美容情報

皮脂の過剰分泌には要注意!程よい分泌量で肌を清潔に保とう!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

皮脂の過剰分泌には要注意!程よい分泌量で肌を清潔に保とう!

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

肌のテカリやニキビなどの肌荒れに、お悩みの人も多いのではないでしょうか?

これらの原因、もしかすると皮脂の過剰分泌が原因かもしれません。

そこで本記事では、過剰分泌によって起きる症状や引き起こされる原因、対策法をまとめました。

皮脂とは?汗との違いも解説!

皮脂の過剰分泌の前に、まずは皮脂について解説します。

皮脂とは、皮脂腺と呼ばれる部分から分泌される油状の物質です。

皮膚に潤いを与えて保護する役割や、体内に溜まった老廃物や有害物質の排出を促す役割があります。

つまり、皮脂の分泌は皮膚の健康に不可欠な要素なのです。

ところが、皮脂が過剰に分泌されると、逆に肌荒れを引き起こす可能性が出てきます。

皮脂と汗の違いは?

皮膚から出る液体と聞いて、汗を思い浮かべた人もいるのではないでしょうか?

しかし、皮脂と汗では役割が異なります。

汗は体に溜まった熱を放出し、体温を下げてくれます。

簡単に言うと体温調節ですね。

夏を中心に暑くなるとたくさん汗をかくのは、体温調節が行われていることを意味します。

これに対し皮脂腺は、先ほども解説した通り、皮膚の健康や潤いを保つために老廃物を排出してくれるものです。

そのため、2つは似ているようで全く異なるものだと思っておきましょう。

皮脂の過剰分泌が起きるとどうなる?

本来肌を守ってくれるはずの皮脂ですが、過剰分泌が起きると肌に悪影響を及ぼします。

では、具体的にどういった症状が起きるのでしょうか?

冒頭でも軽く触れましたが、主に肌のテカリやニキビなどが該当します。

本段落では、2つのトラブルを詳しく解説いたします。

肌がテカりやすくなる

皮脂の過剰分泌は言い換えれば、油がたくさん出ていることを意味します。

料理に使う油でもたくさんかけるほど、テカったりベタついたりしますよね。

それと同じで、皮脂の過剰分泌が起きると肌がテカりやすくなります。

ニキビが発生しやすくなる

皮脂が過剰分泌されると、皮脂を好物とし、ニキビの原因でもあるアクネ菌が繁殖しやすくなります。

アクネ菌が繁殖すれば、必然的にニキビの発生リスクも上がってくるのです。

皮脂の過剰分泌が起きる原因と対策法

皮脂の過剰分泌は、どういった原因から引き起こされるのでしょうか?

本段落では、対策法を交えて解説いたします。

脂肪分や糖分を摂りすぎている

揚げ物やお菓子など、多くの人が好物とする食べ物ですが、脂肪分や糖分が多く含まれております。

脂肪分や糖分は、皮脂の過剰分泌を促してしまう成分として知られております。

普段はもちろん、肌荒れにお悩みの方は食生活を見直しましょう。

そして、皮脂を分泌させる成分がある一方、分泌を抑える成分もあります。

それがビタミンB2やB6です。

ビタミンB2やB6は、以下の食べ物に多く含まれているので参考にしてみてください。

・ビタミンB2:レバー(豚・牛・鶏)、ハツ(豚・牛・鶏)、うなぎ蒲焼き、焼きのり、干ししいたけ、唐辛子、アーモンド、納豆など

・ビタミンB6:にんにく、ピスタチオ、唐辛子、ドライバナナ、マグロ、牛レバー、かつお、鶏肉、そばなど

肌の乾燥!皮脂内の水分や油分が不足している

肌が乾燥していても、皮脂は過剰分泌されます。

肌が乾燥していると、皮膚内にて「乾燥を防止しよう」という信号が出され、普段よりも余分に皮脂を分泌します。

肌が乾燥しているからと油断は禁物です。

乾燥を防止するためには、洗顔をしっかりと行い、保湿で肌に潤いを与えてあげる必要があります。

その他、生活習慣の見直しや紫外線対策を行うなど、乾燥肌を防止するのが大事です。

洗顔のやりすぎで皮脂が取れている

洗顔のやりすぎは、肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

皮脂が少なくなると、肌の乾燥で解説した状況と同じく皮膚内にて「皮脂を増やさなければ」という信号が出されます。

これにより、皮脂の過剰分泌が起きてしまうのです。

洗顔は基本的に朝と夜で1日2回だけ行うようにしましょう。

顔が汚れた場合とかは別ですが、軽い汚れや汗などの場合は、濡れティッシュで拭き取る程度で大丈夫です。

ホルモンバランスが乱れている

思春期や月経など、ホルモンバランスの乱れも皮脂の分泌を促します。

ホルモンバランスは生理現象でもあるので、完璧に防ぐのは難しいでしょう。

しかし、ストレスの発散や良質な睡眠をとるなど、生活習慣を改善することで肌荒れを防ぎにくくできます。

刺激を与えている

顔の肌は非常なデリケートな部分で、少し触れるだけでも刺激となることがあります。

顔を掻いたり洗顔でゴシゴシ洗ったりする人は要注意です。

私生活ではなるべく肌に刺激を与えないよう気を付けていきましょう。

例えば、洗顔でもゴシゴシ洗うのではなく、泡で転がすように洗うことで、刺激を与えずに済みます。

スキンケアのサポートに!Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム

弊社が提供する「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」でも、皮脂の過剰分泌を対策することはできます。

Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリームは、高濃度の高級美容成分が35種類配合したオールインワンタイプの化粧品です。

35種類の成分の中には、乾燥肌対策に効果のある保湿成分も多数配合されております。

そのため、本記事でお話した皮脂の過剰分泌を対策することもできます。

また、弊社製品には他にも抗酸化作用や再生力、近年話題のヒト脂肪細胞順化培養液と様々な効果が備わっています。

詳しい内容は下記ページにまとめていますので、製品に興味のある人は一度ご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. なぜできる?みんな大嫌い「ニキビ」が増える原因と対策法に迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 弱酸性の肌は健康の証?美肌キープに繋がる理由と保つためのポイントを解説!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 肌にいい食生活を送るには?美肌の栄養素6選と食生活の注意点│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 顔の湿疹はなぜ起こる?原因から予防・対処法まで解説します│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 美容クリームとは? 乳液との違いや正しい使い方を教えます!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 睡眠と美容の関係性は?良質な睡眠をとって美肌を手に入れよう│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 酵素洗顔とは?肌にもたらすメリットから正しいやり方、使用頻度まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 実は知らない人が多い?スキンケアの正しい順番とやり方をマスター!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 美肌を導く生活習慣とは?8つの項目をマスターしよう!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌の水分量が大事な理由と保持するための方法は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 抗酸化作用の効果で若さをキープ!含む成分と摂取できる食材は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
PAGE TOP