美容情報

角質肥厚とは?肌にもたらす5つのトラブル!原因と気になる対策法│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

角質肥厚とは?肌にもたらす5つのトラブル!原因と気になる対策法

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

肌のゴワつきに違和感を抱いたり、何かと肌荒れが起きたりすることはありませんか?

その悩み、もしかすると角質肥厚が原因かもしれません。

ただ、角質肥厚だなんて言われても「何それ?」となりますよね。

そこで本記事では、角質肥厚について詳しく解説いたします。

原因と対策法にも触れてまいりますので、肌荒れにお悩みの方は参考に読んでみてください。

角質肥厚とは?

私達人間の肌には、角質と呼ばれる細胞が存在します。

角質は角質層という場所で複数に重なり、肌に必要な水分を保持し、バリア機能を高める役割があります。

しかし、肌の状況によっては角質が重なりすぎてしまい、この状態が角質肥厚です。

角質肥厚が起きると肌に必要な保湿成分が失われ、肌がゴワついたり肌荒れが起きやすくなったりします。

角質肥厚が肌にもたらす5つの肌トラブル

様々な肌荒れを起こす角質肥厚ですが、具体的にどういったトラブルが起きるのでしょうか?

5つの事例を紹介します。

毛穴の黒ずみ

角質肥厚になった肌はバリア機能が低下している関係で、毛穴に汚れが詰まりやすくなっています。

この状態を放置すると汚れが酸化し、黒ずみとなってしまうのです。

鼻がいちごのように見えるのも、黒ずみが原因と言っても過言ではありません。

ニキビ

毛穴に詰まる汚れの中には、皮脂も含まれています。

皮脂は通常肌の健康を保つ上で不可欠なものですが、溜まりすぎるとニキビの元となるアクネ菌が繁殖します。

ニキビがよくできる人は、角質肥厚を疑ったほうがいいでしょう。

シミ

後でも解説しますが、角質肥厚の肌はターンオーバーが乱れている状態を意味します。

これにより、肌内部のメラニン色素が排出されにくくなり、やがてシミとして反映されてしまうのです。

角質肥厚が直接の原因ではありませんが、角質肥厚になるとシミもできやすくなることを頭に入れておきましょう。

肌の乾燥

角質肥厚が起きると肌の潤いを保つために必要な保湿成分が減少し、乾燥しやすくなります。

肌のカサカサが気になる人は、角質肥厚を対策していきましょう。

肌のくすみ

角質が重なりすぎると肌の透明感が失われ、肌が暗くなっているように見えます。

角質肥厚の原因

先ほど角質肥厚によって起きる肌トラブルをまとめましたが、いずれもターンオーバーの乱れが原因です。

私達人間の肌は、角質を含め無数の細胞が存在しています。

細胞は日々古いものと新しいもので入れ替わり、一定の周期で生まれ変わることをターンオーバーと言います。

しかし、何かしらの要因でターンオーバーが乱れると、古い角質が肌に留まってしまいます。

角質が溜まりすぎる事で、角質肥厚が起きてしまうのです。

普段からできる角質肥厚の対策方法

角質肥厚は普段の行動で十分に対策ができます。

6つの対策法をまとめましたので、1つずつ見てまいりましょう。

洗顔は優しく行う

力を入れて洗顔すると、肌が防衛反応を起こして角質が厚くなります。

そのため、洗顔は優しく行うことが大事です。

ゴシゴシ洗うのではなく、手がなるべく肌に触れないよう意識しましょう。

例えば、泡タイプの洗顔料なら泡をコロコロと転がして洗う感じですね。

洗顔後の保湿を徹底する

角質が厚くなると保湿成分が減少するので、化粧品などを通じて保湿成分を補う必要があります。

保湿はスキンケアにおいて不可欠ですが、角質肥厚でお悩みの際は、より念入りに行いましょう。

紫外線対策を行う

紫外線を長時間浴びると肌のバリア機能が低下し、角質肥厚が起きやすくなります。

長時間紫外線に当たる場合は、必ず日焼け止めなどのアイテムで紫外線対策を行いましょう。

また、紫外線と聞いたら外だけのイメージが強いですが、室内でも要注意です。

なぜなら、紫外線はガラスをもすり抜けてしまうからです。

外出しない日でも、長時間日当たりの良い場所にいる場合は日焼け止めを塗っておきましょう。

睡眠をしっかりとる

睡眠不足に陥ると自律神経が乱れ、ターンオーバーにも支障をきたします。

「毎日2~3時間しか寝ていない」、「寝起きが悪い」という人は要注意です。

睡眠時間はしっかり確保しましょう。

また、睡眠時間を確保できても、睡眠前の行動次第では寝付きが悪くなります。

例えば、「スマホやゲームを操作している」、「カフェインやアルコールを摂取」、「激しい運動を行っている」などですね。

該当行為をしている場合は、これを機に直していきましょう。

バランスの良い食生活を心がける

食事の際、ついつい自分が好きな食べ物ばかりを摂り入れていませんか?

食生活が偏ると肌に必要な栄養素が行き渡らず、バリア機能が低下しやすくなります。

例えば、肉やジャンクフードを中心に食べている人は、魚や野菜も摂り入れるようにしましょう。

ピーリングを行う

ピーリングとは、古い角質を除去するためのケアです。

即時性が高いことで知られており、比較的短期間で角質肥厚の対策を見込めます。

自分で行うホームピーリング、皮膚科やエステで施術を受けられるメディカルピーリングの2種類あります。

高い効果を求めるならメディカルピーリングの方が安心ですが、その分料金はかかります。

また、ピーリングは効果が強力な分、毎日やると肌に負担となります。

そのため、2週間~1ヶ月に1度の頻度で行うのがベストです。

例えば、大事なイベントを控えていて「この日だけは何とか肌の状態を整えたい」という場合に向いています。

角質肥厚を予防!Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム

弊社の製品「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」にも、角質肥厚を対策する上で不可欠な保湿成分がたっぷりと含まれております。

一例を紹介しますと、グルタミン酸、ホホバオイル、スクワラン、グリセリン、ベタインなどです。

角質肥厚で悩む方のサポートをできれば幸いです。

また、弊社製品には他にも再生力や老化予防など、様々な悩みにアプローチしてくれます。

詳しくは下記ページにまとめていますので、よろしければ一度ご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 女性必見!大豆がもたらす美容効果とは?苦手な人はダイス種子エキスで!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 美容成分セリンとは?効果から副作用、摂取方法まで網羅!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 肌のたるみを防止!弾力を取り戻して若々しさをキープしよう|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 男性と女性の肌の違いは?男女別に起きやすい肌荒れの原因にも触れます!│Kohana オールインワンジェルクリーム
  5. 化粧品でよく見るソルビトールとは?効果や副作用に迫ります!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. ヒト幹細胞とは?その役割を分かりやすく解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 肌に悪影響を与える糖化とは?メカニズムと対策法に迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 秋の肌荒れ「秋枯れ肌」は夏の紫外線が関係している?正しい対策をマスターしよう│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 塩が肌にもたらす美容効果とは?おすすめのスキンケア方法も紹介!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 実は多い毛穴トラブルの種類!原因と対策法を知って毛穴レスへ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 美顔器とはどんなもの?種類の紹介からメリット、デメリットまで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP