美容情報

冬の肌荒れに悩む人へ!起きやすい4種類の肌荒れと対策法を解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

冬の肌荒れに悩む人へ!起きやすい4種類の肌荒れと対策法を解説!

目次

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

寒い時期になると、乾燥などの肌荒れに悩まれる方も多いのではないでしょうか?

それは冬だからこそ起きる肌荒れ症状の可能性があります。

そこで本記事では、冬に肌荒れが起きる原因や対策方法に迫ってまいります。

寒さに負けず、肌を守っていきましょう。

冬の肌荒れは乾燥にあり?その原因に迫る

冬の肌荒れが起きる原因は、主に乾燥が大きく関係しています。

寒い時期ほど乾燥が起きやすくなる3つの原因をまとめました。

冬の気候による空気の乾燥

秋の終わりの11月~雪解けの3月初旬までは、気候の関係で空気が乾燥します。

空気の乾燥に伴い、肌の水分が失われやすくなるため、乾燥してしまうのです。

体の冷え

寒さに伴い体が冷えると血行が悪くなり、肌に必要な栄養が行き渡らなくなります。

これにより、ターンオーバーにも乱れが生じ、肌を守るために不可欠なバリア機能も低下します。

バリア機能はその名の通り、外的要因から肌を守るためのバリア(膜)なので、これが弱まると外的要因を受けやすくなり、肌も乾燥するのです。

暖房

寒い時期になると、暖房を付ける方も多いでしょう。

しかし、暖房によって部屋中が温まると、水蒸気が発生しなくなって水分が減少します。

これにより湿度の低下と空気の乾燥が発生し、肌に影響を与えてしまうのです。

冬でよく起きる肌荒れの種類

本段落でお話する肌荒れが起きる人は、なおさら冬の気候が関係しているかもしれません。

1つずつまとめましたので、参考になれば幸いです。

乾燥小じわ

乾燥小じわとは、乾燥によって生じるしわのことです。

水分のある肌は弾力が保たれていますが、水分が足りないと弾力が失われてしわが目立ちます。

乾燥に加え、老化現象にも繋がりかねません。

例えば、水風船でも水が満タンのときは弾力がありますが、水が減るとヨボヨボになりますよね。

それと同じイメージです。

乾燥性皮膚炎

乾燥性皮膚炎とは乾燥が悪化し、外部刺激によって炎症が起きた状態のことです。

痛みや赤みを始め、酷いと水ぶくれなどの症状に見舞われることもあります。

皮膚炎まで進行すると、自力で治すことは容易ではありませんので、医療機関で適切な処置を受けることをおすすめします。

くすみ

体の冷えなどの理由から血行不良に陥ると、肌のキメが乱れて凹凸による影ができます。

これがくすみとして、顔全体を暗くしてしまいます。

また、バリア機能が低下していると紫外線など、外部刺激も受けやすいです。

例えば、紫外線の場合、くすみやシミの原因でも有名なメラニンの生成を促進させます。

メラニンがターンオーバーで排出されないと、くすみとして残るのです。

ニキビ

ターンオーバーが乱れると角栓を排出しきれず、ニキビの原因でお馴染みアクネ菌の増殖を許してしまいます。

ニキビは季節問わず発生しやすいですが、冬になってよくできる場合は、乾燥や体の冷えを疑った方がいいかもしれません。

冬の肌荒れ対策5選

厄介な冬の肌荒れですが、対策することで予防できます。

5つのポイントをまとめました。

保湿を徹底する

乾燥を対策する上で不可欠なのが保湿です。

保湿は肌に潤いを与え、蓋のように閉じ込める役割があります。

この働きのおかげで水分が逃げにくくなるので、乾燥の予防にも繋がるのです。

エアコンを付けるときは加湿する

原因で解説した通り、暖房は空気の水分を奪ってしまいます。

そのため、加湿器などを用いて空気の乾燥を防止しましょう。

それか加湿機能が付いたものであれば、それと併用していくのもアリです。

また、乾燥のリスクを考えてエアコンを付けない方もいるかもしれませんが、寒さを我慢すると血流が悪くなります。

バランスを考えながら、エアコンを使っていきましょう。

水を飲む

寒い時期になると、喉が渇きにくいことから水分補給は怠りがちです。

しかし、喉は渇かなくても体は乾燥しています。

乾燥しやすい寒い時期だからこそ水分は必要なので、喉が渇いていなくても、こまめに補給しましょう。

軽い運動を行う

運動には血行を促進させる効果があり、乾燥の元となるターンオーバーの乱れを予防できます。

運動と聞くと激しいジョギングや筋トレをイメージしがちですが、ウォーキングやストレッチなどの軽いものでも構いません。

運動をすれば体が温まって寒さの克服にも繋がりますので、これを機に実戦してみてください。

その他、生活習慣やスキンケアのやり方を見直す

冬に限った事ではありませんが、不規則な生活習慣はターンオーバーが乱れる原因です。

飲酒や喫煙の頻度が多い、食事が偏っている、睡眠不足などに該当する人は要注意なので、改善に努めましょう。

後はスキンケアのやり方も大事です。

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、肌に合わない化粧品を使用したりすると、肌に負担が加わり、肌荒れに繋がってしまいます。

そのため、洗顔を行うときは優しく丁寧に、ご自身に合った化粧品を選ぶようにしましょう。

冬の肌荒れ対策に!Kohana(コハナ)オールインワンジェルクリーム

今回お話した肌荒れ対策ですが、弊社が扱う製品からも対策はできます。

弊社の製品「Kohana(コハナ)オールインワンジェルクリーム」は、高い保湿効果を含む成分が複数配合されています。

例えば、ヒアルロン酸やホホバオイル、スクワランなどですね。

また、弊社製品の成分はいずれも高濃度なので、成分の効果を保持したまま、肌の奥までしっかりと浸透させてくれます。

後は保湿力以外にも老化対策で注目の抗酸化作用や再生力のEGF、昨今話題のヒト脂肪細胞順化培養液といったものも含まれています。

幅広く活躍しますので、気になった方は引き続き下記製品ページをご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 知らない人多数?正しい洗顔の方法をマスターしよう!NGな例も解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 肌にいい食生活を送るには?美肌の栄養素6選と食生活の注意点│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 肌の万能薬?ホホバオイルの凄すぎる効果8選!髪や頭皮にも発揮?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 10代でもできる!?ほうれい線の原因とは?対処方法も解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 肌がくすむ5つの原因に迫る!正しい対策を取って予防していこう│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 肌荒れ対策になる?運動の美容効果3選!おすすめの運動法も紹介!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 知らないうちにダメージになっているかも?ブルーライトによる肌への影響や対策方法を解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. エアコンは肌荒れに影響している?エアコンで肌荒れする原因や対策方法を解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 炭水化物で肌荒れが起きる?その理由と予防のための摂取方法を解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. ホットタオルの驚くべき美容効果とは?注意点と誰でも簡単に作れる方法を解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 毛穴の黒ずみ対策に超便利!毛穴パックのメリットとデメリットに迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP