美容情報

肝臓と肌の関係は?肝機能を上げて肌荒れ防止に努めよう!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

肝臓と肌の関係は?肝機能を上げて肌荒れ防止に努めよう!

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

肝臓という言葉を、一度は耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

肝臓は、肌と関係のある部分としても知られています。

そこで本記事では、肝臓と肌の関係、肌荒れが起きる原因や防止する方法をまとめました。

肝臓とは?肌との関係に迫る

肝臓は右の肺の下、お腹の右上で横隔膜の下、胃の隣にある臓器のことです。

1kg~1.5kgほどの重量があり、人間の臓器最大の大きさを誇ります。

そんな肝臓の役割は、体内に運ばれてきた成分を栄養素に変えたり、有害物質の毒素を分解したりすることです。

これらの働きによって肝機能は正常化され、肌に栄養を届けることができます。

このように、肝臓の働きと肌は大きく関係するものだと思っていただければ幸いです。

肝機能の低下で現れる肌荒れ症状

肝臓で栄養素に変わらなかったり、有害物質の毒素を分解できなかったりすると肝機能が低下します。

肝機能が低下すると、様々な肌荒れ症状が起きやすくなります。

本段落では4つの症状をまとめました。

ニキビ

有害物質の毒素を分解できないと、分解しきれなかった成分は肌から排出しようとします。

ただ、排出の際に毛穴の皮脂腺に詰まってしまうことがあり、皮脂腺に詰まるとニキビができやすくなります。

シミ

肝臓内ではグルタチオンといって、シミの元となるメラニンを抑制する成分を合成できます。

しかし、肝機能が低下するとグルタチオンが生成されづらくなり、その分メラニンが活発化します。

結果、シミができやすくなるのです。

くすみ

肝機能の低下で栄養素が生成されないと、血行が悪くなります。

血行が悪化すると透明感が失われ、よく言う顔がくすんでいるように見えてしまうのです。

たるみ

肝臓ではタンパク質を体内で使えるように、再合成する働きもあります。

しかし、肝機能が低下するとタンパク質を再合成する働きも弱くなります。

タンパク質の一種にはコラーゲンといって、肌のハリを整える成分も含まれています。

「タンパク質を再合成する働きが弱くなる=コラーゲンの生成が弱まる」を意味するため、たるみが生じやすくなるのです。

肌荒れに直結!?肝機能が低下する5つの要因と対処法に迫る

このように、肝機能の低下は様々な肌荒れを引き起こすことが分かりました。

では、具体的にどういった理由で肝機能は低下してしまうのでしょうか?

本段落では、その原因と対処法をまとめました。

睡眠不足で疲労が溜まっている

睡眠が不足していると疲労が溜まりやすくなります。

同時に疲労が取れないことで肝臓への負担は大きくなり、肝機能を低下させてしまいます。

改善方法

睡眠不足な方は、睡眠時間を確保するようにしましょう。

また、この時の注意点として、ただ長く寝れば良いということではありません。

よく「睡眠時間は長めに」と言いますが、大事なのは良質な睡眠をとることです。

例えば、睡眠前にスマホを覗いているとブルーライトによって、目の疲れが溜まりやすくなります。

疲れが蓄積されることで、長時間寝ても中々疲れが取れないことがあります。

良質な睡眠をとるためには、「就寝前のスマホいじりは止める」、「就寝にコーヒーやカフェインは控える」、「夕食は就寝の3時間前に済ませる」などを意識しましょう。

食事が偏っている

コンビニ弁当やインスタントラーメンなどの添加物が含まれた食べ物、ポテチやフライドチキンなどの揚げ物、ケーキなどの糖類がたくさん含まれた食べ物は、肝臓に負担がかかりやすいです。

少量ならまだしも多量の摂取は、肝臓内で解毒し切れなくなり、肌荒れに繋がります。

改善方法

肝機能を安定させるには、肉・魚・野菜とバランスの取れた食事を摂ることが大事です。

肉ばかりはもちろんですが、野菜や魚だけに偏るのもよくありません。

その他、油ものや糖類、添加物の摂りすぎも要注意です。

ただ、これらの食材も中には好物という人がいるでしょう。

我慢のしすぎは逆にストレスとなって肝臓に負担を与えます。

上述した通り、大事なのはバランスを意識することです。

例えば、お菓子を毎日のように食べている人は1週間に2回にするなど、まずは少しずつ減らしていきましょう。

飲酒や喫煙頻度が多い

肝臓はアルコールを分解することでも有名ですが、当然多量の摂取になると分解しきれません。

二日酔いが起きるように、アルコールの多量摂取は肝臓に大きな負担を与えます。

また、飲酒も同様です。

タバコの成分が体に有害なことは有名ですが、肝臓にも負担は行き渡ります。

喫煙の頻度が多いほど、肝機能の低下に繋がりやすいので注意しましょう。

改善方法

飲酒や喫煙頻度の多い人は、なるべく控えるようにしましょう。

ただ、一度に禁止しようとすると逆にストレスとなってしまいます。

ポイントは一気に控えるのではなく、少しずつ減らしていくことです。

例えば、タバコを1日1箱吸っているようでしたら、半分に減らしていくという感じですね。

少しずつ減らすやり方であれば、モチベーションを崩さずに続けられやすくなります。

肥満体型の人は要注意?脂肪が溜まっている

肥満体型は、肝臓に中性脂肪が溜まって脂肪肝になりやすくなります。

脂肪肝の放置は、肝機能の低下にも繋がります。

改善方法

日頃から運動を行って肥満体型にならないよう努める必要があります。

ただし、極度な疲労は逆に肝機能を低下させかねません。

ウォーキングやサイクリング、水泳など軽い運動でも大丈夫です。

例えば、ウォーキングなら1日20分~30分やるだけでも違ってきます。

毎日~毎週と継続して続けていきましょう。

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まりすぎると、自律神経が乱れて肝臓の機能に支障をきたします。

改善方法

ストレスは生きていく以上、どうしても溜まってしまいます。

そのため、ストレスを溜めないというよりは、なるべく発散することが大事です。

イライラしているときこそ、自分の趣味や好きなことに没頭して精神をリラックスさせてあげましょう。

体の中だけではなく外もきちんとケアしよう!

肝機能を上げて体の内側をケアすることはもちろん、スキンケアで外面のケアを行うことも大切です。

弊社が提供する製品は、あなたのスキンケアをサポートします。

弊社の製品「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」は、高濃度の高級美容成分が35種類配合したオールインワンタイプの化粧品です。

製品1本だけで、「化粧水・美容液・乳液・クリーム・マスク・化粧下地」と6つの役割を果たします。

そのため、1回にかかるスキンケアの時間を大幅に節約できます。

バタバタしがちな朝でも余裕を持ってスキンケアに取りかかれるでしょう。

また、乾燥対策に有効な高保湿成分やアンチエイジングで注目を浴びている抗酸化作用など、配合成分も豊富です。

詳細は下記ページにまとめてありますので、興味のある方は一度ご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 高い化粧品と安い化粧品の違いは?あなたに合った選び方も解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 肌荒れはどうして起きる?発生のメカニズムから原因まで徹底解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. グルタミン酸がもたらす美容効果とは?ヒントは保湿力にあり!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. ピーリングとは?メリットとデメリットを理解して正しく行おう!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 洗顔料の種類5選!メリット・デメリット、あなたに合うものは?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 目の下のクマが酷い・治らない人必見!種類別の原因と対処法まとめ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 酵素洗顔とは?肌にもたらすメリットから正しいやり方、使用頻度まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 実は知らない人が多い?スキンケアの正しい順番とやり方をマスター!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 美肌を導く生活習慣とは?8つの項目をマスターしよう!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌の水分量が大事な理由と保持するための方法は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 抗酸化作用の効果で若さをキープ!含む成分と摂取できる食材は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
PAGE TOP