美容情報

実は知らない人が多い?スキンケアの正しい順番とやり方をマスター!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

実は知らない人が多い?スキンケアの正しい順番とやり方をマスター!

 
こんにちは。化粧品ブランド Kohana(コハナ)の代表責任者である森屋です。

普段当たり前のように行う洗顔ですが、あなたは正しい順番で行っていますか?

洗顔をすることは大事ですが、順番を守らないとアイテムが浸透しません。

これだとせっかく時間をかけて行ったスキンケアが台無しですよね。

そこで本記事では、スキンケアの正しい順番と使い方をまとめました。

①ぬるま湯で洗顔

アイテムの前に、まずはぬるま湯で洗顔を行いましょう。

「冷たい水や熱い湯ではダメなの?」と思う人もいるかもしれませんが、おすすめしません。

なぜなら、顔の肌はデリケートで冷たい水も熱い湯も負担となるからです。

そのため、30℃~35℃辺りのぬるま湯で行うのがベスト!

洗顔の時間ですが、朝は30秒前後、夜は30秒~60秒を目安に行いましょう。

また、洗顔料を使って洗顔を行う場合、なるべく手が肌に触れないようにします。

例えば、泡立つタイプであれば、泡でコロコロ転がすように洗いましょう。

そうすることで、肌への摩擦を防ぐことができます。

ジェルタイプのように泡立たたないものは、なるべく肌を擦らないように、優しく塗布しましょう。

②クレンジング剤 ※夜限定※

クレンジング剤とは、メイク汚れを落とすときに使うアイテムのことです。

メイクは通常、人の顔を綺麗に見せるために用いられますが、時間が経つことで雑菌が繁殖していきます。

メイク汚れは普通の洗顔だと落とし切れない事が多く、これを落とすために活躍するのがクレンジング剤というわけです。

また、メイクと聞くと女性の化粧を思い浮かべがちですが、日焼け止めも該当します。

男性でも普段から日焼け止めを塗られている方は、クレンジング剤で落とす必要があります。

やり方は、最初の洗顔完了後にクレンジング剤を塗布し、30秒~60秒を目安に洗顔を行いましょう。

洗顔料と同様に泡立つタイプであれば、しっかりと泡立て、泡で転がすように洗顔してください。

ちなみに、クレンジング剤はメイク汚れを落とすために用いるためのアイテムなので、使うのは基本的に夜となります。

③導入液

導入液は、スキンケアの下準備用アイテムです。

化粧水の中には肌に馴染みにくい成分もありますが、導入液を使用することで、浸透力が高まります。

導入液を手のひら全体に伸ばし、ハンドプレスでそっと馴染ませてあげましょう。

また、導入液は必ずしも必要な手入れではありません。

逆に肌荒れが酷い人は導入液が刺激となって、肌にダメージを与える恐れがあります。

導入液は、「肌が少しカサカサしている」、「肌がくすんでいる」といった人におすすめです。

④化粧水

化粧水は肌を保湿し、肌を整えるためのアイテムです。

手のひらで少し温め、ハンドプレスで馴染ませることで浸透力が上がります。

より効果を高めたい場合は、コットンを用いるのもアリです。

⑤シートマスク ※任意

美容成分をたっぷり浸透させたいときは、シートマスクを活用してみてください。

シートマスクは顔全体を密封させることで、外気によって水分が奪われるリスクが下がります。

これにより、美容成分がしっかりと肌に行き渡るのです。

即効性にも期待できるため、例えば翌日に大事な用事を控えているときに大活躍します。

ただ、美容成分をたっぷりと吸収する分、肌にも負担がかかります。

毎日ではなく、2週間~3週間に一度の頻度で使用するといいでしょう。

マスクの着用時間は、15分~30分が目安です。

時間が経つとシートマスクの美容成分が蒸発し、今度は逆に肌の水分を吸い取ろうとします。

そのため、長時間の着用は避けましょう。

⑥美容液

美容液は、目的に合わせたケアを行うためのアイテムです。

例えば、乾燥肌にお悩みなら保湿成分が中心に配合されたもの、シミにお悩みなら美白成分が中心に配合されたものを使用します。

つまり、化粧水だけでは足りなかった部分を補うという風にイメージ頂ければ正解です。

⑦乳液orクリーム

化粧水や美容液で十分に成分を浸透させたら、肌の外へ逃げないように保湿で蓋をする必要があります。

その役割を果たしてくれるのが乳液もしくはクリームです。

保湿成分は先述した化粧水や美容液にも含まれていますが、乳液とクリームは保湿に特化されています。

乳液とクリームは基本的に同じ役割ですが、乳液は水分が多め含まれていて、クリームは油分が多く含まれています。

例えば、肌がテカっている方は油分が控えめな乳液、逆に肌が乾燥している方は油分が高めのクリームと相性がいいでしょう。

ご自身の肌質に合ったタイプを選んであげてください。

⑧UVケア ※朝限定

朝や昼に外出される際はもちろん、室内であっても紫外線が当たる場所に長時間いる場合は
UVケアを行いましょう。

ただ、UVケアにも色々種類があります。

中でも注目したいのは、SPFの数値とPAの+です。

SPFは肌の表面を予防するアイテムで、1~50の数字で分けられています。50以上の数値で「50+」と書かれているものもあります。

もう1つのPAは、肌の内部に対するダメージを予防するアイテムで、+~++++で分けられています。

SPFなら数値、PAなら+が多いほど予防効果は強力ですが、その分肌への負担は大きくなります。

そのため、外出時間や用途に合わせて使用するタイプを選びましょう。

例えば、外にいる時間が数時間を超える場合は数値(+)が高いものが向いています。

しかし、散歩や近場の買い物と外出時間が短く済む場合は、数値(+)が低いものでも十分です。

スキンケアが大幅に短縮?Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム

スキンケアの手順を解説しましたが、こうして見ると手順が多くて大変ですよね。

朝はバタバタしますし、夜はくつろぐ時間が無くなってしまいます。

「スキンケアを楽に済ませたい」と、お考えの方も多いのではないでしょうか?

その願い、弊社製品が叶えます!

なぜなら、弊社の製品「Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム」は、オールインワンタイプの化粧品だからです。

製品1本で、「化粧水・美容液・乳液・クリーム・マスク・化粧下地」の役割を果たしてくれます。

スキンケアの時間を大幅に短縮できること間違いなしです。

また、化粧下地も含まれているので、その後に行うメイクも楽になります。

これに加え、弊社製品は高濃度の高級美容成分35種類が配合されております。

詳しくは下記製品ページにまとめていますので、よろしければ一度ご覧になってみてください。

製品案内ページ

関連記事

  1. 肌がくすむ5つの原因に迫る!正しい対策を取って予防していこう│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 保湿が強力?ベタインとはどんな成分?乾燥肌に有効な5つの理由!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. シミや黒ずみ、老化の原因に?日焼けの対策・予防法を解説します│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. スクラブ洗顔とは?知っておきたいメリット・デメリット、注意点まとめ|Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  5. 肌黒から卒業!肌を白くする方法5選!簡単にできる方法あります│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  6. 美容成分アスコルビルグルコシドとは?効果から副作用、摂取方法まで│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

最近の記事

  1. 飲酒は肌荒れの元?アルコール摂取でもたらす肌荒れの例と対策法!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  2. 洗顔後に感じる肌のベタベタは?対処法と簡単に使える便利アイテムの紹介!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  3. 角質肥厚とは?肌にもたらす5つのトラブル!原因と気になる対策法│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品
  4. 男性と女性の肌の違いは?男女別に起きやすい肌荒れの原因にも触れます!│Kohana オールインワンジェルクリーム
  5. 美容効果が見込める!化粧品に含まれる動物由来成分11選!│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

カテゴリー

製品案内

製品案内│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オンラインショップ

オンラインショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

オフィシャルショップ

オフィシャルショップ│Kohana(コハナ) オールインワンジェルクリーム│スキンケア化粧品

美容情報サイト Beauty Web

美容情報サイト Beauty Web
PAGE TOP