美容情報

グルタミン酸がもたらす美容効果とは?ヒントは保湿力にあり!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

グルタミン酸がもたらす美容効果とは?ヒントは保湿力にあり!

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

グルタミン酸という成分を耳にしたことはありますか?

グルタミン酸ですが、実はスキンケアに不可欠な美容効果があることで知られています。

そこで本記事では、グルタミン酸について詳しくまとめました。

また、グルタミン酸と大きく関連のあるPCA-Naについても紹介いたします。

グルタミン酸とは?

グルタミン酸は、体内で合成できる非必須アミノ酸の1種です。

アンモニアの解毒による利尿効果や、人間の体を構成するのに不可欠なタンパク質を構成する働きがあります。

また、脳の興奮を抑えるGABAというアミノ酸の一種を生成する役割もあり、神経をリラックスさせられます。

そんなグルタミン酸ですが、実は最初に発見されたうま味物質です。

CMでよく見かける味の素を始め、ハイミーやいの一番、フレーブなど、様々な調味料に含まれています。

また、グルタミン酸を調味料として使いやすくするために、改良したものをグルタミン酸ナトリウムと言います。

グルタミン酸ナトリウムは、さとうきびやでんぷんを微生物で発酵させて作られます。

そのため、調味料の成分表にはナトリウムと記載されていることが多いです。

スキンケアに必須!グルタミン酸の美容効果

グルタミン酸が美容にもたらす効果は、保湿力の高さにあります。

保湿とは、肌に油分と潤いをもたらして肌のバリア機能を強化することです。

イメージとしては、乾いた土を濡らしてあげるような感じですね。

また、保湿には皮膚内の水分を閉じ込める役割も備わっています。

水分の蒸発を防ぎやすくすることで、肌の乾燥やそれによって引き起こされる肌荒れの予防に繋がります。

さらに、この保湿力は肌だけではなく、毛髪保護効果もあります。

そのため、シャンプーやリンスなどの頭皮ケアアイテムに含まれていることも多いです。

保湿以外にも?グルタミン酸の効果

概要でも解説しましたが、グルタミン酸は他にもアンモニアの解毒や脳の興奮を抑えるGABAを生成する効果があります。

ここで注目したいのは、「脳の興奮を抑えるGABAの生成」です。

というのも、脳が興奮している状態というのは、自律神経が乱れやすい状態であることを意味します。

自律神経が乱れると血行不良が起きやすくなり、ターンオーバーの乱れにも繋がります。

しかし、GABAの生成によって脳をリラックスさせ、自律神経を安定させることでターンオーバーの乱れを防止できます。

ターンオーバーが正常化すれば、バリア機能が低下した古い角質細胞がスムーズに排出されるので、結果として肌荒れ防止に繋がるのです。

グルタミン酸の安全性は?

グルタミン酸を使用する上で気になるのが、安全性ではないでしょうか?

結論として、グルタミン酸は安全性において大丈夫な成分と言えます。

グルタミン酸は普通の食材に含まれており、味の素などの調味料にも含まれているぐらいです。

何より非必須アミノ酸として人間の体内で合成されるのが、安全性を示している証拠ではないでしょうか?

ただし、どんな成分にも絶対という言葉はなく、赤みやかゆみなど、稀に軽い刺激を感じることはあります。

肌が敏感な方やアトピー性皮膚炎の方などは、事前にパッチテストを行っておくと安全です。

過剰摂取にも要注意!

もう1つ気を付けていただきたいのは、過剰摂取です。

グルタミン酸を過剰に摂取すると、体に負担が行き渡る可能性があります。

経口摂取で1日40gまでは大丈夫と言われていますが、目安としては1回の食事で5gに留めておくのが理想です。

成分の過剰摂取による体調不良は、グルタミン酸に限った事ではないので、くれぐれも摂りすぎないようにしましょう。

グルタミン酸を含む食材

グルタミン酸は調味料に限らず、通常の食材にも含まれています。

以下、グルタミン酸を含む食材の一例です。

※昆布、海苔、チーズ、醤油、味噌、トマト、玉ねぎ、白菜、ブロッコリーなど

このように、普段から見かける食べ物が多いので、今後意識して摂り入れてみてはいかがでしょうか?

グルタミン酸が進化?PCA-Na(ピロリドンカルボン酸ナトリウム)

PCA-Naとは、グルタミン酸が酵素により代謝されてできる成分のことです。

保湿の3大因子の1つに当たるNMF(天然保湿因子)として、グルタミン酸以上に高い保湿力を誇ります。

水に溶けやすいことから、様々な化粧品に配合されています。

また、食材であれば、糖蜜や大豆などに含まれています。

グルタミン酸よりも高い保湿力を求める方は、PCA-Naを使用されてはいかがでしょうか?

PCA-Naの安全性は?

PCA-Naはグルタミン酸の代謝から作られることもあり、安全性においては心配ありません。

実際、安全性を満たした成分のみが載る「医薬部外品原料規格2021」にも収載されているほどです。

ただ、グルタミン酸と同様に絶対はないので、心配な方はパッチテストをされることをおすすめします。

グルタミン酸もPCA-Naも配合!Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム

今回お話したグルタミン酸とPCA-Naは、弊社の製品「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」には両方とも含まれています。

保湿力の高さを誇る2つの成分ですが、それ以外にも保湿成分はあります。

一例を挙げると、セリンやビルベリー葉エキス、尿素、グリセリン、リジン、ベタイン、ソルビトール、ホホバオイルなどです。

これらの成分が交わることで、相乗効果に期待できます。

また、弊社製品は、その名の通りオールインワンタイプの化粧品です。

そのため、製品1本で「化粧水・美容液・乳液・クリーム・マスク・化粧下地」の役割を担うので、スキンケアの時間を大幅に短縮できます。

朝の忙しい時間でも、簡単にスキンケアできるのが強みと言えるでしょう。

その他、弊社製品をもっと知りたいという方は、下記ページに詳しくまとめていますので、よろしければ一度ご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 女性の憧れ!肌をしっとりさせる方法とは?注意点まで密着!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. シワの特効薬!シンコル(パルミトイルトリペプチド-5)の効果とは?│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 美肌キープの鍵になる肌免疫とは?免疫力を高める方法と下がる要因│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 肌のバリア機能とは?概要から低下する原因、対策法まとめ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 柔らかい肌を取り戻したい!肌がゴワゴワする原因と対処法│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 角質肥厚とは?肌にもたらす5つのトラブル!原因と気になる対策法│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 実は多い毛穴トラブルの種類!原因と対策法を知って毛穴レスへ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 美顔器とはどんなもの?種類の紹介からメリット、デメリットまで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. メイクを落とさずに寝る人は要注意!その理由とスキンケア方法まとめ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. インナードライとはどんな状態?乾燥肌や脂性肌との違い、対策方法まとめ!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 人間の肌に潜むニキビダニとは?肌の健康と肌荒れを起こす謎に迫る│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP