美容情報

男性と女性の肌の違いは?男女別に起きやすい肌荒れの原因にも触れます!│Kohana オールインワンジェルクリーム

男性と女性の肌の違いは?男女別に起きやすい肌荒れの原因にも触れます!

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

男女共に同じ人間ですが、肌質に細かい違いがあるのをご存知でしょうか?

肌質以外にも、男女の生活習慣で肌荒れの原因が異なってくるケースもあります。

そこで本記事では、男女の肌の違い、性別ごとに起きやすい肌荒れの原因に迫ってまいります。

男性・女性共に、綺麗な肌を目指していきましょう!

男性と女性の肌の違いは?

男性と女性の肌の違いは、大きく3つに分けられます。

1つずつ詳しく解説いたします。

皮膚の厚さ

女性よりも男性の皮膚の方が、0.5mmほど厚いと言われています。

皮膚は厚くなるほど、キメが粗くなって硬くなりがちです。

その関係で肌がザラザラと感じたり、毛穴が目立ちやすくなったりします。

男性でゴツゴツしやすいのは、皮膚の厚さが大きく関係していると言えるでしょう。

ただ、皮膚が厚いことで、その分紫外線が肌に届きにくいというメリットもあります。

シミやそばかすは、女性に比べて男性の方ができにくいとされています。

しかし、後ほど解説する「日焼け対策の怠り」も相まって、女性と変わらないどころか、女性以上に紫外線の影響を受けてしまうことがあります。

皮脂の分泌量

人間の肌は皮膚に潤いを与えたり、老廃物や有害物質の排出を促したりするために、皮脂という油状の物質を分泌します。

ただ、皮脂は過剰に分泌されると肌がテカったり、ニキビの原因でもあるアクネ菌が繁殖しやすくなったりします。

男性の肌は女性に比べて、皮脂の分泌量が2倍~3倍とされているため、肌のテカリやニキビ発生のリスクが上がってしまうのです。

しかし、皮脂は通常であれば肌の健康を保つために不可欠な成分でもあります。

過剰な分泌でなければ逆にメリットなので、これも一概に男性・女性どちらが良いかとは断言できません。

水分の量

男性の肌の水分量は、女性の50%以下とされています。

肌の水分量が少ないと、乾燥が起きやすくなったり皮脂が分泌されやすくなったりします。

というのも、水分量が少ないと肌の方で「残りの水分を守らなければ」という風に信号を出し、その際に皮脂を分泌してしまうのです。

先ほど「男性の方が皮脂の分泌量は多い」と解説したのは、水分量が大きく関係しています。

男女別に見る肌荒れの原因

次に男性と女性だからこそ起きやすい肌荒れの原因に迫ってまいります。

それぞれまとめましたので、見てまいりましょう。

男性

男性で肌荒れが起きる原因は2つあります。

1つ目は髭剃りです。

男性は髭が伸びる関係から、頻繁に髭剃りを行う人も多いでしょう。

しかし、カミソリやシェーバーは肌に摩擦を与えてしまい、バリア機能を低下させてしまいます。

その結果、肌荒れに繋がってしまうのです。

髭剃りを行うときはご自身の肌に合ったシェーバーを選び、髭処理後は手入れも行うようにしましょう。

2つ目は日焼け対策の怠りです。

男性は女性に比べて肌の事を気にしない傾向から、日焼け対策をしない人が多い傾向にあります。

これは実際の調査結果から明らかになっており、男性の8割近くが「日焼け止めを使っていない」と回答しています。

これに対し、女性は約7割が「日焼け止めを使っている」と回答しています。

調査元:みんなのライフハック

男性は女性に比べて皮膚が厚いので、その分紫外線の影響も受けにくいですが、日焼け対策を怠ることで紫外線の影響を受けてしまいます。

少し手間にはなりますが、お出かけの際は日焼け止めを塗っておきましょう。

女性

女性で肌荒れが起きる原因は2つあります。

1つ目はメイクによる肌への負担です。

女性は男性に比べて、メイクをする方が多い傾向にあります。

メイクは洗顔で落としますが、この時水洗いだけしかやっていない人は要注意です。

メイク汚れは意外に頑固なもので、水洗いだけだと落ち切らない場合があります。

残った汚れを放置すると菌が繁殖し、肌のバリア機能に影響を及ぼします。

2つ目はホルモンバランスの乱れです。

女性は月経などの理由から、男性以上にホルモンバランスが乱れます。

ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌量が増えたり、シミの元となるメラニンを大量に生成したりします。

結果、肌荒れが起きてしまうのです。

ホルモンバランスの乱れは生理現象なので、完璧に改善するのは難しいでしょう。

しかし、睡眠時間や食事など、規則正しい生活習慣を送ることで負担を最小限に抑えられます。

男女共通

その他、食生活の偏りや飲酒、喫煙、睡眠不足など、不規則な生活習慣は男女関係なく肌荒れを引き起こします。

後は洗顔のやり方にも気を付けましょう。

洗顔時にゴシゴシ洗うと肌に摩擦が加わり、逆に肌荒れが起きやすくなります。

洗顔はなるべく肌に触れないよう、優しく行うようにしましょう。

男性の肌にも女性の肌にも対応!Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム

本記事では男性と女性の肌の違い、肌荒れが起きやすい要因をまとめましたが、これらは一例です。

また、必ずしも本記事で解説した要因がきっかけで肌荒れが起きる訳ではありません。

例えば、男性でもホルモンバランスは乱れますし、女性でも日焼け対策を怠る人はいます。

ご自身がどういう生活習慣を送っているのかを理解し、それに見合った対策を行っていきましょう。

また、弊社でもスキンケアをサポートする製品を販売しております。

弊社の製品「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」は、35種類の高濃度・高級美容成分を配合したオールインワンタイプの化粧品です。

その中には、乾燥対策の保湿成分や老化対策の抗酸化作用、再生力のEGF、昨今注目のヒト脂肪細胞順化培養液などが含まれています。

「現在使用している化粧品が合わない」、「新しい化粧品への変更を検討している」方は、弊社製品を検討してみてください。

その他、詳しい内容は下記ページにまとめていますので、よろしければ引き続きご覧いただければと思います。

製品案内ページ

関連記事

  1. 花粉症と肌荒れの関係!くしゃみや鼻づまりだけでは済まない理由とは?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. ブルーベリーで美肌に?ビルベリー葉エキスの美容効果5選!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. シワの特効薬!シンコル(パルミトイルトリペプチド-5)の効果とは?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 皮脂の過剰分泌には要注意!程よい分泌量で肌を清潔に保とう!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 日焼け止めの正しい選び方は?SPFとPAの違い、7つの種類まで徹底解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 知らない人多数?正しい洗顔の方法をマスターしよう!NGな例も解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 飲酒は肌荒れの元?アルコール摂取でもたらす肌荒れの例と対策法!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 洗顔後に感じる肌のベタベタは?対処法と簡単に使える便利アイテムの紹介!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 角質肥厚とは?肌にもたらす5つのトラブル!原因と気になる対策法│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 男性と女性の肌の違いは?男女別に起きやすい肌荒れの原因にも触れます!│Kohana オールインワンジェルクリーム
  5. 美容効果が見込める!化粧品に含まれる動物由来成分11選!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP