美容情報

花粉症と肌荒れの関係!くしゃみや鼻づまりだけでは済まない理由とは?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

花粉症と肌荒れの関係!くしゃみや鼻づまりだけでは済まない理由とは?

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

毎年流行する花粉症。

くしゃみや鼻づまりの症状で、お悩みの人も多いのではないでしょうか。

しかし、花粉症には鼻の症状だけではなく、肌荒れが起きることでも知られています。

あなたが抱える肌荒れの悩みは、花粉症が関係しているかもしれません。

そこで本記事では、花粉症と肌荒れの関係、予防・対策法をまとめました。

くしゃみや鼻づまりだけではなく、肌荒れもしっかりと対策していきましょう。

くしゃみや鼻づまりだけではない!花粉症で肌荒れに繋がる理由

花粉症といえば、くしゃみや鼻詰まりのイメージが強いですよね。

しかし、肌荒れが起きる原因の1つとしても挙げられます。

なぜなら、アレルギー反応が皮膚で起きているからです。

花粉が肌に付着すると、外的刺激として反応します。

刺激により、肌にかゆみが生じたり赤みが出たりするのです。

ちなみに、花粉によって肌トラブルが起きた状態を花粉皮膚炎といいます。

花粉皮膚炎は、主に若い女性が発症すると言われています。

バリア機能の低下が招く花粉皮膚炎

通常は肌のバリア機能が働いて、花粉が付着しても皮膚内に侵入するのを防ぐことができます。

しかし、バリア機能が低下していると肌が外的刺激から守れなくなってしまいます。

そのため、僅かな刺激でも花粉皮膚炎が起きてしまうのです。

例えば、鼻をかんだりマスクを付けたり、顔を擦ったりしたときですね。

バリア機能が低下する要因は、主に肌の乾燥や生活習慣の乱れ、腸内環境の乱れなどが挙げられます。

次の段落では、これらの要因にピックアップして対策法を解説いたします。

花粉症で肌荒れを起こさないには?予防・対策法まとめ

先ほども解説した通り、花粉による肌荒れは肌のバリア機能が大きく関係しています。

したがって、肌のバリア機能を持続することがポイントとなってきます。

では、どのようにすれば肌のバリア機能を持続できるのでしょうか?

本段落では、予防・対策法をまとめました。

洗顔と保湿をきちんと行う

肌を守る上で基本中の基本ともいえるのが、洗顔と保湿です。

洗顔では肌の汚れを落とし、水分を与えます。

そして、仕上げの保湿でしっかりと蓋をし、水分の蒸発を防ぎます。

これにより肌の潤いを保つことができて肌のバリア機能も強化されます。

ただ、洗顔を行う際、間違えたやり方を行うのはNGです。

例えば、洗顔時に思い切りゴシゴシする、冷たい水や暑いお湯で洗ってしまうなどですね。

間違えた洗顔は肌に刺激を与え、肌トラブルに繋がります。

正しくやってこそ意味があるので、洗顔は以下のやり方を参考にしてみてください。

①手を綺麗にしてぬるま湯で顔を洗う

②洗顔料を泡立てる

③優しく洗顔料をつける ※イメージとしては泡で転がす感じ

④Tゾーンから順番に顎と顔全体を洗顔する

⑤ぬるま湯で1分ほどすすぐ

⑥清潔かつふわふわなタオルで水分を拭き取る

⑦最後に保湿を行う

大まかにはこのような流れです。

洗顔のやり方をもっと詳しく知りたいという方は、下記ページにまとめていますので、一度ご覧になってみてください。

こちらのページでは、間違えた洗顔方法についてもまとめています!

知らない人多数?正しい洗顔の方法をマスターしよう!NGな例も解説

花粉が触れないようにする

花粉が原因である以上、花粉に触れないようにすることも大事です。

マスクやメガネ、つばの広い帽子などのアイテムを活用しましょう。

不要不急の用事であれば、花粉飛散量が多い日は外出を控えるのも1つの手です。

また、外出時に限らず、洗濯物を取り入れるときも注意しましょう。

洗濯物を干している間に花粉が付着していることがあります。

洗濯物を取り入れる際は、きちんと払ってあげましょう。

ただ、払うだけだと全て落とし切るのは難しいので、空気清浄機などを使って室内に入った花粉を取り除く必要があります。

付着したら取り除く

触れないようにするのはもちろんですが、付着したら取り除くことも大事です。

顔に付着した花粉を落とすには洗顔が最適と言われていますが、洗顔のやりすぎは肌に必要な皮脂まで落としてバリア機能を低下させてしまいます。

そのため、洗顔を行うよりは、濡れティッシュで顔を軽く拭き取るぐらいがいいでしょう。

花粉以外にも!肌を刺激しない

花粉だけに目がいきがちですが、それ以外の要因でも肌に刺激を与えてしまうことはあります。

顔を掻いたり洗顔で思い切りゴシゴシしたりと、様々な外的要因が潜んでいます。

顔を触る際は、肌を刺激しないように気を付けましょう。

生活習慣を改善していく

生活習慣が乱れると、皮膚細胞を生まれ変わらせるターンオーバーに支障が生じ、健康な細胞が生まれにくくなります。

健康な肌が生まれないことで、同時に肌のバリア機能も低下します。

睡眠不足や食生活の偏り、飲酒、喫煙などに該当する人は改善に努めましょう。

ただ、一度に全て行うのは難しいですし、逆にストレスになりかねません。

ポイントは少しずつ改善することです。

例えば、「タバコを1日1箱吸う人は半分に減らす」、「油系の食べ物を毎日から数日に1度にする」といったイメージですね。

少しずつやることで、ストレスを抑えつつ生活習慣の改善に努められます。

腸内環境を整える

人の免疫機能の7割は腸にあります。

腸内環境が乱れると、体の免疫機能が崩れやすくなり、肌荒れに繋がることがあります。

逆に腸を健康にすることで、免疫機能が高まってバリア機能も安定しやすくなります。

腸内環境は「生活習慣の改善」や「食物繊維や乳酸菌を摂取する」などの方法から、整えることができます。

詳しくは下記ページにまとめていますので、よろしければ一度ご覧になってみてください。

腸内環境と肌荒れの関係性は?美肌に繋がる腸の保ち方に迫ります!

肌のバリア機能を高めて花粉皮膚炎を対策!Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム

肌のバリア機能ですが、弊社の製品でも対策することはできます。

Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリームは、高濃度の高級美容成分が35種類を配合しております。

35種類の中には保湿力に優れた成分が多数含まれており、乾燥肌にアプローチすることが可能です。

乾燥肌はバリア機能が低下している状態でもあるため、乾燥の改善はバリア機能の安定にも繋がることを意味します。

ですので、現在使用している化粧品が合わないという場合は、弊社製品の利用を検討してみてください。

また、詳細は下記ページにまとめていますので、弊社製品について詳しく知りたい人は一度ご覧いただけると幸いです。

製品案内ページ

関連記事

  1. 肌のカサカサが酷い方へ!乾燥肌の原因と解消法を伝授いたします│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 保湿が強力?ベタインとはどんな成分?乾燥肌に有効な5つの理由!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 人間の肌にも存在!ワックスエステルの効果に注目!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 美容成分アラニンとは?3つの効果、安全性・副作用に迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. グレープフルーツが美容に効果あり!苦手な人も果皮油で摂取できる?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 肌のたるみを防止!弾力を取り戻して若々しさをキープしよう|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 実は多い毛穴トラブルの種類!原因と対策法を知って毛穴レスへ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 美顔器とはどんなもの?種類の紹介からメリット、デメリットまで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. メイクを落とさずに寝る人は要注意!その理由とスキンケア方法まとめ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. インナードライとはどんな状態?乾燥肌や脂性肌との違い、対策方法まとめ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 人間の肌に潜むニキビダニとは?肌の健康と肌荒れを起こす謎に迫る│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP