美容情報

飲酒は肌荒れの元?アルコール摂取でもたらす肌荒れの例と対策法!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

飲酒は肌荒れの元?アルコール摂取でもたらす肌荒れの例と対策法!

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

お酒といえば、飲みすぎると体に良くないイメージがあります。

それは当然肌にも言えることです。

男女問わず、飲酒は大人の趣味の1つと言えます。

しかし、それで綺麗な肌が崩れてしまっては本末転倒ですよね。

そこで本記事では、アルコール摂取によってもたらされる肌荒れの例を紹介し、対策法もまとめました。

アルコールの大量摂取で起きる肌荒れの一例

早速アルコール摂取で起きる肌荒れについて見てまいりましょう。

5つの例をまとめました。

脱水症状で乾燥肌に

「飲むのに脱水症状が起こるの?」と思ってしまいますよね。

アルコールは体内に入った際、アセトアルデヒドという成分に変わります。

アセトアルデヒドは、分解を行う際に多量の水分を消費します。

これに加え、もう1つ気を付けたいのが利尿作用です。

アルコールには利尿作用が含まれており、大量摂取することでトイレの頻度が上がります。

トイレの頻度が上がるだけでも面倒ですが、問題なのは排尿を繰り返すことで体内の水分まで排出されてしまうことです。

これにより、脱水症状が起きやすくなり、肌も乾燥してしまいます。

ニキビ

お酒やビールなど、アルコール飲料には塩分や糖分を多く含むものがあります。

これらを多量摂取すると皮脂の過剰分泌が起き、それを好物とするアクネ菌が増殖します。

アクネ菌はニキビの原因なので、アクネ菌の増殖はニキビに繋がってしまうのです。

赤ら顔(赤み)

酔っぱらっている人達を見ると、顔が赤くなっているのを見ますよね。

これはアルコールの血管拡張剤の作用が大きく関係しています。

アルコールを摂取すると、血管が拡張していきます。

血管が拡張しすぎると毛細血管が破裂し、末梢の血管は拡大化されたままとなります。

この状態が顔に現れたのが、赤ら顔なのです。

お酒をずっと飲んでいると、お酒を飲んでいない日でも赤い顔になってしまいます。

イメージとしては、日焼けのシミがずっと残り続けるような感じですね。

老化

アルコールが体内に入ると、体内で異物と判断されて解毒を行おうとします。

ところが、その際に活性酸素という老化を促進させる成分が現れます。

活性酸素は肌に健康をもたらす細胞を攻撃し、体を酸化させてしまうので、アルコールの多量摂取には要注意です。

目の下のクマ

お酒を飲みすぎると夜遅くまで盛り上がってしまい、睡眠時間が短くなることもあるのではないでしょうか?

睡眠時間が短くなると睡眠の質が低下し、クマができやすくなります。

アルコールが直接もたらす訳ではありませんが、関係性が高いので紹介いたしました。

また、アルコールは質の高い睡眠をとることで分解される仕組みです。

しかし、睡眠不足に陥ると分解しきれず、肝機能に負担がかかりやすくなります。

その結果、本来肌に行き渡るはずの栄養が行き届かなくなり、肌全体のバリア機能が低下してしまいます。

クマだけではなく、様々な肌荒れの要因となるので要注意です。

飲酒しても大丈夫!アルコールによる肌荒れの対策法

ここまでの話を聞いて「やっぱりお酒を飲むのは悪い事なのでは…」と思う人もいるでしょう。

しかし、お酒を飲む事自体が悪い訳ではありません。

大事なのは、肌に負担がかからない形で飲んでいく事です。

本段落では飲酒をしつつ、肌荒れ対策ができる4つの方法をまとめました。

飲酒量を減らす

定番な方法ではありますが、飲酒量を減らすだけでも肝機能への負担は抑えられます。

お酒の種類によって減らす量は変わってきますが、コップ1杯~2杯程度に収めておくといいでしょう。

お酒はガバガバ飲むというよりは、食後の軽いデザート感覚で飲むのがベストです。

おつまみを変える

お酒だけではなく、おつまみも見直した方がいいかもしれません。

例えば、ポテトチップスや唐揚げなどの脂が多く含まれている食べ物は、皮脂の分泌を促す原因にもなるのでおすすめしません。

おつまみは煮物や魚、野菜などを摂り入れるといいでしょう。

アルコール濃度の低いお酒にする

お酒をたくさん飲んでしまう人は、アルコール濃度の低いものを選ぶといいでしょう。

アルコール濃度の低いものは、ビール、カクテル、梅酒、日本酒などですね。

ただ、あくまで濃度が低いだけなので、アルコールを摂取する事に変わりはありません。

飲みすぎず、適度な量に留めておきましょう。

水もセットで飲む

水にはアルコール濃度を緩和する役割があります。

飲酒をする際は、必ず水もセットで飲むようにしましょう。

ただ、水も飲みすぎると利尿作用が高まるので、適度に済ませておくのがベストです。

スキンケアのお供に!Kohana(コハナ)オールインワンジェルクリーム

アルコールの摂取に関しましては、ご自身の努力次第とはなりますが、スキンケアのサポートなら弊社製品でもお手伝いできます。

弊社の製品「Kohana(コハナ)オールインワンジェルクリーム」は、高濃度の高級美容成分を35種類配合したオールインワンタイプの化粧品です。

製品には「乾燥対策に必須な保湿」、「老化予防に役立つ抗酸化作用」、「昨今話題のヒト脂肪細胞順化培養液」などが含まれています。

また、オールインワンタイプなので、製品1本で「化粧水・美容液・乳液・クリーム・マスク・化粧下地」の役割を果たしてくれます。

忙しい時間のスキンケアも楽に済ませられるのが強みです!

その他、成分の詳細は別途ページに記載していますので、気になる方はご覧になってみてください。

飲酒を控えつつ、弊社製品で綺麗な肌の実現を目指していただければ幸いです。

製品案内ページ

関連記事

  1. 導入液(ブースター)とは?役割や種類、正しい使い方を解説!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. スクラブ洗顔とは?知っておきたいメリット・デメリット、注意点まとめ|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 洗顔前に必須!クレンジングの役割と必要性を徹底解説!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 美容成分セリンとは?効果から副作用、摂取方法まで網羅!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 入浴で美肌効果あり?3つのメリットと効果的な入浴法5選を紹介!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 肌黒から卒業!肌を白くする方法5選!簡単にできる方法あります│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 肌に悪影響を与える糖化とは?メカニズムと対策法に迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 秋の肌荒れ「秋枯れ肌」は夏の紫外線が関係している?正しい対策をマスターしよう│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 塩が肌にもたらす美容効果とは?おすすめのスキンケア方法も紹介!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 実は多い毛穴トラブルの種類!原因と対策法を知って毛穴レスへ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 美顔器とはどんなもの?種類の紹介からメリット、デメリットまで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP