美容情報

導入液(ブースター)とは?役割や種類、正しい使い方を解説!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

導入液(ブースター)とは?役割や種類、正しい使い方を解説!

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

スキンケアアイテムの1つに導入液(ブースター)が挙げられます。

スキンケアアイテムには他にも化粧水や美容液などがありますが、導入液はどういった役割をもたらすのでしょうか?

そこで本記事では、導入液について詳しくまとめました。

概要から種類、正しい使い方、どんな人に向いているかをじっくり解説いたします。

導入液とは?その役割に迫る

導入液とは、化粧水の前に使用するスキンケアにおける下準備用のアイテムです。

肌と化粧水に含まれている馴染みにくい成分を仲介してくれます。

これにより、その後に使用する化粧水が肌に馴染みやすくなり、浸透力が高まります。

あなたに合うのは?導入液の種類から分かる正しい選び方

導入液といっても一括りにされるわけではなく、色々な種類が存在します。

あなたの肌質によって合うアイテムが変わりますので、どんなものがあるかを把握していきましょう。

炭酸泡タイプ

炭酸泡タイプは、炭酸の細かい泡が毛穴の奥に入り込むことで血行を促進させる効果があります。

炭酸のパチパチとした感触は、どことなく爽快に感じます。

角質の詰まりで肌がくすんでいる人は、こちらのタイプを使ってみてはいかがでしょうか?

オイルタイプ

オイルタイプは、接着剤のような役割でしっかりと肌に浸透させます。

また、保湿力が高く、潤いも持続しやすいです。

乾燥肌にお悩みの方は、オイルタイプが向いているでしょう。

ジェルタイプ

ジェルタイプは、さっぱりとした感じが特徴です。

肌がテカテカの人は、ジェルタイプと相性が合うでしょう。

ピーリングタイプ

ピーリングタイプは角質除去に優れていて、炭酸泡タイプ以上に除去力は高めです。

ただ、その分肌に刺激が加わりやすいため、敏感肌の人にはおすすめしません。

また、毎日ではなく1週間に1度ぐらいの頻度で使用するのがベストです。

導入液の正しい使い方

導入液の効果を発揮するには、正しく使用してこそ意味があります。

本段落では、導入液の使用方法をステップ形式で解説いたします。

①洗顔・クレンジングで汚れをしっかりと落とす

最初に洗顔でしっかりと汚れを落としましょう。

汚れを落とさないと、その汚れは顔に残ったままとなり、雑菌が繁殖する原因となります。

そのため、水洗いで汚れを落とさなければなりません。

また、メイクや日焼け止めを使用されている方は、できればクレンジング剤を使用することをおすすめします。

これらは通常の水洗いだと、中々落とし切れないからです。

②水を軽く拭き取る

洗顔後の水を拭き取るときですが、軽く拭き取るようにしましょう。

イメージとしては、ふわふわのタオルで軽くポンポンと拭き取る感じですね。

適度に水分を残しておくことで、導入液が肌に馴染みやすくなります。

③導入液を手のひら全体によく伸ばす

導入液を手に取りましたら、手のひら全体に伸ばしましょう。

手のひら全体に伸ばしておくことで、後述するハンドプレスの際に導入液を行き渡らせやすくなります。

コットンタイプの場合、この作業は不要です。

④ハンドプレスで優しく肌を押さえて導入液を馴染ませる

下準備ができましたら、ハンドプレスを優しく行って導入液を肌に馴染ませていきます。

摩擦が生じないように、手は擦らないようにしましょう。

スタンプを押すように、顔全体へ塗布してあげてください。

導入液の使い方は以上となります。

この後、乾燥防止のため、化粧水や美容液も速やかに塗布していきましょう。

導入液は必須ではない!向いている人と向いていない人

導入液は化粧水や美容液などの補助的なアイテムでもあるため、必須というほどでもありません。

ご自身の肌の状況に合わせて、使用の有無を判断するといいでしょう。

具体的にどういう人が向いているのかを解説いたします。

導入液の使用が向いている人

「肌がカサカサしている」、「角質の蓄積で肌がくすんでいる」などに該当する方は、導入液を使用してもいいでしょう。

導入液の使用によって化粧水の浸透力が高まれば、効果に期待できるかもしれません。

ただ、化粧水を使っても肌荒れが続く人は、シンプルにそのアイテムが合っていない可能性もあります。

中々改善が見られない場合は、定期的にアイテムを変えて様子を見ることも大事です。

導入液の使用が向いていない人

ニキビや炎症など、肌荒れの症状が酷い場合は導入液を使うことで余計に刺激を与えてしまうので、使用は控えたほうがいいでしょう。

また、肌荒れの酷さとは反対に、導入液無しでも肌の健康を保てている人も無理に使用する必要はありません。

ブースト後はKohana(コハナ) オールインワンジェルクリームで楽々スキンケア!

導入液は、化粧水の浸透力を高めるために必須のアイテムとも言えます。

化粧水が肌に馴染みにくいと感じた場合は、導入液を使用してみてください。

ただ、肌の状態次第では必須でもないので、ご自身の肌質と照らし合わせながら使用するかを決めていきましょう。

余談ですが、スキンケアは導入液を含めて色々塗布する必要があるため、毎回時間を要します。

貴重な時間を1分1秒でも節約したい・・そんなあなたには弊社製品が役に立つかもしれません。

弊社の製品「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」は、オールイワンタイプとなっております。

こちら1本で「化粧水・美容液・乳液・クリーム・マスク・化粧下地」の役割を果たしてくれます。

そのため、スキンケアの時間を大幅に短縮できます。

また、弊社製品は高い保湿力や老化予防、再生力など、様々な効果が備わっています。

詳しくは下記ページにまとめていますので、一度ご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 基礎化粧品とは?6つの種類と使うときの注意点を教えます!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 弱酸性の肌は健康の証?美肌キープに繋がる理由と保つためのポイントを解説!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 実は知らない人が多い?スキンケアの正しい順番とやり方をマスター!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. エモリエント効果とは?洗顔で引き出す方法や含む成分は?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 10代でもできる!?ほうれい線の原因とは?対処方法も解説します!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 肌に効能!オタネニンジン根エキスがもたらす4つの効果を解説!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 酵素洗顔とは?肌にもたらすメリットから正しいやり方、使用頻度まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 実は知らない人が多い?スキンケアの正しい順番とやり方をマスター!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 美肌を導く生活習慣とは?8つの項目をマスターしよう!|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌の水分量が大事な理由と保持するための方法は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 抗酸化作用の効果で若さをキープ!含む成分と摂取できる食材は?|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
PAGE TOP