美容情報

抗酸化作用の効果で若さをキープ!含む成分と摂取できる食材は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

抗酸化作用の効果で若さをキープ!含む成分と摂取できる食材は?

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

人間誰しも加齢は避けられません。

しかし、願う事ならいつまでも若々しい肌でありたいですよね。

老化を抑えたいとき、鍵となるのが抗酸化作用と呼ばれる働きです。

抗酸化作用とは何なのでしょうか?

本記事では抗酸化作用の概要から含む成分、摂取できる食材まで詳しくまとめました。

老化が起きる理由

私達人間の体内には無数の細胞が存在し、日々生まれ変わっています。

しかし、細胞の再生力にも限界があり、年月が経つにどんどん減少していきます。

すると、肌の方にも変化が現れ、若さを保つために必要な成分が生成されにくくなります。

結果、顔の筋肉を支えきれなくなってシワやたるみが生じてしまうのです。

また、細胞が減少することで肌の免疫機能が低下し、活性酸素の生成を促します。

活性酸素とは、細胞を攻撃して酸化させてしまう物質のことです。

細胞が酸化すると肌の健康を保つ成分が劣化し、成分本来の働きが機能しません。

減少に劣化、2つの要素が老化を促進させてしまうのです。

ちなみに、老化がもたらす影響は肌に限った事ではありません。

高齢になると怪我の回復が遅かったり、体調を崩しやすくなったりするのは、細胞の減少や免疫機能の低下、活性酸素の増加が大きく関係しています。

本記事でお話する抗酸化作用は、生活習慣病対策にも活用できますので、引き続きご覧ください。

老化予防に活躍の抗酸化作用とは?その効果に迫る

このように、人間は年齢には勝てません。

しかし、抗酸化作用を持つ成分を摂取することで、老化の影響を抑えることができます。

抗酸化作用とは、酸化の元となる活性酸素を除去する役割のことです。

抗酸化の働きは、元々私達人間にも備わっていますが、こちらも加齢と共に減少していきます。

そのため、普段から積極的に摂り入れ、抗酸化の働きを低下させないことが大事です。

どんな食材が効果ある?抗酸化作用を含む成分

抗酸化作用の効果を発揮する成分は、どういったものなのでしょうか?

本段落では、成分の種類と摂取できる食材をご紹介いたします。

ビタミンA

ビタミンAとは、油に溶けやすい脂溶性ビタミンの総称です。

レチノールやレチナール、レチノイン酸、β-カロテンなどが該当します。

そして、この中でも特に高い抗酸化を誇るのがβ-カロテンです。

β-カロテンは主に緑黄色野菜に含まれていますが、生だと吸収率が悪く、油と一緒に摂ることで吸収率が上がります。

野菜炒めなどの料理で摂取されるといいでしょう。

ビタミンA(β-カロテン)を含む食材の一例は以下の通りです!※抗酸化作用の高い野菜のみをまとめます。

・ほうれん草
・ピーマン
・モロヘイヤ
・しその葉
・にんじん
・春菊
・西洋かぼちゃ

ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの生成を促すことでも知られている成分です。

コラーゲンは、ハリや弾力をキープさせる役割を持ちます。

抗酸化作用も合わさって、老化予防に期待できます。

ただ、体内では合成できない成分なので、野菜や果物を通じてなるべく毎日摂取しましょう。

ビタミンCを含む食材の一例は以下の通りです。

・アセロラ
・キウイフルーツ
・ゆず
・レモン
・いちご
・赤ピーマン
・ブロッコリー
・芽キャベツ
・カブ
・菜の花

ビタミンE

ビタミンEは、ビタミンAと同じく脂溶性の成分です。

強力な抗酸化作用で、細胞膜にあるリン脂質の酸化を防ぐことができます。

ビタミンEを含む食材の一例は以下の通りです。

・アーモンド
・ヘーゼルナッツ
・落花生
・ひまわり油
・オリーブオイル
・にじます
・すじこ
・ツナ缶
・すけどうだら(たらこ)
・鰻
・ぶり
・モロヘイヤ
・西洋かぼちゃ
・ドライトマト
・卵黄

ポリフェノール

ポリフェノールは、野菜を含む植物に存在する苦味や渋味の成分となる化合物のことです。

大半の野菜に含まれており、その種類は数千以上にも及びます。

代表的なものとして、カテキンやアントシアニン、カカオポリフェノールなどが挙げられます。

抗酸化作用以外にも、視力回復や動脈硬化予防などの働きでも有名です。

ただ、摂取後の体内に留まる時間が短いため、毎日摂り入れる必要があります。

ポリフェノールを含む食材の一例は以下の通りです。

・緑茶
・紅茶
・ココア
・チョコレート
・コーヒー
・プルーン
・ブルーベリー
・玉ねぎ
・赤ワイン
・大豆

成分摂取だけじゃない!活性酸素の増加を防ごう!

抗酸化作用を摂取することは大事ですが、老化の元となる活性酸素の増加を防ぐことも大事です。

活性酸素は酸素を取り込んだ際に、一部が変化する仕組みとなっています。

しかし、生活習慣次第では増加を助長させてしまいます。

以下の内容に該当する人は要注意です。

・アルコールの大量摂取
・喫煙
・紫外線を大量に浴びている
・ストレスが溜まっている
・食生活の偏り

活性酸素の原因に関する詳細は、下記ページにまとめています。気になる方は一度ご覧になってみてください。

老化を促進させる活性酸素とは?仕組みと対処法を簡単に解説します!

スキンケアで抗酸化作用を!Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム

抗酸化作用は食材以外にも、スキンケアアイテムから摂取することもできます。

弊社の製品「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」も、強力な抗酸化作用をふんだんに配合しております。

一例として以下の成分が挙げられます。

・ビルベリー葉エキス
・酢酸トコフェロール
・ホホバオイル
・グレープフルーツ果皮油
・シアバター

また、弊社製品は他にも高い保湿力を含む成分や、昨今注目を浴びているヒト脂肪細胞順化培養液が高純度で含まれています。

製品の詳細は別途まとめてありますので、そちらもよろしければ一度ご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 洗顔前に必須!クレンジングの役割と必要性を徹底解説!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 初心者でも分かる?化粧下地の正しい選び方を簡潔に解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 洗顔料の種類5選!メリット・デメリット、あなたに合うものは?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 保湿効果で注目?美容成分グリセリンがもたらす効能を解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 皮膚の回復をサポート!ターンオーバーの驚くべき効果と早くする方法とは?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. シクロペンタシロキサンとは?肌にもたらす効果と副作用を解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 酵素洗顔とは?肌にもたらすメリットから正しいやり方、使用頻度まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 実は知らない人が多い?スキンケアの正しい順番とやり方をマスター!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 美肌を導く生活習慣とは?8つの項目をマスターしよう!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌の水分量が大事な理由と保持するための方法は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 抗酸化作用の効果で若さをキープ!含む成分と摂取できる食材は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
PAGE TOP