美容情報

塩が肌にもたらす美容効果とは?おすすめのスキンケア方法も紹介!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

塩が肌にもたらす美容効果とは?おすすめのスキンケア方法も紹介!

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

塩といえば、食事で摂りいれる事が多いのではないでしょうか?

おにぎりや調味料など、様々な場面で使いますよね。

そんな塩ですが、なんと美容効果がある事でも知られています。

そこで本記事では、塩が肌にもたらす影響を紹介いたします。

今後のスキンケアのご参考に頂ければ幸いです。

肌に美容効果をもたらす海塩とは?

今回お話する塩は、海塩(かいえん)が該当します。

海塩とは、海水から精製した塩の事です。

海塩の元である海水は、人体のミネラル濃度と栄養素濃度が同じと言われています。

具体的には、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、カリウムなどが豊富に含まれています。

これらは人間の体にも含まれている成分です。

そのため、人間と海塩はマッチし、美容効果に期待できます。

海塩がもたらす美容効果5選

海塩がもたらす美容効果について、具体的に迫ってまいります。

5つの効果をまとめました。

保湿効果

ミネラルの1種であるマグネシウムは、角質層に吸収されて保湿力が上がると言われています。

保湿といえばスキンケアに不可欠な要素で、肌に潤いを与えて閉じ込める役割があります。

角質層の水分が保持されることで肌のバリア機能が安定し、様々な肌荒れ対策ができます。

吸着効果

海塩の持つ吸着効果は、肌にこびりついている老廃物を取り除くことも可能です。

老廃物が取り除かれることで、毛穴の詰まりを予防でき、ニキビなどの肌荒れ対策に繋げられます。

発汗作用

海塩は発汗作用を高める事でも知られております。

というのも、人間は汗が流れることで体温の低下を防ぎ、ターンオーバーを促進させることができます。

ターンオーバーの促進で、古い細胞の排出と新しい細胞の誕生がスムーズに行われ、肌は健康な状態を保てます。

ピーリング効果

吸着効果と似ているのですが、海塩にはピーリングといって、角質を除去する役割もあります。

角質が溜まってお悩みの人は、海塩を活用されてはいかがでしょうか?

もっとも、ピーリングは正確に言うと海塩そのものではなく、海塩が含まれた洗顔料にピーリング作用をもたらすアイテムが多いという感じですね。

一応、海塩と関連性があることでピックアップいたしました。

殺菌効果

海塩には発汗作用による水分の放出で、菌(微生物)に必要な水分が不足します。

微生物が生きにくい環境になることで、必然と殺菌効果へと繋がるのです。

菌が繁殖すればニキビや炎症を招きますので、塩で対策できるのは大きな強みと言えます。

海塩を活用したスキンケア方法

続いて海塩を活用したスキンケア方法を紹介いたします。

3つまとめましたので、今後に活用してみてください。

自分で混ぜて塩洗顔

海塩を使った洗顔のやり方は、とてもシンプルです。

洗面器にぬるま湯を用意し、その中にスプーン大さじ一杯を混ぜます。

後はいつも通り洗顔を行うだけです。

塩洗顔、ぜひ取り入れてみてください。

塩風呂

洗顔ではなく、入浴に海塩を取り入れるのもいいでしょう。

入浴の効果に塩が加われば、血行不良の解消に期待がもてます。

血行不良を解消し、ターンオーバーの安定に繋げましょう。

スクラブタイプの洗顔料を使用する

海塩を混ぜるのが手間に感じる人は、スクラブタイプの洗顔料を使用してみてください。

スクラブ洗顔とは、スクラブというザラザラの細かい粒子が含まれた洗顔料の事です。

スクラブには色々な種類があるのですが、その中に塩も含まれています。

塩以外には、砂糖、重曹、こんにゃく、米ぬかなどが挙げられます。

材料によって肌への負担は変わりますが、塩洗顔に拘る方は塩が配合されたタイプの洗顔料を使用してみてください。

ただ、塩はスクラブの中でも肌に負担がかかりやすい方なので、スクラブ洗顔初心者には、こんにゃくや米ぬかがおすすめです。

さらに、こんにゃくや米ぬかでも、やりすぎると肌への負担はかかります。

スクラブ洗顔は、週に1~2回に済ませておきましょう。

海塩の洗顔を行うときの注意点

美容効果に役立つ海塩ですが、注意点もあります。

2つのポイントをまとめましたので、見てまいりましょう。

使いすぎには注意する

海塩は使いすぎると、肌にダメージを与えてしまう可能性があります。

例えば、発汗作用なら言い方を変えると、水分が放出されることを意味します。

そのため、使用頻度によっては肌の乾燥を促進させるリスクも考えられます。

肌の水分が不足しては、せっかくの保湿効果も無駄となってしまうでしょう。

他に気を付けたい要素として、ピーリング効果が挙げられます。

ピーリングは角質を剥がす際に、肌への負担がかかります。

そのため、頻度にやることはおすすめしません。

こうした事から、海塩を使った洗顔は週に1回ぐらいに留めておくといいでしょう。

肌に合わない人もいる

これは体質にもよるのですが、中には海塩と相性の合わない人もいます。

先ほど解説したピーリング効果も相まって、特に敏感肌の人とは相性が悪いかもしれません。

一度使用しただけで肌荒れ症状が見られた場合は、使用を止めましょう。

海塩だけじゃない!Kohana(コハナ)オールインワンジェルクリーム

今回は海塩をテーマに解説しましたが、海塩も結局はサポート要素に過ぎません。

綺麗な肌を保つためには、ご自身に合ったスキンケアアイテムを使うことが大事です。

「現在使用している化粧品が合わない」、「どんな化粧品を使用すればいいか分からない」といった方は、弊社製品を検討してみてください。

弊社の製品「Kohana(コハナ)オールインワンジェルクリーム」は、高い保湿効果や老化予防、再生力、ヒト幹細胞など、様々な働きをもたらしてくれます。

さらに、オールインワンタイプなので、スキンケアを楽に済ませることもできます。

製品の詳細は別途ページにまとめていますので、ご興味のある方は引き続きご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 失敗しない!自分に合うアンチエイジング化粧品の正しい選び方とは?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 実は複雑な肌の仕組み!でも分かりやすく解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 美容成分アスコルビルグルコシドとは?効果から副作用、摂取方法まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 高い化粧品と安い化粧品の違いは?あなたに合った選び方も解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 肌の水分量が大事な理由と保持するための方法は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 肌のたるみを防止!弾力を取り戻して若々しさをキープしよう|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 肌に悪影響を与える糖化とは?メカニズムと対策法に迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 秋の肌荒れ「秋枯れ肌」は夏の紫外線が関係している?正しい対策をマスターしよう│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 塩が肌にもたらす美容効果とは?おすすめのスキンケア方法も紹介!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 実は多い毛穴トラブルの種類!原因と対策法を知って毛穴レスへ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 美顔器とはどんなもの?種類の紹介からメリット、デメリットまで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP