美容情報

良く聞くけど分からない!オーガニック化粧品とは?メリット・デメリット│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

良く聞くけど分からない!オーガニック化粧品とは?メリット・デメリット

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

オーガニック化粧品を耳にすることは多いのではないでしょうか?

オーガニックという名前から、何となく肌に良さそうなイメージを持ちますよね。

そんなオーガニックですが、どういうものなのか。

本記事では、オーガニック化粧品について解説いたします。

ミネラルコスメやナチュラルコスメとの違い、メリット・デメリットをまとめました。

オーガニックコスメとは?

オーガニックコスメは有機栽培といって、農薬や化学肥料に頼らずに育てた植物を原料に使用した化粧品のことです。

一般的な化粧品には、石油由来成分や合成着色料などの化学成分が配合されていますが、これらは多量摂取すると肌に負荷がかかりやすくなります。

そこで、肌への負荷を考慮して開発されたのが、オーガニックコスメというわけです。

ただ、オーガニックコスメといっても、具体的な定義が存在するわけではありません。

日本には国が定めるオーガニック認証がなく、成分の中に1%でも含まれていれば、それだけでオーガニックコスメと記載することができてしまいます。

ナチュラルコスメやミネラルコスメとの違いは?

オーガニックコスメと似たもので、ナチュラルコスメやミネラルコスメと呼ばれるものがあります。

これらとオーガニックコスメが混在する人も多いのではないでしょうか?

まずナチュラルコスメは、植物エキスを多く含んだ化粧品のことです。

一見オーガニックコスメと同じに感じますが、こちらは必ずしも有機栽培の植物を使っているわけではなく、化学成分が配合されているものもあります。

続いてミネラルコスメは、酸化チタンや酸化亜鉛、酸化鉄、シリカ、マイカなど、天然鉱物を主成分とした化粧品のことです。

植物か鉱物かの違いですね。

いずれも一般的には肌に優しいと言われていますが、オーガニックコスメと同様に明確な定義はありません。

オーガニックコスメのメリット3選!

ここまで概要を解説してきましたが、もう少し具体的にオーガニックコスメの特徴に迫っていきます。

3つのメリットをまとめました。

肌に優しい

概要でも少し触れましたが、オーガニックコスメは基本的に化学成分を使用していません。

使用していたとしても、通常の化粧品に比べて量は少なめです。

肌に優しい商品となっており、肌荒れが起きやすい方でも安心して使用することができます。

肌が持つ本来の機能をサポートしてくれる

私達人間は体にダメージを受けても、すり傷などの軽い症状であれば、自然に治癒することがほとんどです。

これは体が持つ回復機能によって成り立ちます。

しかし、歳を重ねたり普段から肌にダメージを与えすぎたりすると、肌の機能は低下していきます。

オーガニックコスメには、肌が持つ回復機能をサポートする役割があります。

十分に取り入れることで、肌の働きを正常化へと導くことが期待できます。

リラックス効果がある

オーガニックコスメには、天然の精油が含まれているものが多いです。

精油によっては心地よい香りを出すものも多く、リラックスすることができます。

スキンケアの時間が少しでも心地よいものになれば、これに越した事はないでしょう。

要注意!オーガニックコスメのデメリット

肌に優しいなど、メリットの多いオーガニックコスメですが、デメリットも潜んでいます。

5つのデメリットをまとめました。

必ずしも全員の肌に合うとは限らない

肌への負担を考慮して作られたオーガニックコスメですが、必ずしも全ての人に合うとは限りません。

稀なケースではありますが、オーガニックでアレルギー反応が現れる可能性も考えられます。

自然由来だからと、絶対に安全だとは考えないようにしましょう。

心配な方は使用の前に、パッチテストを行っておくといいでしょう。

すぐに効果が出るわけではない

オーガニックコスメに限らず、どんなに良い化粧品を使ってもすぐに効果が出るとは限りません。

肌にはターンオーバーといって、肌の細胞が生まれ変わる周期が存在します。

どうしても時間を要するので、1日~2日と即時性には期待しないように。

一般の化粧品とほとんど変わらない化粧品もある

先ほども解説しましたが、オーガニックコスメは日本で定める明確な認証がありません。

極少量でもオーガニックが含まれていれば、オーガニックと言えてしまうのが現状です。

ただ、国が定める認証機関はなくても、民間が定める認証機関なら存在します。

民間の認証機関では、独自に設けた厳しい審査基準でオーガニックを認証しています。

認証が通ると、製品には認証マークが付くようになります。

代表例として挙げられるのは、「日本オーガニックコスメ協会」と「エコサートジャパン」ですね。

特にエコサートジャパンは、海外でも実績のある認証機関です。

そのため、オーガニックコスメを購入される際は、認証マークがあるかを確認しておきましょう。

値段が高いため

オーガニックコスメは自然由来のものを使う関係で、通常の化粧品に比べて原材料が高めです。

メーカーや量で価格は変動してきますが、製品1本で数千円ほど掛かるのもあります。

購入の際は、予算も視野に入れて選ぶようにしましょう。

長期間の保存はできない

通常の化粧品は、化学成分を入れることで長持ちさせられます。

しかし、化学成分を抑えているオーガニックコスメは、その分使用期限が短くなりがちです。

一度開封したら、1ヶ月~2ヶ月と短期間で使い果たす必要があります。

オーガニックコスメ以外にも!Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム

美容業界でも有名なオーガニックコスメは、肌への優しさから注目を浴びています。

しかし、明確な定義が存在しない事から、通常の化粧品と変わらないものもゴロゴロと出回っています。

オーガニックコスメを利用される際は、成分表や認証マークなど、自分の目できちんと確認した上で選ぶようにしましょう。

また、本記事ではオーガニックコスメを中心に解説しましたが、弊社の製品もあなたのスキンケアをお手伝いします。

弊社の製品「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」は、昨今注目を浴びているヒト脂肪細胞順化培養液を配合しています。

アンチエイジングを目的とした美容関連商品に配合されていることが多く、主にシワの予防や美白効果、傷跡や炎症の解消などに期待できます。

それ以外にも、高い保湿力や抗酸化作用を含んだ成分が多数配合されております。

オーガニックコスメとは違った強みがありますので、前向きにご検討ください。

詳しい内容は下記製品ページにまとめていますので、一度ご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 化粧水の効果が倍増!?肌への浸透力を高める7つの方法!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. エイジングケアとは?概要から始める年齢、6つのやり方を解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. グルタミン酸がもたらす美容効果とは?ヒントは保湿力にあり!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. メラニンとはなに?過剰分泌には要注意!減らす方法も解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 失敗しない!あなたに合う乳液の選び方は?種類別の解説もします!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 乾燥?テカリ?厄介な混合肌の原因と対処法を解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 飲酒は肌荒れの元?アルコール摂取でもたらす肌荒れの例と対策法!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 洗顔後に感じる肌のベタベタは?対処法と簡単に使える便利アイテムの紹介!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 角質肥厚とは?肌にもたらす5つのトラブル!原因と気になる対策法│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 男性と女性の肌の違いは?男女別に起きやすい肌荒れの原因にも触れます!│Kohana オールインワンジェルクリーム
  5. 美容効果が見込める!化粧品に含まれる動物由来成分11選!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP