美容情報

高い化粧品と安い化粧品の違いは?あなたに合った選び方も解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

高い化粧品と安い化粧品の違いは?あなたに合った選び方も解説します!

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

化粧品の値段を見ると、500円~1,000円と安いものもあれば、5,000円~1万円と高いものまで様々です。

こうした時、以下のような疑問が思い浮かぶのではないでしょうか。

・同じ化粧品なのに、どうして値段に差があるのか?
・高い化粧品と安い化粧品の違いは何か?
・安い化粧品は買わないほうがいいのかな・・・

今回は、これらの疑問を解決できるように「高い化粧品と安い化粧品の違い」と「あなたに合った化粧品の選び方」をまとめました。

高い化粧品と安い化粧品の違いは?6つのポイントを解説!

高い化粧品と安い化粧品の違いは、以下の6点。

・制作にかけるコスト
・成分の種類の数
・成分の量
・希少性の高い成分が含まれている
・原価の高い成分が含まれている
・容器にコストをかけている

1つずつ詳しく解説していきます。

制作にかけるコスト

化粧品はただ混ぜ合わせて作るのではなく、長い研究と多くの実験をこなして完成します。

価格が高価なものは、それだけ技術や研究に対して投資している額も大きいです。

ですから、その分値段も高くなってしまいます。

成分の種類の数

化粧品は、商品ごとに成分の数が異なってきます。

高い化粧品は多くの種類が含まれていますが、安い化粧品は成分の種類が少なめです。

種類が多い分、当然コストは掛かるので、そこで値段の差が開いているのかも知れません。

成分の量

高い化粧品は、成分1つ1つを濃く含んでおります。

これに対し、安い化粧品はコストのかからない成分と合わせて、上手く水増しを行っています。

もっと分かりやすく言うと、ジュースが良い例です。

ジュースでもスーパーなどに売られている物は、果物以外の安い成分で水増しを行っているため、低コストで大量生産できます。

ところが、高いものはなるべく安い成分には頼らずに、果汁だけで作ろうとします。

そのため、果物にコストが掛かって料金も高くなってしまうのです。

化粧品も、これと同じだと思って頂ければ正解です。

希少性の高い成分が含まれている

希少性の高い成分は、その名の通り中々手に入らないものなので、原材料も高めに設定されています。

そうなると、化粧品の値段も高くせざるを得ません。

原材料の高い成分が含まれている

原材料の値段が高いと制作コストが掛かるため、化粧品の値段も高くなります。

先ほど解説した「珍しい成分が含まれている」と似たような理由ですね。

成分の種類が少ない割には値段の高い化粧品があるようでしたら、もしかしたら原材料が関係しているのかも知れません。

容器の生産にコストをかけている

これは意外と盲点でもあるのですが、中には容器の制作でお金をかけている業者も存在します。

化粧品そのものは低コストで作られていても、容器の生産コストを理由に料金を高くしています。

【要注意】高いから良い訳ではない!あなたに合った化粧品の選び方

ここまでの説明を見て分かるのは、高い化粧品はそれに見合った価値が含まれているという事です。

しかし、値段だけで判断するのは、良くありません。

容器の件もですが、高級化粧品の中にも罠は存在します。

これは、私が化粧品業者の方から聞いた話なのですが・・・

クリームの原価が80円にも関わらず、50,000円で販売されている化粧品も存在するそうです。

もちろん、全部の業者が該当する訳ではありませんが、こういった業者があるのも事実です。

では、「どのように化粧品を選ぶのか」ですよね。

化粧品を選ぶときは自分の肌に合ったものを選ぶ

化粧品を選ぶときに一番重視してほしいのは、自分に肌に合うかという事です。

いくら良い成分が含まれていても、あなたの肌に合うものでなければ効果は出ません。

例えば、「乾燥肌の方なら保湿力が高いもの」、「シミならビタミンCなどの美白有効成分が含まれたもの」、といった感じに選ぶ必要があります。

用途に合わせて探す事で、値段とか関係無しに良い商品と出会える確率が上がるでしょう。

まとめ!安い物でも効果はあります!

高い価格の化粧品を見ると、「そっちのほうが効果ありそう」と期待してしまうでしょう。

しかし、必ずしもそうとは限らず、安い物でも効果が発揮される事はあります。

値段も1つの選定ポイントですが、それだけで判断するのではなく、自分自身の肌の用途に合った化粧品を探しましょう。

本物の高品質を誇る化粧品!「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」

自分に合った化粧品が見つからない、あるいは分からないという方は、弊社の商品を検討してみてください。

弊社の提供する「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」は、高純度の高級成分35種類がぜいたくに含まれております。

注目して欲しいのは、「高純度の高級成分」です。

他社製品は、35種類の内1種類のみを中心にして製品化しているケースがほとんど。

しかし、弊社の商品は35種類にしっかりとフォーカスして開発いたしました。

ですので、それだけ多くの役割と美容効果をもたらす事を約束いたします!

※Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリームをもっと詳しく見てみたい方は、下記ページをご参照ください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 皮膚の回復をサポート!ターンオーバーの驚くべき効果と早くする方法とは?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 顔の湿疹はなぜ起こる?原因から予防・対処法まで解説します│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 化粧水の効果が倍増!?肌への浸透力を高める7つの方法!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 人間の肌にも存在!ワックスエステルの効果に注目!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 肌荒れはどうして起きる?発生のメカニズムから原因まで徹底解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 本当に肌に良い化粧水の選び方とは?業界歴10年目がレクチャーします!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 実は多い毛穴トラブルの種類!原因と対策法を知って毛穴レスへ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 美顔器とはどんなもの?種類の紹介からメリット、デメリットまで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. メイクを落とさずに寝る人は要注意!その理由とスキンケア方法まとめ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. インナードライとはどんな状態?乾燥肌や脂性肌との違い、対策方法まとめ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 人間の肌に潜むニキビダニとは?肌の健康と肌荒れを起こす謎に迫る│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP