美容情報

ホルモンバランスの乱れと肌荒れの関係性!予防するには?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

ホルモンバランスの乱れと肌荒れの関係性!予防するには?

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

ある日、急に肌荒れが起きることも珍しくもありません。

心当たりが無いにも関わらず、肌荒れが起きる場合、もしかするとホルモンバランスの乱れが関係しています。

ホルモンバランスの乱れは男女問わずありますが、特に女性は避けて通れないでしょう。

では、ホルモンバランスと肌荒れはどのような関係があるのでしょうか?

本記事では、その関係性と原因を詳しく迫っていきます。

ホルモンバランスの乱れで肌荒れが起きる理由は?

ホルモンバランスが乱れる原因は、主に男性ホルモンの「テストステロン」、女性ホルモンの「プロゲステロン」が関係しています。

本段落では、2つのホルモンに迫っていきます。

テストステロン

テストステロンとは、男性ホルモンに分類されるステロイドホルモンで、男性ホルモンにおける主要のホルモンでもあります。※ステロイドホルモンとは、人間を含む脊椎動物や節足動物に作用するホルモンです。

テストステロンは、前立腺や精巣など男性生殖組織の発達、筋肉や骨量、体毛の成長を促進、骨粗鬆症を予防する働きがあります。

ただ、一方で脂性肌の元となる皮脂を多く分泌したり、シミの元となるメラニンを大量に生成したりします。

テストステロンは、主に思春期に多く分泌されます。

中学生~高校生にニキビが発生しやすい理由は、テストステロンが関係していると言えるでしょう。

プロゲステロン

プロゲステロンとは、女性ホルモンの黄体ホルモンに当たります。

女性が出産をする際、子宮を妊娠の準備をさせるように変化させます。

いわゆる月経が起きる周期というのは、プロゲステロンによるものだと思っておきましょう。

そのため、妊娠したときでも出産までの間、妊娠を維持させることができます。

妊娠において不可欠なホルモンですが、皮脂を分泌させたりメラニンの生成を促進させたりするというデメリットもあります。

月経前後になると、プロゲステロンが大量に生成され、ホルモンバランスが乱れます。

これにより、脂性肌や角栓の目立ち、シミなどが起きてしまうのです。

ホルモンバランスが乱れる原因

では、なぜホルモンバランスは乱れてしまうのでしょうか?

ホルモンバランスが乱れる4つの原因に迫っていきます。

月経

女性に当てはまりますが、月経時になるとプロゲステロンが過剰に分泌されます。

女性ホルモンには、もう1つエストロゲンと呼ばれるものがあります。

エストロゲンは、コラーゲンの生成を促して肌にハリやツヤを与えてくれます。

ところが、月経が起きるとプロゲステロンが過剰に分泌されて、エストロゲンの働きは弱まります。

エストロゲンとプロゲステロンの分泌が釣り合わなくなり、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。

ストレス

身体的なストレスや精神的なストレスは、自律神経の乱れに繋がります。

自律神経が乱れると、脳の機能が低下してホルモンの分泌が上手く行えなくなります。

そのため、過度なストレスはホルモンバランスが乱れてしまうのです。

思春期

テストステロンの項目で解説しましたが、思春期は他の年代に比べてテストステロンが多く分泌されます。

そのため、ホルモンバランスも乱れやすいです。

不規則な生活

「睡眠時間が取れていない」や「食事が偏っている」など、不規則な生活はホルモンに悪影響を与えます。

体に健康なホルモンが十分に作られず、バランスが乱れてしまうことがあります。

肌荒れを阻止!ホルモンバランスの乱れを対策する方法

ホルモンバランスは人間の身体上、完璧に予防するのは難しいです。

しかし、対策することで多少は抑えることができます。

本段落では、5つの対策法を解説いたします。

ストレスを発散する

人間は生きていく以上、ストレスは避けて通れません。

そのため、ストレスが溜まってしまうのは仕方ないことです。

ただ、ストレスを溜めたままにするのではなく、発散する必要があります。

趣味に没頭するなど、気分転換を心がけましょう。

質のいい睡眠をとる

睡眠には心身をリラックスさせる効果があります。

ポイントは質のいい睡眠をとることです。

質のいい睡眠と聞くと、長時間睡眠を思い浮かべる人もいるでしょう。

もちろん、睡眠時間を確保するのも大事ですが、ただ長時間寝ればいいわけではありません。

なぜなら、長時間睡眠でも寝起きが悪いと睡眠の質を確保できていないからです。

睡眠の質を高めるためには、脳を落ち着かせる必要があります。

そのためには、「入浴は1時間前に済ませる」、「睡眠の直前にスマホやパソコンをいじらない」などを徹底しましょう。

そうすることで寝つきが良くなって、質のいい睡眠をとれやすくなります。

食生活を意識する

食生活を変えるだけでも、ホルモンバランスが整いやすくなります。

例えば、肉ばかり食べている人は、魚や野菜も摂り入れたほうがいいでしょう。

また、食材の中にはホルモンバランスを整える成分が備わったものもあります。

有名な例として大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあることで知られています。

イソフラボンは、豆腐や納豆、味噌など、大豆類に含まれています。

他にも、ホルモン代謝に働きかけるビタミンB6、ホルモンバランスの分泌を整えるビタミンEなどが挙げられます。

ビタミンB6は、マグロやカツオ、ささみやレバー、にんにくなどに含まれています。

ビタミンEは、すじこや鰻、アーモンド、ドライトマト、落花生などに含まれています。

血行を促進させる

体が硬くなっていると、血流が悪くなってホルモンバランスにも影響を与えます。

そのため、「お風呂にきちんと浸かる」、「ストレッチやヨガで体をほぐす」などして体をほぐしてあげましょう。

血流が良くなると、体内に溜まった老廃物をスムーズに排出できたりターンオーバーを正常化させたりできます。

まとめ

本記事では、ホルモンバランスと肌荒れの関係性をまとめました。

ホルモンバランスは月経や思春期なども関係してくるので、100%の予防は難しいかもしれません。

しかし、きちんと対策を行えばホルモンバランスが多少は乱れても、肌荒れを最小限に抑えられる可能性があります。

ホルモンバランスによる肌荒れにお悩みの人は、本記事でお話した内容を参考にしてみてください。

関連記事

  1. 女性の憧れ!肌をしっとりさせる方法とは?注意点まで密着!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 人間の肌にも存在!ワックスエステルの効果に注目!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 肌のたるみを防止!弾力を取り戻して若々しさをキープしよう|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 体と美容に不可欠なタンパク質とは?効果から摂取の注意点まで!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 10代でもできる!?ほうれい線の原因とは?対処方法も解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. シートマスクとは?その役割から効果、使用時の注意点まで解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 実は多い毛穴トラブルの種類!原因と対策法を知って毛穴レスへ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 美顔器とはどんなもの?種類の紹介からメリット、デメリットまで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. メイクを落とさずに寝る人は要注意!その理由とスキンケア方法まとめ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. インナードライとはどんな状態?乾燥肌や脂性肌との違い、対策方法まとめ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 人間の肌に潜むニキビダニとは?肌の健康と肌荒れを起こす謎に迫る│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP