美容情報

肌のたるみを防止!弾力を取り戻して若々しさをキープしよう|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

肌のたるみを防止!弾力を取り戻して若々しさをキープしよう

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

自分の肌を見たとき、昔と比べて何かたるみが出ていると感じることはありませんか?

肌のたるみは、弾力が失われている証拠とも言えます。

肌がたるまないようにするためには、肌の弾力をキープしていかなければなりません。

そこで本記事では、肌の弾力が失われる原因と弾力を取り戻す方法をまとめました。

肌に弾力がある状態とは?

肌の弾力とは簡単に言ってしまえば、肌がピント張ってゆるみがなく、指で押したときにぷるんとするような状態のことです。

ゴムボールに触れたときの感触をイメージしていただけると分かりやすいでしょう。

肌の弾力があることで、肌がたるんだりシワが出たりするのを防止し、若々しい肌をキープできます。

肌の弾力が失われる原因は?

肌の弾力が失われると、たるみやシワなど老化現象が現れるようになります。

では、どうして肌の弾力は失われてしまうのでしょうか?

4つの原因をまとめました。

肌が乾燥してしまっている

肌の乾燥は言い方を変えれば、肌の水分が足りていない状態を意味します。

肌の水分が不足すると、バリア機能が低下して肌内部にダメージが行き渡りやすくなります。

その際、肌の弾力を保つのに必要なコラーゲンやエラスチンが破壊されるのです。

また、肌の水分が減少する理由は、老化や保湿不足などが挙げられます。

脂肪が溜まっている

脂肪が溜まると、重さで肌を支えきれなくなってたるんでしまいます。

お腹でもあんまり太りすぎると腹がたるみますが、それと同じイメージです。

肥満化するとお腹だけではなく、顔にも影響が出てくるので気を付けましょう。

表情筋の衰え

表情筋とは、顔を動かすための筋肉です。

私達は普段当たり前のように目や口、鼻を動かしていますが、これは顔にある約30種類の筋肉が作用して成り立っています。

笑ったり怒ったり悲しんだりと、全ては表情筋なのです。

そんな表情筋ですが、肌を支える役割も持っています。

主に老化が原因で衰えますが、中にはあまり表情を動かさないという理由から表情筋が衰えるケースもあります。

よく「笑っている人よりも笑っていない人の方が老けて見える」と言いますが、あながち間違いではないでしょう。

老化を早める行動を取っている

先ほど解説した通り、老化は肌の水分が減少したり表情筋が衰えたりします。

老化は人間が生きていく上で避けては通れませんが、普段の生活習慣でさらに早めてしまいます。

例えば、偏った食生活や飲酒、睡眠不足などですね。

不規則な生活は肌内部のコラーゲンやエラスチンを減らしたり、老化の原因である活性酸素が発生しやすくなったりします。

そのため、不規則な生活習慣を送っている人は、少しずつ改善していきましょう。

肌の弾力を取り戻す方法

弾力が失われる原因を理解いただいたところで、次は肌の弾力を取り戻す方法に迫ってまいります。

4つの方法を紹介いたします。

洗顔・保湿をしっかりと行う

肌のバリア機能を守るためには、洗顔と保湿で肌に水分を与える必要があります。

朝と夜で1日2回、毎日きちんと続けましょう。

紫外線対策をしっかりと行う

紫外線を浴び続けると、肌のバリア機能にダメージを与えてしまい、コラーゲンやエラスチンが減少します。

そのため、普段の紫外線対策は必須です。

外出時はもちろん、室内でも日当たりの良い場所に長時間いるときは紫外線対策をしっかりと行いましょう。

普段から表情筋を動かすことを意識する

表情筋を鍛えることで、筋肉の衰えを防止できます。

「顔なら普段から動かしているよ」と思うかもしれませんが、普通に動かすだけでは意味がありません。

表情筋を鍛えるには、口を大きく動かす必要があります。

イメージとしては、大笑いするような感じですね。

実際に鍛えるときは大笑いとまでは言いませんが、毎日顔を大きく動かす習慣を身に付けるようにしましょう。

肌の弾力をサポートする成分を摂取する

化粧品を使うときや食べ物を食べるときに意識して欲しいのは、弾力をサポートする成分が入っているものを選ぶことです。

普段から積極的に摂り入れることで、肌の弾力が戻りやすくなります。

以下、弾力をサポートする成分と含まれている食べ物の一覧です。

・コラーゲン:豚足、豚耳、手羽先、牛すじ、うなぎ、フカヒレ、ひじき、ほうれん草など

・エラスチン:手羽先、牛すじ、軟骨など

・ビタミンC:レモン、アセロラ、キウイ、赤ピーマン、黄ピーマン、ブロッコリー、菜の花など

・ヒアルロン酸:うなぎ、魚の目、豚足、フカヒレ、すっぽんなど

Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリームで肌の弾力を!

肌の弾力は、一般的に歳を重ねるほど失われやすくなります。

しかし、生活習慣によっては20代~30代と若い内からたるんでしまう可能性もあります。

そうならないためにも、日頃から肌の弾力をキープするように努めていきましょう。

それと余談ですが、弊社の製品にも肌の弾力をサポートするための成分が含まれています。

弊社の製品「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」は、高濃度の高級美容成分35種類を配合!

その中には、本記事でも名前が出されたコラーゲンやヒアルロン酸が含まれています。

また、肌の乾燥対策に抜群な高保湿成分や、老化の元である活性酸素を除去する抗酸化作用など、たるみ予防に役立つ効果が豊富です。

上記説明を見て「製品についてもっと詳しく知りたい!」と思われた方は、引き続き下記製品ページをご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 肌のバリア機能とは?概要から低下する原因、対策法まとめ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. シートマスクとは?その役割から効果、使用時の注意点まで解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 化粧品が肌に合わない!?化粧かぶれが起こる症状と原因、対処法│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 洗顔前に必須!クレンジングの役割と必要性を徹底解説!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 菌で美肌に?育菌して綺麗な肌を手に入れよう!やり方もレクチャー│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. エイジングケアとは?概要から始める年齢、6つのやり方を解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 酵素洗顔とは?肌にもたらすメリットから正しいやり方、使用頻度まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 実は知らない人が多い?スキンケアの正しい順番とやり方をマスター!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 美肌を導く生活習慣とは?8つの項目をマスターしよう!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌の水分量が大事な理由と保持するための方法は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 抗酸化作用の効果で若さをキープ!含む成分と摂取できる食材は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
PAGE TOP