美容情報

ピーリングとは?メリットとデメリットを理解して正しく行おう!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

ピーリングとは?メリットとデメリットを理解して正しく行おう!

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

ピーリングという言葉を一度は、耳にしたこのある人も多いのではないでしょうか?

「スキンケアにはピーリングを」とよく言いますが、具体的にどういった効果をもたらすのか気になりますよね。

そこで本記事では、ピーリングの概要からメリット・デメリットを詳しくまとめました。

ピーリングとは?

ピーリングとは、肌に蓄積された古い角質を取り除くことです。

剥ぎ取るを英語でpeelといって、語源はそこから来ています。

通常、角質はターンオーバーによって剥がれ落ちる仕組みとなっています。

しかし、肌の不調などの理由でターンオーバーが乱れると、角質が剥がれ落ちないままです。

古い角質が残った状態が続くと、肌のバリア機能が低下し、乾燥肌やニキビなどの肌荒れに繋がってしまいます。

ホームピーリングとメディカルピーリングの違い

ピーリングは、自分で行うホームピーリングと皮膚科やクリニックなどに足を運んで施術を行うメディカルピーリングの2種類あります。

いずれもピーリングなので、やること自体は大して変わりません。

しかし、メディカルピーリングは、医師や専門知識のあるスタッフが施術を行うことや市販されていない医薬品などが使われます。

ホームピーリングより値段は掛かる分、レベルの高い施術を受けられて効果も出やすいです。

一方、ホームピーリングは市販のピーリング剤で始められるので、手軽にできて値段もリーズナブルに抑えられます。

スクラブケアとの違い

ピーリングと似たもので、スクラブケアと呼ばれるものがあります。

スクラブケアとは、スクラブという小さな粒子で摩擦を与えて角質や汚れを落とす方法です。

ピーリングとの大きな違いは、肌に与える刺激でしょうか。

食器洗いで例えるのなら、ピーリングは洗剤を付けるだけに対し、スクラブケアは洗剤+ゴシゴシ洗うようなイメージですね。

スクラブケアは皮脂や汚れが落ちやすい分、肌への負担も大きくなることを理解しておきましょう。

ピーリングの効果・メリット

ここからは、ピーリングの効果をより詳しく解説いたします。

4つのメリットをまとめました。

肌の角質をスピーディーに除去できる

ピーリングの強みは、スピーディーに角質を除去できることです。

ターンオーバーが正常化すれば、剥がれ落ちにくかった角質は再び剥がれ落ちやすくなります。

しかし、ターンオーバーは最低でも1ヶ月の周期があるため、少し時間を要します。

その点、ピーリングは施術を行うことで比較的早く効果が出やすいので、その分肌荒れの改善にも早く期待できます。

くすみの対策もできる

肌がくすむ原因の1つに、古い角質の積み重ねが挙げられます。

しかし、ピーリングで角質を除去することで、肌のくすみの改善を見込めます。

いちご鼻の悩みから解放される

角質が溜まると黒ずみとしても目立ちます。

特に鼻の部分は顕著に表れ、いちごの如くいちご鼻となってしまいます。

しかし、ピーリングで角質を落とせば、黒ずみが無くなり毛穴が綺麗になります。

嫌ないちご鼻ともおさらばです。

化粧品が浸透しやすくなる

角質が溜まっていると、化粧品も浸透しづらくなります。

角質が溜まった状態というのは、いわゆる新しい角質の上に古い角質が重なっているようなものです。

床で例えるなら、何も敷いていないと当然すぐに床は濡れます。

しかし、マットやカーペットなどの敷物があると、代わりに敷物が濡れて床が濡れることはありません。濡れたとしても、大して濡れずに済みます。

上記の例と理屈は同じで、古い角質があることで新しい角質に化粧品が行き渡りません。

ピーリングで角質を除去すれば、邪魔する物が無くなって化粧品が肌に浸透しやすくなります。

ピーリングのデメリット

角質ケアで人気のピーリングですが、やり方や状況によってはデメリットとなる場合があります。

3つのデメリットをまとめました。

やりすぎは逆効果

ピーリングの効果を実感すると、ついつい毎日のようにやりたくなるでしょう。

しかし、古い角質が無い状態でピーリングをやると、新しくて健康な角質まで剥がれ落ちてしまいます。

健康な角質が落ちると、肌のバリア機能が低下し、肌荒れが起きやすくなります。

ピーリングのやりすぎには要注意です。

肌の状態にもよりますが、2週間~1ヶ月に1回の頻度を目安に行うといいでしょう。

肌が荒れているときは控える

ピーリングはスクラブケアに比べて摩擦力は低いですが、肌に多少の刺激は与えてしまいます。

肌が敏感な人や肌に傷がある場合は、余計に刺激となる場合があるので止めておきましょう。

ピーリングを行った直後は肌のバリア機能が低下する

ピーリングはこれまであった角質を除去するため、一時的に肌がデリケートな状態となっています。

この状態は肌が乾燥しやすく、紫外線の影響を受けやすいです。

そのため、ピーリングを行った後は、普段以上に保湿と紫外線対策に気を遣うようにしましょう。

ピーリング+スキンケアで健康な肌をキープしていこう!

ピーリングは、溜まった角質を除去できる便利な方法ではあります。

しかし、ピーリングに頼りすぎても角質問題の本質的な改善には繋がりません。

なぜなら、角質が溜まる原因までは解決できていないからです。

ピーリングはあくまでも角質が溜まった後の対策法であって、角質が溜まる原因のターンオーバーを正常化させるわけではありません。

ターンオーバーを正常化させるためには、普段のスキンケアをしっかりと行うことが大事です。

弊社が提供する製品「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」は、あなたのスキンケアを徹底的にサポートします。

製品には、高濃度の高級美容成分が35種類配合されています。

高濃度なので成分がしっかりと肌の奥にまで浸透し、各成分の恩恵を受けられやすくなります。

成分には乾燥対策に役立つ保湿力、アンチエイジングでお馴染みの抗酸化作用、昨今注目のヒト幹細胞など多種多様です。

また、弊社製品はオールインワンタイプなので、こちら1本で簡単にスキンケアができてしまいます。

詳しくは下記製品ページに記載されていますので、興味のある人は一度ご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 肌の万能薬?ホホバオイルの凄すぎる効果8選!髪や頭皮にも発揮?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 化粧水の効果が倍増!?肌への浸透力を高める7つの方法!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 汚れた部屋で肌荒れが!?原因のハウスダストに迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 菌で美肌に?育菌して綺麗な肌を手に入れよう!やり方もレクチャー│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 美容の救世主!水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンの効果とは?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. ニキビ以上に厄介なニキビ跡とは?種類から対処法まで解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 酵素洗顔とは?肌にもたらすメリットから正しいやり方、使用頻度まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 実は知らない人が多い?スキンケアの正しい順番とやり方をマスター!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 美肌を導く生活習慣とは?8つの項目をマスターしよう!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌の水分量が大事な理由と保持するための方法は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 抗酸化作用の効果で若さをキープ!含む成分と摂取できる食材は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
PAGE TOP