美容情報

美容成分アスコルビルグルコシドとは?効果から副作用、摂取方法まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容成分アスコルビルグルコシドとは?効果から副作用、摂取方法まで

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

美容成分の1つに、アスコルビルグルコシドと呼ばれるものがあります。

ただ、以下の疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。

・アスコルビルグルコシドって、どんな成分?美容効果が気になる
・アスコルビルグルコシドを使って肌に異変が起きないか心配
・アスコルビルグルコシドは、どう摂取すればいいのかな?

普段あまり耳にしない成分って、どうしても色々と気になってしまいますよね。

そこで本記事では、そんなアスコルビルグルコシドについて詳しくまとめました。

アスコルビルグルコシドとは?

アスコルビルグルコシドとは、ビタミンC誘導体の1種にあたる美白有効成分です。※ビタミンC誘導体は、ビタミンCを改良した誘導体のこと。

通常のビタミンCは、反応性が高く、すぐに分解したり不活性化したりします。

そのため、ビタミンCの効力が短時間で終了してしまいます。

そこで、短時間のデメリットを解消したのがアスコルビルグルコシドです。

アスコルビルグルコシドは、アスコルビン酸にグルコースを結合することで、長時間持続可能な安定した性質を持っています。

つまり、ビタミンCの成分を確実に肌に届けるために活躍するというわけです。

長時間かけて肌に残るため、通常のビタミンCよりも強力な美白効果に期待できます。

また、余談ですがこうした構造から、別名「アスコルビン酸グルコシド」とも呼ばれています。

アスコルビルグルコシドの美容効果5選

アスコルビルグルコシドは、ビタミンC誘導体の1種なので、ビタミンC誘導体がもたらす効果と共通しております。

本段落では、5つの効果に迫ってまいります。

老化防止に?抗酸化作用で活性酸素を除去

アスコルビルグルコシドには、活性酸素を除去する効果があります。

活性酸素とは、他の物質を酸化させる力が強い酸素のことです。

酸化によって、肌の健康を保つ成分が劣化し、老化が起きやすくなります。

しかし、アスコルビルグルコシドに含まれている抗酸化作用のおかげで、活性酸素を除去できます。

これが結果として老化防止になるわけです。

また、活性酸素はがんや生活習慣病などの原因でもあります。

病気の対策にも繋がるので、需要の高い成分です。

シワやたるみを改善!コラーゲン生成を促進

コラーゲンとは、真皮や軟骨などを構成する役割を持つタンパク質の1種です。

肌の真皮層でコラーゲンを作り出し、肌のハリや弾力をキープするために働きかけてくれます。

これにより、シワやたるみの対策に繋がるのです。

シミ対策に!メラニン生成の抑制、排出の促進

メラニンとは、肌や髪の毛などの色を構成する色素のことです。

通常、人間の体に必須の要素ですが、紫外線を大量に浴びたり肌に刺激を与えたりすると過剰に分泌されます。

その結果、肌の一部分が濃い色(シミ)で目立ってしまうのです。

アスコルビルグルコシドは、そんなシミの元となるメラニンの生成を抑制したり排出を促進させたりする効果があります。

還元効果もあるので、既にできているシミを薄くするのにも有効です。

ターンオーバーの促進

アスコルビルグルコシドは、ターンオーバーの促進でも活躍します。

ターンオーバーとは、肌が生まれ変わる周期のことです。

人間の肌は、通常決まった周期の中で細胞の入れ替わりが行われます。

新しい細胞が生まれ、古い角質が体外に排出されることで、健康な肌を保つことができます。

ところが、何かしらの要因でターンオーバーの周期が乱れると、古い角質が一向に肌から排出されません。

シミが中々消えないのも、ターンオーバーの乱れが大きく関係しています。

しかし、アスコルビルグルコシドの元であるビタミンCは、ターンオーバー促進の働きで知られているため、ターンオーバー対策にも有効なのです。

先ほど解説したメラニン排出の促進も、ターンオーバーの周期が安定してこそ成り立ちます。

紫外線対策に?抗炎症作用

抗炎症作用とは、炎症を抑える作用のことです。

紫外線を過剰に浴びると、ご存知の通り日焼けします。

日焼けは、肌の炎症によって起きているものです。

しかし、アスコルビルグルコシドを摂取することで、抗炎症作用が働き、日焼けしづらくなります。

アスコルビルグルコシドに副作用はある?

アスコルビルグルコシドは、医薬外部品の有効成分として認められて25年以上使われています。 

しかし、25年使われてきた中で大きな副作用は発表されていません。

そのため、安全性においては問題ない成分であると思っていただいて大丈夫です。

ただし、人によっては、軽いかゆみや赤みが出ることはあります。

これらの症状は、アスコルビルグルコシドに限らず、他の安全性のある成分にも言えることです。

どうしても心配な人は、使用前にパッチテストを行っておくとよいでしょう。

アスコルビルグルコシドを摂取する方法

概要でもお話した通り、アスコルビルグルコシドはビタミンCを改良して作られた成分です。

そのため、基本的には化粧品を通じて摂取する形となります。

アスコルビルグルコシドを摂取したい人は、化粧品の成分表から確認するといいでしょう。

アスコルビルグルコシドを配合!Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム

アスコルビルグルコシドは普段あまり聞き慣れない成分ですが、調べてみると多くの美容効果を持っていることが分かりました。

シミ対策から老化防止、ターンオーバーの促進など、様々な働きがあるので、積極的に摂取したい成分です。

ただ、近くの薬局などでアスコルビルグルコシドが含まれている化粧品を探しても、中々見つからないことがあります。

そこで、活躍するのが弊社製品「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」です。

Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリームには、アスコルビルグルコシドを含む高濃度の高級美容成分が35種類も含まれています。

アスコルビルグルコシド以外にも、シミや老化防止に活躍する成分が多数あります。

例えば、シアバターやリジン、オタネニンジン根エキス、ダイス種子エキスなどでしょうか。

成分の種類については、下記製品ページに詳しくまとめてありますので、気になる人は一度ご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 肌荒れの救世主?グリチルリチン酸2Kを徹底解説!効果から副作用まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 肝臓と肌の関係は?肝機能を上げて肌荒れ防止に努めよう!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 肌のたるみを防止!弾力を取り戻して若々しさをキープしよう|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. グルタミン酸がもたらす美容効果とは?ヒントは保湿力にあり!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 血行不良で肌荒れに?血流を促進させて肌を整える!原因から対処法まで|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 肌荒れの危険あり?化粧品の防腐剤の効果と種類を解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 酵素洗顔とは?肌にもたらすメリットから正しいやり方、使用頻度まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 実は知らない人が多い?スキンケアの正しい順番とやり方をマスター!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 美肌を導く生活習慣とは?8つの項目をマスターしよう!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌の水分量が大事な理由と保持するための方法は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 抗酸化作用の効果で若さをキープ!含む成分と摂取できる食材は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
PAGE TOP