美容情報

実は多い毛穴トラブルの種類!原因と対策法を知って毛穴レスへ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

実は多い毛穴トラブルの種類!原因と対策法を知って毛穴レスへ!

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

肌荒れ症状の1つに毛穴トラブルが挙げられます。

くっきりと目立つ毛穴を見て、憂鬱な思いをされる人も多いことでしょう。

そんな毛穴トラブルですが、実は色々な種類があるのをご存知でしょうか?

本記事では、代表的な毛穴トラブルと対処法に迫ってまいります。

毛穴にお悩みの方は、ご参照ください。

毛穴の仕組みを知ろう

そもそも毛穴とは、どういう仕組みなのか?ですよね。

人間の肌には皮溝(ひこう)という溝と、皮丘(ひきゅう)という盛り上がった溝の2パターン存在します。

そして、皮溝と皮丘が交ざり合っている部分にあるのが毛穴です。

毛穴は皮脂を分泌し、皮脂膜を作る役割があります。

皮脂膜によって肌が保護され、肌の水分量を調節したり乾燥を防いだりできます。

毛穴トラブルの種類と原因

肌に重要な役割をもたらす毛穴ですが、それでもくっきりと目立つのは嫌ですよね。

毛穴トラブルは主に5種類挙げられます。

1つずつまとめましたので、見てまいりましょう。

開き毛穴

開き毛穴とは、毛穴の形が丸く開いた状態の事です。

額から鼻にかけたTゾーンと呼ばれる部分で起きます。

Tゾーンは皮脂の過剰分泌が起きやすい箇所としても知られており、脂性肌の人ほど起きやすい毛穴トラブルです。

よくいう「いちご鼻」と呼ばれる状態も、開き毛穴によって引き起こされています。

男女共に見られやすく、食生活やホルモンバランスなど、原因は様々です。

また、角栓を除去することで、毛穴が開いたままの状態になることもあります。

詰まり毛穴(黒ずみ毛穴)

詰まり毛穴とは、毛穴に溜まった皮脂が古い角質と混ざり合い、毛穴を詰まらせている状態です。

開き毛穴と同様で鼻にできやすいですが、詰まり毛穴は少し膨らんでいてポツポツみたいなものが特徴となっています。

最初の内は白いですが、改善されないと酸化して黒ずんでいきます。

また、毛穴が開いている場所に光が当たると影ができ、それで黒く見える場合もあります。

こうして黒く見える事から、黒ずみ毛穴とも呼ばれています。

たるみ毛穴

たるみ毛穴とは、老化現象によって肌がたるんだ際に、毛穴までたるんだ状態の事です。

水のしずくや涙のように垂れた形をしている事から、たるみ毛穴と呼ばれています。

概要説明からイメージが付く通り、原因は加齢にあります。

人は若い時ほど肌のハリや弾力がありますが、これはコラーゲンやエラスチンといった成分のおかげです。

コラーゲンやエラスチンは歳を重ねるほど減少し、これにより肌を支える力が弱まります。

その結果、肌と毛穴の両方がたるんでしまうのです。

メラニン毛穴

メラニン毛穴とは、毛穴が色素沈着を起こす事で毛穴が黒く見える状態の事です。

黒く見える事から、詰まり毛穴と似ている部分があります。

メラニン毛穴の場合、紫外線を浴びたり皮膚が炎症したりすることでメラニンが大量に生成され、肌に現れた症状です。

いわゆるシミが発生するメカニズムと、同じものと思っていただければ幸いです。

詰まり毛穴と似てはいますが、あちらは触ったときにザラザラするのに対し、メラニン毛穴は触ってもザラザラしないのが特徴です。

乾燥毛穴

乾燥毛穴とは、人間の肌内部の角質という部分が水分不足になって引き起こされる状態の事です。

角質が水分不足になると、肌表面の凹凸(キメ)が乱れて毛穴の周囲が乱れてしまいます。

凹んだ部分が影となり、毛穴が目立ってしまうのです。

その名の通り、乾燥肌になると起きやすくなります。

見出し3:毛穴トラブルの対策方法

様々な種類のある毛穴トラブルですが、対策方法は共通しています。

本段落では5つの方法をご紹介いたします。

洗顔は毎日しっかりと

肌に汚れが蓄積されると、毛穴トラブルとして現れる事があります。

蓄積された汚れを落とすためには、洗顔を毎日行うことが大事です。

水洗いで汚れを落とし、その後は化粧水や美容液を塗布してスキンケアに努めましょう。

ただ、洗顔でもやりすぎは良くないです。

洗顔のやりすぎは必要な皮脂を落とし、肌の乾燥を招いてしまうことがあります。

洗顔を行うのは、朝(起床後)と晩(風呂上がり)の1日2回と覚えておきましょう。

メイクをする人はクレンジングも行う

余談ですが、メイクをされている人はクレンジング剤で落としましょう。

なぜなら、メイク汚れは水洗いや一般の洗顔料では落とし切れないからです。

クレンジング洗顔をしてから、いつものスキンケアに移りましょう。

洗顔は優しく行う

洗顔は肌に刺激を与えないように、優しく行います。

ゴシゴシ洗うと肌に刺激が加わって、皮脂膜ことバリア機能にダメージを与えてしまいます。

バリア機能へのダメージは角質層の水分が減少する事にも繋がりますので、優しく丁寧に行うことが大事です。

例えば、泡タイプの洗顔料なら手で洗うよりは、泡でコロコロ転がすように洗います。

ジェルタイプの洗顔料なら極力手が触れないように、そっと塗っていく感じですね。

割れ物を扱うようなイメージで、肌も丁寧に扱いましょう。

保湿を行う

洗顔が完了しましたら、仕上げに保湿を行いましょう。

保湿はスキンケアにおける蓋のようなもので、潤いを閉じ込める役割があります。

肌から水分が蒸散するのを防止し、角質層の水分を保持できます。

これにより肌のバリア機能が安定し、様々な毛穴トラブルを対策できます。

角栓は無理に押し出さない

毛穴が気になると、つい中にある角栓を押し出したくなるでしょう。

しかし、角栓を押し出しても手に付いた雑菌が毛穴に入り込み、肌にダメージを与えるだけです。

角栓はスキンケアをきちんと行うことで自然に無くなります。

無理に押し出して悪化させるより、地道なやり方で着実に改善しましょう。

早く解決したい人向けに!ピーリングや酵素洗顔

毛穴トラブルをスピーディーに解決したい人は、ピーリングや酵素洗顔を導入してみるといいでしょう。

ピーリングは古い角質のケア、酵素洗顔は酵素の力で毛穴の詰まりを解消します。

毛穴トラブルが長期間に渡って続く場合は、これらの方法を実践してみてください。

ただし、ピーリングも酵素洗顔も肌に負担がかかりやすいので、頻繁にやることはおすすめしません。

ピーリングなら2週間に1回、酵素洗顔なら1週間に1~2回ぐらいの頻度で済ませましょう。

毛穴トラブルの対策に!Kohana(コハナ)オールインワンジェルクリーム

今回お話した毛穴トラブルですが、弊社製品でもサポートできます。

弊社の製品「Kohana(コハナ)オールインワンジェルクリーム」は、保湿に優れた成分や老化予防に役立つ抗酸化作用などが配合されております。

毛穴トラブルと相性が良いので、導入を検討してみてください。

なお、製品の詳細は下記ページにまとめていますので、詳しく知りたいという方は、そちらからご覧いただけます。

製品案内ページ

弊社製品を活用し、毛穴レスを目指していきましょう。

関連記事

  1. 抗酸化作用の効果で若さをキープ!含む成分と摂取できる食材は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 10代でもできる!?ほうれい線の原因とは?対処方法も解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 飲酒は肌荒れの元?アルコール摂取でもたらす肌荒れの例と対策法!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 日焼け止めの正しい選び方は?SPFとPAの違い、7つの種類まで徹底解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 目の下のクマが酷い・治らない人必見!種類別の原因と対処法まとめ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 収れん化粧水とは?毛穴が引き締まるメカニズムに迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 肌に悪影響を与える糖化とは?メカニズムと対策法に迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 秋の肌荒れ「秋枯れ肌」は夏の紫外線が関係している?正しい対策をマスターしよう│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 塩が肌にもたらす美容効果とは?おすすめのスキンケア方法も紹介!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 実は多い毛穴トラブルの種類!原因と対策法を知って毛穴レスへ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 美顔器とはどんなもの?種類の紹介からメリット、デメリットまで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP