美容情報

体と美容に不可欠なタンパク質とは?効果から摂取の注意点まで!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

体と美容に不可欠なタンパク質とは?効果から摂取の注意点まで!

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

「体を丈夫にしたいのならタンパク質」、「美肌を目指すのならタンパク質」とよく耳にすることがあります。

成分に詳しくない人でも、「タンパク質ぐらいは聞いたことがある!」という人は多いのではないでしょうか?

有名なタンパク質ですが、具体的にどんな効果と聞かれると、回答に悩みがちです。

そこで本記事では、タンパク質について解説いたします。

概要から効果、摂取方法、注意点をまとめました。

タンパク質は美容とも関係があるので、最後までご覧になってみてください。

タンパク質とは?

タンパク質とは、炭水化物と資質に並ぶ三大栄養素の1つです。

人の体は約60%が水分でできているとされていますが、15~20%はタンパク質によってできています。

また、筋肉や臓器、骨、爪、皮膚など、体のありとあらゆる部分を構成する役割があります。

私達の体がタンパク質によって形成されていると考えると、何だか奥深いですよね。

そんなタンパク質の正体は、20種類のアミノ酸の結合によってできたものです。

20種類のアミノ酸が目的に合わせて、数十~数百個単位で結合し、数万種類のタンパク質に変化します。

皮膚や爪、筋肉、骨など、同じタンパク質で作られても形状が違うのは、このためです。

そのため、タンパク質は総称に過ぎず、実際には色々な名称の成分が存在します。

例えば、肌のハリを整えることで知られる成分でコラーゲンが挙げられますが、こちらもタンパク質の1種です。

動物性タンパク質と植物性タンパク質

タンパク質には、大きく分けて動物性と植物性があります。

動物性タンパク質とは、魚や肉、卵など、動物を経由して摂取できるタンパク質のことです。

これに対し、植物性タンパク質とは、米や小麦、大豆など、植物から摂取できるタンパク質を指します。

動物性と植物性の違いは、カロリーの量と摂取できるアミノ酸の種類、体内への吸収率です。

動物性には脂質が含まれているため、植物性よりもカロリーが高めになってしまいます。

野菜よりも肉の方が太りやすいのは、カロリーの違いと言えるでしょう。

しかし、一方で動物性は植物性にはない種類のアミノ酸が含まれており、体内への吸収率も高いという特徴があります。

タンパク質が美容にもたらす効果は?

先ほどの概要でもお話しました通り、タンパク質は皮膚も形成します。

そのため、美容にも大きく関係してきます。

では、具体的にどう関係してくるのか?・・ですよね。

それは、ずばりターンオーバーの促進が大きく関係してきます。

タンパク質とターンオーバー

ターンオーバーとは、一定の周期で肌が生まれ変わることです。

肌に溜まった古い細胞が新しい細胞によって押し出され、肌は綺麗で健康な状態を保つことができます。

同時に、様々な肌荒れや老化の予防にも繋がるのです。

しかし、ターンオーバーを正常に行うにはいくつかの条件を満たす必要があり、その1つに栄養素の摂取が挙げられます。

綺麗な肌に生まれ変わらせるには、栄養素を届けて健康な細胞を育て上げる必要があります。

タンパク質の中には、コラーゲンを始めとする美容成分も存在します。

そのため、タンパク質をたくさん摂取することで、結果として美容効果を得られるのです。

見出し3:タンパク質を摂取するには?

タンパク質を構成するアミノ酸は、必須アミノ酸と非必須アミノ酸の2種類に分かれています。

必須アミノ酸は体内で合成できない9種類のアミノ酸、非必須アミノ酸は体内で合成できる11種類のアミノ酸を指します。

つまり、9種類の必須アミノ酸は、自力で摂取しなければなりません。

では、どうやって摂取すればいいのでしょうか?

タンパク質(アミノ酸)を摂取する方法は、食材からの摂取と化粧品からの摂取が挙げられます。

食材

タンパク質を含む食材は、主に以下のものが該当します。

※肉類※

・ゼラチン
・豚肉のロース
・豚ヒレ肉
・牛ヒレ肉
・鶏肉のささみ
・鶏むね肉

※魚類※

・するめ
・いくら
・いわしの丸干し
・かつお
・かつお節
・さば
・さんま

※乳製品※

・牛乳
・油揚げ
・ヨーグルト
・チーズ

※豆類※

・大豆
・きな粉
・納豆

※その他※

・ご飯
・たまご

こうして見ると、普段口にしている食材もいくつか該当するのではないでしょうか?

普段の食材に加え、上記で挙げた食べ物を取り入れ、タンパク質を摂取していきましょう。

化粧品

化粧品に含まれている成分にも、タンパク質や元となるアミノ酸を含んでいるものがあります。

タンパク質であればコラーゲン、アミノ酸であればアラニンやアルギニン、リジン、セリン、プロリン、グリシン、トレオニンなどが挙げられます。

タンパク質を摂取する際は、これらの成分に目を通して化粧品を選んでみるといいでしょう。

タンパク質の摂りすぎには注意!

体の健康にいいタンパク質ですが、摂りすぎには注意しましょう。

摂りすぎると、肝臓や腎臓に負担をかけてしまい、内臓披露が起きやすくなります。

特に動物性タンパク質は、カロリーが高いため、肥満になりやすいです。

タンパク質に限らず、何事もバランスよく摂取するのが大事です。

タンパク質を配合!「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」

本記事でお話したタンパク質ですが、弊社が提供する製品からも摂取することができます。

弊社の製品「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」は、コラーゲンを始め、アラニンやアルギニン、リジン、グリシンといったアミノ酸も多数配合されています。

また、これらの成分は他にも保湿効果や老化予防などといった効果もあります。

そのため、乾燥肌や加齢対策にも期待できるでしょう。

その他、タンパク質とか関係なしに、弊社の製品には肌荒れ対策に役立つ成分が含まれております。

詳しくは下記製品ページに記載されていますので、よろしければ一度ご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 美容成分セリンとは?効果から副作用、摂取方法まで網羅!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 保湿効果で注目?美容成分グリセリンがもたらす効能を解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 顔の赤みは敏感肌のサイン?原因や予防法、乾燥肌との違いを解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌荒れの救世主?グリチルリチン酸2Kを徹底解説!効果から副作用まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. かたつむりの粘液で有名?アラントインの4つの美容効果に迫る!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. シートマスクとは?その役割から効果、使用時の注意点まで解説│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 実は多い毛穴トラブルの種類!原因と対策法を知って毛穴レスへ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 美顔器とはどんなもの?種類の紹介からメリット、デメリットまで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. メイクを落とさずに寝る人は要注意!その理由とスキンケア方法まとめ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. インナードライとはどんな状態?乾燥肌や脂性肌との違い、対策方法まとめ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 人間の肌に潜むニキビダニとは?肌の健康と肌荒れを起こす謎に迫る│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP