。

万が一、石油由来成分が危険と判断された場合、それこそニュースになるでしょう。

石油=危険と思いがちですが、化粧品では基本的に安全なものだと思っていただいて大丈夫です。

石油由来成分が肌に合わない事も

基本的に安全とされる石油由来成分ですが、人によっては肌に合わないこともあります。

ここで言う危険とは、重篤な副作用とかではなく、軽い赤みやかぶれ、乾燥などの肌荒れが起きてしまうことです。

また、石油由来の中にも色々な成分が存在します。

例えば、石油由来の成分Aは大丈夫だけど、成分Bが合わないというケースも考えられます。

そのため、石油由来=危険と判断するよりは、その製品に含まれている成分を疑ったほうがいいかもしれません。

石油由来に限らず肌に合わない成分はある

ここまで石油由来成分の安全性・危険性に触れてきましたが、リスクが含まれるのは石油由来に限った事ではありません。

石油由来成分以外に、動物由来成分や植物由来成分、ヒト由来の成分などが存在しますが、これらも100%ではありません。

合う人もいれば、合わない人もいます。

人それぞれ好き嫌いがあるように、化粧品の相性も異なりますので、自分に合う化粧品を見つける事が大事です。

化粧品の使い方にも気を付けよう

使用している化粧品が合わないのは、石油由来とか成分以前に、別の原因が潜んでいる可能性があります。

本段落では、その一例を紹介します。

肌質が合っていない

化粧品の中には肌質に合わせて作られたものもあります。

例えば、「乾燥肌は水分が不足しているから油分が多めに含まれている」、「脂性肌はテカりやすいから、油分は控えめ」など、製品ごとに用途があります。

元々肌のテカリで悩んでいる人が、油分量の多いアイテムを使用したところで、余計にテカってしまいますよね。

化粧品が合わないと感じた場合は、現在ご自身が使用されているアイテムがどういったものなのかを、今一度見直しましょう。

スキンケアのやり方を間違えている

化粧品の効果を発揮するには、正しいスキンケアを行ってなんぼです。

例えば、以下の項目に該当してはいませんか?

・1日に何回も洗顔を行う→洗顔は原則、朝と晩の1日2回

・使うアイテムの順番を間違えている→いきなり保湿クリームを塗ってしまうなど

・使用量が多すぎるor少なすぎる→適量を守って使うことが大事

このように、化粧品はただ使えば良いわけではありませんので、スキンケアを行う際は気を付けましょう。

肌荒れの要因が別にある

肌荒れの要因は、化粧品に限った事ではありません。

不規則な生活習慣によってターンオーバーが乱れる事で、肌荒れに繋がる可能性もあります。

「睡眠時間は短くないか?」、「喫煙や飲酒の頻度が高くないか?」、「ストレスが溜まりすぎていないか?」など、ご自身の生活習慣を見直すといいでしょう。

化粧品は外面のサポートがメインなので、内面を整える場合、生活習慣の見直しと改善が大事です。

化粧品にお悩みの方へ!Kohana(コハナ)オールインワンジェルクリーム

石油由来成分を始め、世の中には数えきれないほどの化粧品が存在します。

ごまんとあるアイテムから、どれを選ぼうかお悩みの人も多いのではないでしょうか?

そうした方は、弊社の製品「Kohana(コハナ)オールインワンジェルクリーム」を検討してみてください。

弊社製品は、高濃度の高級美容成分35種類を配合しております。

高い保湿力を含む成分、老化予防で役立つ抗酸化作用、再生力のEGF、昨今注目のヒト脂肪細胞順化培養液など、肌のサポートに役立つ成分ばかりです。

また、高濃度なので、肌の奥にまでしっかりと浸透し、成分の効果が発揮されやすくなります。

製品の詳細は別途ページにまとめていますので、ご興味のある方は引き続きご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 肌に優しいミネラルコスメとは?5つのメリットと3つの注意点│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 基礎化粧品とは?6つの種類と使うときの注意点を教えます!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 美顔器とはどんなもの?種類の紹介からメリット、デメリットまで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 女性の憧れ!肌をしっとりさせる方法とは?注意点まで密着!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. なぜできる?みんな大嫌い「ニキビ」が増える原因と対策法に迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 肌荒れの救世主?グリチルリチン酸2Kを徹底解説!効果から副作用まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 肌に悪影響を与える糖化とは?メカニズムと対策法に迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 秋の肌荒れ「秋枯れ肌」は夏の紫外線が関係している?正しい対策をマスターしよう│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 塩が肌にもたらす美容効果とは?おすすめのスキンケア方法も紹介!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 実は多い毛穴トラブルの種類!原因と対策法を知って毛穴レスへ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 美顔器とはどんなもの?種類の紹介からメリット、デメリットまで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP