美容情報

メイクを落とさずに寝る人は要注意!その理由とスキンケア方法まとめ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

メイクを落とさずに寝る人は要注意!その理由とスキンケア方法まとめ

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

「メイクを落とすのが面倒」、「メイクを落とし忘れる事が多い」などの理由から、メイクを落とさずに寝る人も多いのではないでしょうか。

メイクぐらい・・と思われるかもしれませんが、この行為はNGです。

1日だけならまだしも、毎日のように続くと面倒な肌荒れを引き起こす可能性があります。

そこで本記事では、メイクを落とさずに寝るとどういった事が起きるのか、対処法をまとめました。

メイクを落とさずに寝るのがNGな理由

メイクを落とさずに寝るのがNGと言われる理由は、様々な肌荒れに繋がると言われているからです。

本段落では、4つのトラブルを紹介いたします。

皮脂の詰まり

メイクが肌に残っていると、毛穴が塞がれて皮脂が詰まってしまいます。

皮脂が溜まりすぎると、それを栄養源とするアクネ菌が繁殖し、ニキビが発生しやすくなります。

また、皮脂が詰まると毛穴のブツブツが目立ち、中でも鼻の部分はいちごのように見えてしまいます。

ターンオーバーが乱れる

人間の肌は、一定の周期で古い細胞と新しい細胞で入れ替わっています。

古い細胞が排出されることで、新しい細胞に生まれ変わることで肌は健康で綺麗な状態を保つことができます。

こうした肌の生まれ変わりをターンオーバーと言いますが、メイクが残ると皮膚呼吸が上手く行われず、ターンオーバーに支障が生じます。

バリア機能の低下した古い細胞が残ることで、肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。

老化の促進

メイクは紫外線や外気に触れることで、酸化します。

酸化によって老化の元となる活性酸素が発生し、シワやほうれい線、たるみなどの老化現象が起きやすくなります。

若くするためのメイクなのに、老化に繋がってしまっては本末転倒じゃないでしょうか。

目元の炎症や唇の乾燥、色素沈着

口紅やアイライナーを使用すると、メイクによる油分が皮膚上で酸化します。

酸化で目元が炎症したり、唇が乾燥したりと厄介な肌荒れに繋がります。

特にメイクを落とさない日が長期化すると、シミとして残ってしまう場合もあるので要注意です。

メイクを落とさずに寝てしまった場合の対処法

メイクを落とさないといけないと分かっていても、何かしらの理由で落とし忘れてしまうことがあるのではないでしょうか?

目が覚めた時、焦ってしまうかもしれませんが、その心配なら不要です。

本段落で紹介する5つの方法をご参考にしてみてください。

ホットタオルで温める

メイクによって塞がれた毛穴は、ホットタオルで顔を温めることによって再び開きます。

毛穴が開くことで汚れが落ちやすくなりますので、後述するクレンジング前にホットタオルで顔を温めましょう。

ホットタオルは40℃~45℃のお湯にタオルを浸し、お湯が垂れなくなるまで絞ります。※電子レンジで温める場合は、

そして、1~3分を目安に顔へかぶせてあげましょう。

「短時間で大丈夫なの?」と思われるかもしれませんが、長時間やると逆に肌が乾燥しやすくなります。

そのため、上述した時間内に済ませておきましょう。

また、時間に余裕のある方は、入浴でも構いません。

入浴は血行促進効果で筋肉の凝りもほぐせるので、疲れを取るのに最適です。

入念にクレンジングを行う

毛穴が開いたら、クレンジング剤を使って洗顔します。

クレンジング剤は、メイク落とし専用のスキンケアアイテムです。

水洗顔や一般の化粧水ではメイク汚れは落ちないので、必ずクレンジング剤を使用しましょう。

これは寝落ちに限らず、普段のメイクを落とす際にも言える事です。

ただ、寝落ちした場合、放置時間が長くなった分、より入念に行いましょう。

スキンケアに導入液を使う

導入液とは、化粧水を使用する前に塗布するもので、スキンケアの準備アイテムです。

導入液を使用することで、化粧水が馴染みやすくなり、後述する保湿効果のアップに繋がります。

保湿をしっかりと行う

メイク放置はバリア機能が低下しやすい状態でもあるため、しっかりと保湿して肌に潤いを与えましょう。

また、保湿力に不安のある人は、コットンやシートマスクを使用するといいでしょう。

これらは肌に密着するため、浸透力も高めです。

シートマスクに至っては、即時性の効果でも知られております。

翌日のメイクは薄めにする

メイクを付けて寝た翌日は、肌がダメージを受けている状態でもあります。

その日にまたメイクをすると、傷口に塩を塗るようなもの。

どうしてもメイクをされる場合は、普段より薄めに留めておきましょう。

多忙なあなたに!Kohana(コハナ)オールインワンジェルクリーム

メイクは落とすだけで時間がかかり、その後にスキンケアも控えています。

こうもやることが多いと、メイクを落とさずに寝たくなるのも無理はありません。

しかし、そうした悩みも弊社製品なら解決に貢献してくれます。

弊社の製品「Kohana(コハナ)オールインワンジェルクリーム」は、その名の通りオールインワンタイプの化粧品です。

製品1本で「化粧水・美容液・乳液・クリーム・マスク・化粧下地」と6つの役割を担います。

そのため、スキンケアの時間を大幅に短縮することが可能です。

普段どうしてもバタバタしがちな人は、弊社製品の使用を前向きに検討してみてください。

また、弊社製品はスキンケアが楽になるだけではありません。

高い保湿力を誇る成分や老化予防に役立つ抗酸化作用、再生力のEGF、ヒト脂肪細胞順化培養液など、豊富な役割が整っています。

詳しくは下記ページにまとめていますので、よろしければ引き続きご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 皮脂の過剰分泌には要注意!程よい分泌量で肌を清潔に保とう!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. お肌の天敵!シミの原因と予防法を解説!そばかすや肝斑との違いも│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 腸内環境と肌荒れの関係性は?美肌に繋がる腸の保ち方に迫ります!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 若返り説は本当?海藻が肌にもたらす驚くべき美容効果に迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 肌がくすむ5つの原因に迫る!正しい対策を取って予防していこう│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 高い化粧品と安い化粧品の違いは?あなたに合った選び方も解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 実は多い毛穴トラブルの種類!原因と対策法を知って毛穴レスへ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 美顔器とはどんなもの?種類の紹介からメリット、デメリットまで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. メイクを落とさずに寝る人は要注意!その理由とスキンケア方法まとめ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. インナードライとはどんな状態?乾燥肌や脂性肌との違い、対策方法まとめ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 人間の肌に潜むニキビダニとは?肌の健康と肌荒れを起こす謎に迫る│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP